冷飯とおさんとちゃん

冷飯とおさんとちゃん』(ひやめしとおさんとちゃん)は、1965年日本映画中村錦之助 (萬屋錦之介)主演・田坂具隆監督[1][2]東映京都撮影所製作、東映配給。

冷飯とおさんとちゃん
監督 田坂具隆
脚本 鈴木尚之
出演者 中村錦之助 (萬屋錦之介)
木暮実千代
千秋実
三田佳子
新珠三千代
森光子
音楽 佐藤勝
撮影 飯村雅彦
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1965年4月10日
上映時間 178分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

山本周五郎の三つの短編『ひやめし物語』『おさん』『ちゃん』を合わせたオムニバス映画[3][4][5]鈴木尚之脚本。中村錦之助 (萬屋錦之介)江戸庶民の三役を演じ、各挿話が語られるチャンバラのない時代劇[3][4][5]。錦之助が豪華な女優陣を相手に、第1話 『冷飯』では恋愛を、第2話 『おさん』では結婚を、第3話 『ちゃん』では家庭と男の人生の三段階が語られる[1][4]。男にとって、女へのが全編の主題[4]。  

スタッフ編集

キャスト編集

第1話 「冷飯」編集

第2話 「おさん」編集

第3話 「ちゃん」編集

製作編集

企画編集

企画は岡田茂東映京都撮影所(以下、東映京都)所長と中村錦之助の実兄・小川貴也(小川三喜雄)、三村敬三の三人[6]。山本周五郎の短編を原作にしてオムニバス映画を作ろうと企画がスタートした[6]。製作開始は1964年の春[6]。時期としては岡田茂が東映京都所長に復帰して間もない頃で[7]大川博東映社長から東映京都の再建を託された岡田は[8][9][10][11]、東映京都の実権を握り[12][13]、京都に復帰するや否や「映画での時代劇製作を打ち切る」を宣言した[13][14][15]。時代劇はテレビ(ドラマ)へ徐々に移し[10][16][17][18]、時流に合わなくなった監督や俳優を情け容赦なく切り捨て[19][20][21][22][23]、東映京都は任侠映画を中心とした製作に決めた[19][24][10][25]。岡田は高額のギャラを取る大御所スターに頼らない集団劇を東映京都の製作方針として挙げたが[7]、しかし時代劇で実績を残す錦之助は特別扱い[7][26]。岡田は錦之助を押して東映京都の時代劇再建が出来るのではと当初は考えていた[7]。錦之助も東映京都の新しい出発の牽引車になろうと大きな責任を感じていた[7]

山本周五郎の全短編を読み候補をピックアップ。『おさん』と『ちゃん』が候補に挙がったところで、監督の田坂具隆が「『ひやめし物語』をやりたい」と強引に押し『ひやめし物語』『おさん』『ちゃん』の三本のオムニバスに決まり、鈴木尚之に脚本が発注された[6]

キャスティング編集

中村錦之助は1954年に美空ひばり主演の松竹『ひよどり草紙』でデビューし、東映移籍後『笛吹童子』で子どもたちの人気を集めたが[27][28][29]、11年経ってこんな演技者になると予想したものは少なかった[30]。錦之助は「やっぱり田坂先生の力です。年に一本は先生の作品に出ていないと、また"型"の芝居に戻ってしまうような不安を感じます」などと話し[5][30]、支度部屋の壁には「有思在形―具隆」と書かれた額を掛けて田坂具隆を心服していた[30][31][32]。東映の看板スター錦之助のギャラは一本500万円といわれたが[33]、本作は大作一本立てのためギャラは1,000万円といわれた[33]。ゼニカネにシビアと言われた進藤英太郎の薫陶を受けた錦之助[34]、錦之助の弟分・高倉健[35][36]、ギャラにとかくうるさいスターで、長年東映幹部を苦しめていた[34][37]

第2話「おさん」のおふさ役は当初、佐久間良子にキャスティングされていたが、佐久間がスケジュールの都合で新珠三千代に変更し、天下待望の三田佳子との初対決はまたしてもお流れとなった[38]。新珠は東宝所属で他社出演。森光子渡辺美佐子らも他社の女優で、いい役は他から借りて来なければならないほど、東映京都は女優不足だった[39]

撮影記録編集

1965年3月28日クランクアップ[38]。1965年4月3日初号試写[38]。その日、『宮本武蔵・完結篇』(『宮本武蔵 巌流島の決斗』)響庭野ロケでクランクイン[38]

製作費編集

1億5,000万円[40]

