凡児の娘をよろしく

凡児の娘をよろしく』(ぼんじのむすめをよろしく)は、1972年4月6日から1979年3月29日までフジテレビ系列局で放送されていた関西テレビ製作のトーク番組である。笹岡薬品[1]の一社提供。全365回。放送時間は毎週木曜 22:00 - 22:30 (日本標準時)。

凡児の娘をよろしく
ジャンル トーク番組
放送時間 木曜 22:00 - 22:30(30分)
放送期間 1972年4月6日 - 1979年3月29日(365回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
出演者 西条凡児
テンプレートを表示

目次

概要編集

嫁ぐ前の娘とその父親が出演し、娘について語っていた視聴者参加型番組。司会を務めていたのは西条凡児で、凡児は番組の冒頭で「また見てもらいます」と言いながら登場していた。そして出演父娘のエピソードを聞き、最後に「おみやげ、おみやげ」と言いながら彼らに笹岡薬品の製品詰め合わせを差し出していた。

司会の凡児は、1970年に不祥事を起こして以来メディアから姿を消していたが、本番組でテレビ番組への復帰を果たした。最終回では、次番組『恋のトリプルチャンス』の司会者である桂三枝(後の六代桂文枝)がゲスト出演し、同番組の宣伝ならびに司会の引き継ぎを行った。そして番組が終了すると、凡児は再び芸能界から身を引いた。

主題歌編集

「嫁ぐ日」
作詞・作曲:端田宣彦 / 歌:はしだのりひことエンドレス

脚注編集

  1. ^ 「命の母」で知られる製薬会社。同商品は後に小林製薬へ製造・販売権を譲渡。

関連項目編集

フジテレビ系列 木曜22:00枠
【本番組から笹岡薬品一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
おかしな夫婦
(1971年10月7日 - 1972年3月30日)
※21:30 - 22:26
なるほど奥さん
※22:26 - 22:30
凡児の娘をよろしく
(1972年4月6日 - 1979年3月29日)
恋のトリプルチャンス
(1979年4月5日 - 1980年3月13日)