メインメニューを開く
 
冷泉為村
Reizei Tamemura.jpg
冷泉為村像
時代 江戸時代中期
生誕 正徳2年1月28日1712年3月5日
死没 安永3年7月29日1774年9月4日
戒名 止静心院殿寂源澄覚
官位 正二位権大納言
主君 中御門天皇桜町天皇桃園天皇後桜町天皇
氏族 上冷泉家
父母 父:冷泉為久
正室:藤谷為信の娘
為泰三室戸光村入江為良舟橋則賢室、山科敬言室、堤敬長室、高倉永範室、町尻量原室、北島家孝室ら
テンプレートを表示

冷泉 為村(れいぜい ためむら)は、江戸時代中期の公卿歌人権大納言冷泉為久の子。官位正二位・権大納言。上冷泉家15代当主。上冷泉家中興の祖とされている。

経歴編集

享保5年(1720年)9歳で元服。その後は累進して、元文3年(1738年)1月従三位に叙されて公卿に列し、延享元年(1744年)8月参議寛延3年(1750年)1月権中納言に任じられた。宝暦2年(1752年)2月従二位、宝暦7年11月25日(1758年1月4日)民部卿に任じられた。宝暦8年(1758年)12月正二位に叙され、 宝暦9年(1759年)10月権大納言に至るが、宝暦10年(1760年)2月これを辞し、明和7年(1770年)2月出家した。

歌人として編集

享保6年(1721年霊元上皇から古今伝授を受けた。霊元天皇の勅点の添削を受けた折紙詠草(和歌懐紙)が存在する。烏丸光栄三条西公福中院通躬にも師事し、石野広通小沢蘆庵屋代弘賢等多数の門人を擁した。歌集に『冷泉為村卿家集』『冷泉余瀝』、歌論書に『樵夫問答(しょうふもんどう)』、聞書宮部義正の『義正聞書』がある。