興行編集

製作中に『飢餓海峡』のカット問題が起った[30][41]。田坂監督にも大きなショックを与えたが、本作にも会社から14000フィート(上映時間155分)以内にまとめてくれと注文を受けた[41]。田坂はこれを拒否し、あわや第二の『飢餓海峡事件』かと心配されたが[41]、これに対して組合の委員長でもあった中村錦之助が「もし先生の意に反してカットするなら東映を辞めます」と凄み[30]、予期せぬ助太刀に東映も驚き、岡田所長の仲介で、カットなし、181分の一本立てでの上映が決まった(クレジットは178分)[1]。また当初は1965年4月下旬の公開を予定していたが[42]、松竹『雪国』とともに東宝『赤ひげ』のスカラ座での先行ロードショー期間にぶつける強気の興行に出た[42]

作品の評価編集

興行成績編集

映画評論家・由原木七郎が「原作者の狙いをしっかりと受けとめた田坂監督と三人の個性をさらりと演じながら、深く心にしみる演技を見せた錦之助が素晴らしい。40年間に及ぶ映画ジャーナリストとしてのベストテンに数えたい佳作」とべた褒めするなど[5]、作品そのものの評価は高かったが[4][43][44]、お客はサッパリで一週間と持たず、11日の予定を封切り4日で打ち切り[6][45][46][47][48]。同じ山本周五郎原作の東宝『赤ひげ』との対決が注目を浴びたが[44]、スカラ座の新記録を更新した『赤ひげ』の三分の一以下の入り[44]。松竹『雪国』にも大きく水を開けられ[44]、東映は急遽、鶴田浩二主演の「関東シリーズ」第一弾『関東流れ者』[49]と高倉健主演の「網走番外地シリーズ」第一弾『網走番外地』を繰り上げ公開し、とたんの五社トップに躍り出た[44][45]。オムニバスは当たらないという映画興行のジンクスが的中した形となった[44]。大コケした理由に岡田が任侠路線への切り換えを急ぎ、宣伝に力を入れなかったことも要因にあるといわれる[5]。「関東シリーズ」と「網走番外地シリーズ」は四作目まで二本立てで公開され、東映最大ともいえるドル箱シリーズになり[50]、東映任侠路線確立に大きく貢献した[5][51]。鶴田や高倉の任侠シリーズは最初は製作費が安いにも関わらず大きな稼ぎを生んだ[40]。当時の不況ムードでは巨匠監督が金も時間もかけて、東映で芸術作品を作ることは難しくなった[40]。岡田は本作のクランクアップ直前、田坂に最後通告を行い[5][52]内田吐夢伊藤大輔も今後、東映では起用しないと決めた[19][45][52]。また今井正監督で予定していた現代劇も延期された[45]

三村敬三は1996年に東映を退社する際、岡田と企画した本作のポスターテレカを作り、東映会長になっていた岡田に渡したら、「よう当たったのう、あの映画」と冗談で言われた。岡田にとっても、とんでもなくコケた映画として強く印象に残っていたという[6]

影響編集

組合騒動編集

本作は中村錦之助が東映を離れる切っ掛けになった映画である[46][52][53][54]。錦之助は1954年に東映に入社するなり、岡田茂が「あれだけ短期間でスターダムにのし上がったのは、私の知る限りでは、錦之介と石原裕次郎だけです」と話すように[27][55]、すぐに東映の看板スターになり、東映が黄金期を築く礎となった[27][31][46]。岡田は錦之助が初めて東映京都を訪れた日からの付き合いで[29][56]、美空ひばり・加藤喜美枝母子や沢島忠ともども仲が良かった[24][32][57][58]。錦之助の喧嘩相手は常に岡田だったが[32]、話が終われば祇園へ繰り出し酒を飲み交わす仲[32]。岡田は錦之助を唯一説得できる存在だった[29]。錦之助は子供向け路線から、大人の俳優に脱皮しようとしたが、岡田は錦之助を説得してそれを何とか先送りした[29]。しかし内田吐夢伊藤大輔、田坂具隆ら、巨匠監督の映画に出始めると娯楽作品が馬鹿馬鹿しくなり、出たがらなくなった[29]。岡田は「そんなことを言っていると人気が落ちるぞ」と忠告したが、錦之助は聞き入れず[29]。『徳川家康』や『宮本武蔵 巌流島の決斗』なども作品は評価されても興行が芳しくなく[20][46][59]、「いい映画が不入りだったのは会社の責任だ」などと反撃し[54][59]、岡田にも錦之助はコントロール出来なくなった[29]。錦之助が数年来滞納していた税金の支払いを迫られたことから[46][60][61]、会社に2,500万円の借金を申し込んだが[40][46][60]、錦之助映画は興行不振が続くためニベもなく撥ねつけられ[46][62][63]、岡田が「時代劇の製作を止め、任侠路線で行く」という方針を打ち出し[31][32][64]、"不良性感度"を標榜する荒々しい企画路線にシフトさせ始めたため[17][24][51][65][66]「エロでも暴力でもお客が入ればいいという考え方は麻薬と同じだ。いずれお客さんにそっぽを向かれるだけ」と公然と批判し[62]、これに反対する目的で[5][23][67]、東映京都の親睦団体・京都俳優クラブを母体として1965年5月9日に東映の俳優組合(東映俳優クラブ組合)を結成した[10][46][57][64][68][69][70]。錦之助が生え抜きの東映スターに比べ、鶴田浩二は東宝から移ったいわば外様だけに、岡田が鶴田中心の製作スケジュールを組んでいることに錦之助が感情的になったといわれる[40]

