メインメニューを開く

冷泉 為守(れいぜい ためもり)は、鎌倉時代後期の公家歌人官位正五位下侍従

 
冷泉為守
時代 鎌倉時代後期
生誕 文永2年(1265年
死没 嘉暦3年11月8日1328年12月9日
改名 為守→暁月房
官位 正五位下侍従
主君 後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇
氏族 冷泉家
父母 父:藤原為家、母:阿仏尼
兄弟 二条為氏京極為教藤原為顕為相為守、源承、慶融、隆俊、最瑜、良瑜、為子
テンプレートを表示

経歴編集

権大納言藤原為家の子として誕生。母は阿仏尼

正五位下・侍従に昇るが、40歳頃に出家して鎌倉など東国に住んだ。法名は暁月房(ぎょうげつぼう)。

連歌に優れ、北条貞時夢窓疎石などとも親交があった。伝説によれば狂歌を初めて詠んだ人物とされ、「狂歌の祖」ともされている。