凌 操(りょう そう、? - 203年)は、中国後漢末期の武将。字は伝わっていない。孫策孫権に仕えた。揚州呉郡余杭県の人。子は凌統。孫は凌烈凌封

生涯編集

男伊達に富んで剛毅果断な人物であり、武勇に秀でていたという。孫策が兵を興すと自身もそれに従い、常に孫策軍の先鋒を任された。永平県令を務め、山越討伐などの功績により破賊校尉に昇進した。

建安8年(203年)、孫権が黄祖討伐の軍を起こした際も先鋒を務めて活躍したが、流れ矢に当たって戦死した[1]

一説によれば、敗走する黄祖軍を追撃していたところを、殿軍を率いていた甘寧の矢を受けて死んだという[2]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 凌統伝
  2. ^ 『三国志』呉志 甘寧伝