錦之助は『宮本武蔵』シリーズ五部作の最終作『宮本武蔵 巌流島の決斗』を撮り終えたら、フランスへ2、3年出かけるつもりでいたが[31][32]、俳優仲間の組合委員・神木真一郎(神木真寿雄)から「代表になって欲しい」と頼まれ[71][72]、侠気のある錦之助は「自分が代表になって、同じ俳優仲間の生活が向上するなら」と代表を引き受けた[5][32][72]。副代表には東千代之介里見浩太朗が、書記長には尾形伸之介が就任し[5][64][73]大友柳太郎松方弘樹近衛十四郎桜町弘子ら総勢38名が参加した[46][71]。東千代之介は岡田に長年ギャラを値切られ続け「キャバレーに出るなら世話してやろう」などと言われ、堪忍袋の緒が切れた[63][64]。錦之助と弟分だった高倉健も合意したが[36][71]、高倉は東映東京撮影所(以下、東映東京)の契約者だったため、発表は控えた[71]。役者は一国一城の主が多いだけに大川橋蔵は、人気の巻き返しを狙っていたため、会社に抵抗したくないと反対を打ち出し不参加[62][73][40]。また錦之助と犬猿の仲だった鶴田浩二[74]、組合の結成を批判し[46][73]、東映東京専属の役者には声をかけず[40]四十七士に足らなかった[62][40]。岡田は「錦之助は自分が思うようにいかんから、子分を率いて組合を作ったんやろ」[31]俳優労働者に非ず、従って組合は認めない。邦画を守るためにも娯楽作品を作っていく。文句があるならお前らみんな東映辞めろ」などと暴言を吐き[46][47][64][68]、「一般の労働組合としては認められないから団交には応じられない。一人一人なら交渉に応じる」などと強硬な態度で接し激しく対立した[5][10][46][63][69][71]。錦之助のように東映と高額な契約金を交わす大スターは東映の社員ではなかった[46]

俳優組合はやむなく1965年6月1日、京都地労委に組合資格審査の申し立てを行い[40]、1965年7月、公益委員会は「俳優は労働組合法上の労働者として認められる」と、東映側の主張は退けられ[64]、史上初めて俳優という職業が労働者として認められ、俳優の労働組合が東映に正式発足した[5][29][46][70][71]。岡田は有馬稲子から頼まれ「一本数千万のギャラを取って、大川社長より年俸の多いお前が、年間数千円か賃金を上げてくれという組合員の気持ちが分かるのか」と錦之助に代表を辞めるよう説得したがダメだった[29][67]。錦之助は本作の興行的惨敗がケチのつき始めで[48]、この年7月に有馬稲子と離婚[60]五社協定が俄然と映画界に君臨した時代でもあり[71]、組合活動も同じ京都に当時撮影所を持っていた大映と松竹との歩調も合わず[5][48]。大スターから大部屋俳優が一緒にやることに無理があった[40]。副代表の東千代之介が後援会長の座館経営者から「赤旗を振るようなことがあったら会長を退くから」と叱られ[40]、フリーになって東映を退社し[23][53]、里見浩太朗も「会社に弓を引けない」と脱退するに及び[53]、解散を余儀なくされ[5][48]、錦之助は責任を一身に背負う代償として会社と交渉を持ち、組合員を処罰しないことと組合員の今後の生活保障を条件に組合を解散させ[71]、1965年8月16日、もとの親睦団体に戻った[5][51][53][60]

錦之助の出演作は以降も興行が振るわず[29][75]、東映のドル箱シリーズは鶴田浩二の「関東やくざシリーズ」と高倉健の「網走番外地シリーズ」に移った[75]。岡田は最初は自身の発案による鶴田浩二主演の「博徒シリーズ」と錦之介主演の「日本侠客伝シリーズ」で東映京都の改革を構想していたが[76][77][78]、錦之介が『日本侠客伝』の主演を拒否し[72][77][79]、代わりに主演に抜擢した高倉健の人気が爆発した[72][77][79]。錦之介と高倉は仲が良かったから[19][35][36]、錦之介は二作目以降はあっさり身を退いた[13][72][78]。鶴田への対抗心から錦之介はその後もヤクザ路線に出たがらず[75]、ヤクザ路線一辺倒になることに反対し[23]、「時代劇も撮るべきだ」と主張したが[5][31]、岡田に容られず[5][31]。かつて年間8本~10本の専属契約で3,000万以上を叩き出していたため[5]、出演料は一本400万円見当で、錦之助の映画は作りにくい状況に陥った[5]

錦之助は独立プロを設立するため、大川東映社長に退社を伝えたが、大川は役者に勝手なことをされてはしめしが付かないと猛反対した[29][67]。岡田は東映にまた帰って来れるよう1965年10月、東映専属から本数契約を結ばせ[75][80][81][82]、『花と龍』二部作と『沓掛時次郎 遊侠一匹』『丹下左膳 飛燕居合斬り』の計四本の出演を条件に1966年8月、東映を円満退社させた[29][67][83][84]。しかし世間的には東映に実質的に切られたと見られた[5][75]。独立プロは上手くいかず、11年後、岡田のところに錦之助がやって来て「何かいい企画はないか」と言うので『柳生一族の陰謀』に錦之助を主演させた[29][85]。東映京都のスタッフが錦之助の京都復帰を歓迎したのは円満退社だったからである[86]。1977年6月公開の『八甲田山』が映画インサイダーによる製作で一本立て興行として大成功したことから、岡田は東映でも大作一本立て興行を決意し[87]、時代劇復興の願いと新しい時代劇ブームを作り出したいと考えたかは諸説あるが[85][88]、『柳生一族の陰謀』を企画した[89]

岡田茂は1976年12月の『映画ジャーナル』のインタビューで「映画でゼニ儲けしよう思ったら、転換期の現実をどう処理して乗り切るか、ジャーナリスティックな見方と違うんだよ。これは映画製作に責任を持つぼくしか分からないかも知れんね。しかし、あの現実を若いぼくの後輩の連中にシカと見させたことは非常にタメになったと思う。東映最初の転換期は、千恵さん(片岡千恵蔵)右太さん(市川右太衛門)を中心に中村錦之助・大川橋蔵の時代劇の黄金時代が終焉を告げたとき、大問題だった。千恵さん、右太さんと大川社長の間に大変な軋轢が起きたことも隠れもない事実だったし、当時ぼくが京撮所長としてその解決を全部仕切った。スターばかりか、監督、ライター、キャメラマンまで一気にいったんだから。時代劇に固執するものは一人もいらないんだ、どこか他で撮ってくれ、という勢の大きな嵐なんだ。『武士道残酷物語』『ちいさこべ』なんか批評家には褒められたが商売は赤字ばかり出たんだから、これを止めなきゃならん。一方、第二東映で膨れ上がった人間抱えてるんだからタマランわねえ。もう全部切る、とこれが東映京都でやった合理化です。錦之助を担いで俳優諸君が争議を起し、これを支援するマスコミがわいわい書き立てた。そんなとき、次はこれだッと鶴田浩二を使って『人生劇場 飛車角』などを撮り出した。当たったよしこれだッ、ということで、俊藤浩滋クンなんかと組んで『日本侠客伝』を出した。そのうちポーンと東映東京で今田クン(今田智憲)が高倉健で『網走番外地』を当て、みるまに『昭和残侠伝』でのし上がってきたんだよ。思い切って時代劇にとどめを刺し、人間も整理し、次に当たる企画を打ち出した。いいも悪いもない、映画でゼニを稼ぐというのはそういうことなんです」などと述べている[21]

出典編集

  1. ^ a b c d 冷飯とおさんとちゃん”. 日本映画製作者連盟. 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ 錦之助映画祭り -時代劇の至宝・中村錦之助=萬屋錦之介
  3. ^ a b 周五郎が描く三様の情! これもまた時代劇の魅力――春日太一の木曜邦画劇場 『冷飯とおさんとちゃん』
  4. ^ a b c d e 荻昌弘「週刊試写室 日本人の愛と情と業の悲哀 冷飯とおさんとちゃん」『週刊朝日』1965年4月23日号、朝日新聞社、 104-105頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 由原木七郎「由原木七郎の日本映画スケッチ(82) (秘)エピソードでつづるあの男優この女優 萬屋錦之介 その四 東映"城"との対決」『週刊明星』1979年5月13日号、集英社、 168-167頁。
  6. ^ a b c d e f FB編集同人編「追悼三村敬三 【聞き書き】『東映京撮が変わった頃―巨匠から映画村へ』 三村敬三インタビュー 〔聞き手 梶川忠・上倉敬庸〕」『FB 映画研究誌』第16号 2001年冬、行路社、 161-165頁。
  7. ^ a b c d e 嶋地孝麿「中村錦之助 その静かな闘志 『鮫』の撮影を京都にたずねる…」『キネマ旬報』1964年4月下旬号、キネマ旬報社、 17、21頁。
  8. ^ クロニクル東映2 1991, pp. 5–6.
  9. ^ 「追悼特集 プロデューサー、岡田茂 不良性感度と欲望の帝王学 岡田茂論 文・高崎俊夫」『東映キネマ旬報 2011年夏号 vol.17』2011年8月1日、東映ビデオ、 2-5頁。あかんやつら――東映京都撮影所血風録 | 春日太一 | 評者 鈴木毅鈴木毅(進駸堂書店中久喜本店)
  10. ^ a b c d e 『私と東映』× 神先頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)
  11. ^ 悔いなき 2001, pp. 147–152.
  12. ^ 「お楽しみ案内 映画・舞台 『その'退屈男'罷りならぬ 映画・歌舞伎先輩スターからヒジ鉄を食った大川橋蔵の立ち場』」『週刊サンケイ』1965年2月22日号、産業経済新聞社、 54–55頁。池上金男笠原和夫・下菊坂菊馬・佐治乾野上竜雄宮川一郎国弘威雄「《座談会》若い世代の発言その1・東映へ直言する」『シナリオ』1966年5月号、日本シナリオ作家協会、 30頁。
  13. ^ a b c 私の東映30年 1991, pp. 139–147.
  14. ^ 「家」の履歴書 岡田茂(東映株式会社代表取締役会長)」『週刊文春』2002年1月17日号、文藝春秋、 75頁。
  15. ^ 「戦後50年東映・岡田茂会長インタビュー『おもしろおかしく生きて勲二瑞宝』」『AVジャーナル』1995年12月号、文化通信社、 27-28頁。
  16. ^ 日本の映画人 2007, p. 122.
  17. ^ a b 東映の軌跡 2016, p. 564.
  18. ^ 金田信一郎「岡田茂・東映相談役インタビュー」 『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』日経BP社、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9 NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した(Internet Archive)岡田茂(映画界の巨人)インタビュー 映画界へ 聞き手・福田和也 (PDF)”. メッセージ.jp. BSフジ (2005年5月15日). 2020年4月19日閲覧。(archive)、織井優佳 (1999年9月25日). “スター(航海新世紀へ朝日新聞創刊120周年)【大阪】”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 15 “【読書】波瀾万丈の映画人生』岡田茂著”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 読書2頁. (2004年7月19日) “【産経抄】”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 1. (2011年5月14日) 
  19. ^ a b c d 私の東映30年 1991, pp. 138–147.
  20. ^ a b 日本映画裏返史 2020, pp. 247-256、281.
  21. ^ a b 映画界のドン 2012, pp. 81–82.
  22. ^ 滝沢一「ある岡田茂論」『映画時報』1972年1月号、映画時報社、 20-21頁。FB編集同人編「小特集 追悼/笠原和夫・深作欣二 『東映のゴールデン・トライアングル』 文・重政隆文」『FB 映画研究誌』2003年 第18号、行路社、 153-154頁。
  23. ^ a b c d 品川と近衛 2007, pp. 75-77、150.
  24. ^ a b c あかんやつら 2013, pp. 205–229.
  25. ^ 東映ポスター集製作委員会「東映任侠路線興亡史」 『ポスターでつづる東映映画史』青心社、1980年、189頁。ISBN 4948735086 中原早苗 『女優魂 中原早苗』ワイズ出版、2009年、176頁。ISBN 9784898302354 鈴木則文インタビュー他」 『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.8』シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年、16-17,24頁。ISBN 9784401751167 『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第5回 / 全5回)
  26. ^ 『鬼才 五社英雄の生涯』文藝春秋文春新書〉、2016年、83-86頁。ISBN 9784166610877 
  27. ^ a b c クロニクル東映2 1991, p. 2.
  28. ^ 南部僑一郎「連載映画千一夜(8)新しい年のホープ」『キネマ旬報』1968年2月下旬号、キネマ旬報社、 68-69頁。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m 「岡田茂インタビュー 『俺は"映画の錦之助"として死にたいと晩年の彼は言っていた』 文・金澤誠」『キネマ旬報臨時増刊 天晴れ!時代劇』1997年12月16日発行、キネマ旬報社、 16-18頁。
  30. ^ a b c d e 「芸能 素顔 『冷飯とおさんとちゃん』を撮影中の中村錦之助 『田坂監督が開いた"芸の目"』」『週刊読売』1965年4月23日号、読売新聞社、 104-105頁。
  31. ^ a b c d e f g 「BIG人間インタビュー 萬屋錦之助 『俺の時代劇!俺の子供たち!』」『週刊明星』1978年10月22日号、集英社、 36–43頁。
  32. ^ a b c d e f g 金澤誠「中村錦之助 追悼と再発見 沢島正継監督、萬屋錦之介を語る 『錦兄ィは、二度と出ない日本一の役者です』」『キネマ旬報』1997年6月下旬号、キネマ旬報社、 111–117頁。
  33. ^ a b 「ティールーム 映画 看板の浮気?にゆらぐ東映城 錦之助に他社出演の噂」『週刊サンケイ』1966年2月21日号、産業経済新聞社、 98頁。
  34. ^ a b 「うわさの裏表 芸能人は権利意識に目ざめよ チャップリンから錦之助へ…」『サンデー毎日』1978年1月22日号、毎日新聞社、 110頁。
  35. ^ a b 「一匹狼で勝負するタレント・ライバル物語 特集『火花散らす"犬猿の仲" 芸能界版』」『週刊平凡』1965年12月16日号、平凡出版、 57頁。
  36. ^ a b c 「特別対談 中村錦之助・高倉健 『満足感と淋しさと… さすがに疲れました』」『週刊明星』1965年9月5日号、集英社、 110–112頁。
  37. ^ 「〈邦画スタート 今週の焦点〉 日本の映画界のギャラが男性上位時代 CМで稼いで欲のない?中堅女優たち」『週刊平凡』1980年5月8日号、平凡出版、 134-135頁。「〈LOOK〉 東映に造反した高倉健の言い分」『週刊現代』1972年7月6日号、講談社、 39頁。「タイム 映画&演劇 『しのぎをけずる"三大親分衆" "東映やくざ路線"の鶴田、高倉、安藤のギャラは?』」『週刊平凡』1967年10月12日号、平凡出版、 49頁。
  38. ^ a b c d 「『主人錦之助について誤った印象をもたれかねない』 離婚記事の波紋と有馬稲子の立場」『週刊明星』1965年4月54日号、集英社、 36–39頁。
  39. ^ 「お姫さまから演技派へ 桜町弘子」『週刊読売』1965年5月16日号、読売新聞社、 52頁。
  40. ^ a b c d e f g h i j k 「吹き荒れる日本映画界の内幕 その後、錦之助の俳優クラブ、大映解体、映倫問題などはどうなったか‥…! ノイローゼになった錦之助」『近代映画』1965年9月号、近代映画社、 204–206頁。
  41. ^ a b c 「スクリーンステージ 錦之助にカブトを脱いだ東映」『週刊サンケイ』1965年4月19日号、産業経済新聞社、 44頁。
  42. ^ a b 「スクリーンステージ なるかならぬか東宝の胸算用」『週刊サンケイ』1965年5月17日号、産業経済新聞社、 44頁。
  43. ^ 大黒東洋士・深沢哲也「今週の見どころ」『週刊明星』1965年4月25日号、集英社、 64–65頁。
  44. ^ a b c d e f 「タウン とんだ"冷飯"をくった東映」『週刊新潮』1965年4月26日号、新潮社、 17頁。
  45. ^ a b c d 井沢淳・高橋英一・日高真也・白井隆三・三堤有樹・小倉友昭「TOPIC JOURNAL 東映・文芸路線廃止のあと」『キネマ旬報』1965年5月下旬号、キネマ旬報社、 21頁。
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m n 井沢淳・高橋英一・日高真也・白井隆三・三堤有樹・小倉友昭「TOPIC JOURNAL」『キネマ旬報』1965年7月上旬号、キネマ旬報社、 42-43頁。
  47. ^ a b 大黒東洋士「再出発する中村錦之助君へ ー人生の壁を乗り越えて時代劇の大スターに―」『キネマ旬報』1965年9月上旬号、キネマ旬報社、 31頁。
  48. ^ a b c d 「ティールーム スクリーン どちらが『花と竜』? 錦之助と裕次郎が激突」『週刊サンケイ』1965年10月11日号、産業経済新聞社、 105頁。
  49. ^ 滅びの美学 任侠映画の世界 シネマヴェーラ渋谷
  50. ^ 「ニュースコーナー 鶴田・高倉のシリーズもので独走を企てる東映」『映画時報』1965年11月号、映画時報社、 24頁。
  51. ^ a b c 菅孝行「現代俳優論〈20〉中村錦之助 ―東映城外、斜陽に立つ―」『朝日ジャーナル』1971年1月29日号、朝日新聞社、 24-26頁。
  52. ^ a b c 由原木七郎「連載 写真で見るスターの歴史(1) 萬屋錦之介(前)」『映画情報』1980年7月号、国際情報社、 34–39頁。
  53. ^ a b c d 「見舞われた四つの波 離婚が仇の中村錦之助さん」『週刊サンケイ』1966年1月3日号、産業経済新聞社、 30-31頁。
  54. ^ a b 「五社協定に敗れたスター」『週刊読売』1965年6月20日号、読売新聞社、 52頁。
  55. ^ “輝き続けた二枚目 錦ちゃん 萬屋錦之介さん死去 歌舞伎の名門から映画へ 『宮本武蔵』...アイドル脱皮 晩年の私生活は不運続き”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 31. (1997年3月11日) 
  56. ^ 萬屋 1995, pp. 204–207.
  57. ^ a b クロニクル東映1 1991, pp. 282–283.
  58. ^ 脇田巧彦 (2011年11月7日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(43)”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 14 岡田茂「対談:岡田茂×澤島忠×深作欣二」 『悔いなきわが映画人生:東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、262-283頁。ISBN 4-87932-016-1 金澤誠「萬屋錦之介 追悼と再発見 沢島正継監督、萬屋錦之介を語る」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1997年6月上旬号、 111 - 117頁。「欲望する映画 カツドウ屋、岡田茂の時代 岡田茂さんへー最後の言葉 大恩人を偲ぶ 澤島忠」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、2011年7月上旬号、 56 - 57頁。“映画の巨匠が美空ひばりを語る 歌を愛し、芸を愛し、そして人を愛して 沢島忠インタビュー”. りぶる (建設新聞社) (vol.4 2008年12月25日発行 40-49頁). 『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)
  59. ^ a b 「話題 錦之助が賞をもらうのも痛しかゆし…」『週刊読売』1966年1月14日号、読売新聞社、 64頁。
  60. ^ a b c d 井沢淳・高橋英一・日高真也・白井隆三・三堤有樹・小倉友昭「TOPIC JOURNAL」『キネマ旬報』1965年9月上旬号、キネマ旬報社、 18頁。
  61. ^ 「スクリーンステージ 東映俳優クラブはイヤガラセ?」『週刊サンケイ』1965年4月14日号、産業経済新聞社、 46頁。
  62. ^ a b c d 「緊急特報 追いつめられた日本映画 私は訴える! 四大スターの重大発言」『週刊明星』1965年7月4日号、集英社、 30–34頁。
  63. ^ a b c 浮田哲夫「執行委員長中村錦之助の行方 赤旗の中に立つ大スターの家庭の事情」『週刊現代』1965年6月24日号、講談社、 106–111頁。
  64. ^ a b c d e f 関根弘「ルポタージュ 大映真空地帯と東映番外地 さびれる映画産業労働者の実態」『月刊労働問題』1965年11月号、日本評論社、 66–70頁。
  65. ^ 波瀾万丈の映画人生 2004, pp. 156–157.
  66. ^ 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)、スケバン、ハレンチ!「東映不良性感度映画」を特集-映画秘宝 - シネマトゥデイ東映の岡田茂名誉会長 死去 | NHK「かぶん」ブログ:NHK(Internet Archive)、学歴に頼ってられない! 求められるのは“キャラ立ち”か……東映が史上初の「特撮番組専任のプロデューサー」を募集中東映昭和映画傑作選 - U-NEXT東映任俠映画を生み出した名監督・名プロデューサーたち - 隔週刊 東映任侠映画傑作DVDコレクション - DeAGOSTINI『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)明智惠子 (2011年6月号No.397). “日本映画は再び新たな夢を見られるのか!”. 日本映画テレビプロデューサー協会報. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2019年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。東映不良性感度路線の父 岡田茂逝去」『映画秘宝』2011年7月号、洋泉社、 52頁。楊紅雲「任侠映画路線における東映の成功 : テレビに対抗した映画製作 (1963-1972年) を中心に」『多元文化』第4号、名古屋大学国際言語文化研究科国際多元文化専攻、2004年3月、 201頁、 doi:10.18999/muls.4.191ISSN 13463462NAID 1200009748642021年12月1日閲覧。楊紅雲「アニメーションを根幹としたTV共存策 : 東映の傍流映画製作(1980-2000)を振り返って (水岡久名誉教授 記念号)」『名古屋外国語大学外国語学部紀要』第43号、名古屋外国語大学、2012年8月、 203-204、220-223、 ISSN 1347-9911NAID 1100094283432021年12月1日閲覧。
  67. ^ a b c d 悔いなき 2001, pp. 151–152.
  68. ^ a b 仕事が僕を待っているから、人生ゆっくりと前に進む。里見浩太朗氏インタビュー【第3回】
  69. ^ a b 『映画情報』第40巻第3号、国際情報社、1975年3月1日、 65頁。NDLJP:10339889/65
  70. ^ a b 天野愛一「〔争〕 映画俳優 スターも労働者か?」『サンデー毎日』1965年8月15日号、毎日新聞社、 33頁。
  71. ^ a b c d e f g h 由原木七郎「連載 写真で見るスターの歴史(1) 萬屋錦之介(後)」『映画情報』1980年8月号、国際情報社、 30頁。
  72. ^ a b c d e 萬屋 1995, pp. 162–163.
  73. ^ a b c 「ポスト/POST 日本映画 錦之助・志麻委員長大いにがんばる」『週刊明星』1965年6月6日号、集英社、 86頁。
  74. ^ 「極秘レポート 気になるスターの未公開情報 『鶴田浩二が錦之助と"宿命の対決"』」『週刊明星』1966年10月9日号、集英社、 46–47頁。
  75. ^ a b c d e 「スクリーン 専属から本数契約に 黄金時代すぎた錦之助」『週刊朝日』1966年2月25日号、朝日新聞社、 104頁。
  76. ^ あかんやつら 2013, pp. 223–229.
  77. ^ a b c 風雲映画城 1992, pp. 118–125.
  78. ^ a b 「欲望する映画 カツドウ屋、岡田茂の時代 これが映画だ、カツドウだ! 岡田茂が放った七本のシャシン 『日本侠客伝』 京都撮影所のポスト時代劇路線として 文・野村正昭」『キネマ旬報』2011年7月上旬号、キネマ旬報社、 43-43頁。
  79. ^ a b クロニクル東映2 1991, pp. 212–213.
  80. ^ 「ニュースコーナー 製作 東宝、日倍合作などで巻返し 中村錦之助の主演も計画中内」『映画時報』1966年5月号、映画時報社、 26頁。
  81. ^ 「スクリーン 東映を居合斬り 錦之助がフリーに」『週刊朝日』1966年7月8日号、朝日新聞社、 112頁。
  82. ^ 「芸能ジャーナル 東映をとびだす? 錦之助」『週刊サンケイ』1966年7月18日号、産業経済新聞社、 102頁。
  83. ^ 萬屋 1995, pp. 168–169.
  84. ^ 岡田茂(東映・相談役)×福田和也「東映ヤクザ映画の時代 『網走番外地』『緋牡丹博徒』『仁義なき戦い』の舞台裏は」『オール読物』、文藝春秋、2006年3月、 218頁。
  85. ^ a b FB編集同人編「追悼/笠原和夫・深作欣二『東映のゴールデン・トライアングル』 (A)岡田茂 (B)深作欣二 (C)笠原和夫 文・重政隆文」『FB 映画研究誌』第18号 2003年冬、行路社、 158-165頁。
  86. ^ 萬屋 1995, pp. 183–185.
  87. ^ 「VMレーダー 岡田社長 映画の証明」『月刊ビデオ&ミュージック』1978年9月、10月号、東京映音、 36頁。「談話室 年間600億達成に突進! 東映社長 岡田茂氏」『月刊ビデオ&ミュージック』1978年6月号、東京映音、 25頁。「『専務会を中心に前向きの会社経営』 トップインタビュー 松竹社長・大谷隆三 ききて・『財界』編集長・針木康雄」『月刊ビデオ&ミュージック』1977年7月号、東京映音、 19頁。
  88. ^ 深作欣二山根貞男 『映画監督 深作欣二』ワイズ出版、2003年、354頁。ISBN 4-89830-155-X 
  89. ^ 「ジャック110番 『柳生一族の陰謀』」『月刊ビデオ&ミュージック』1978年1月号、東京映音、 32頁。「VMレーダー 岡田社長嬉し涙のホラ」『月刊ビデオ&ミュージック』1978年2月号、東京映音、 36頁。

参考文献編集

外部リンク編集