メインメニューを開く

凱旋門賞ウィークエンド

凱旋門賞ウィークエンド(がいせんもんしょうウィークエンド、week-end du Prix de l'Arc de Triomphe)は、フランスパリロンシャン競馬場において凱旋門賞が施行される毎年10月1週の日曜日とその前日(土曜日)の2日間で行われる重賞競走集中開催のことである。英語ではPrix de l'Arc de Triomphe weekendと表記される。省略してアークウィークエンドArc Weekend)とも呼ぶ。日本では凱旋門賞ウィーク凱旋門賞デーとも呼ばれる。

概要編集

1920年に創設された凱旋門賞は世界最高峰の競走の1つとなったが、1984年に創設された1日に複数の高額賞金重賞競走を施行するアメリカブリーダーズカップに地位を脅かされていた。

ブリーダーズカップに対抗するため、1988年にスポンサーとなったCigaホテルグループ[1]により「Ciga Weekend」の名で週末に重賞競走を集め凱旋門賞とともに開催したことが始まりである。さらに1989年には開催の充実を図り土曜日に2歳G1競走グランクリテリウムを加え、1991年にも土曜日に長距離G1競走カドラン賞を加え、週末に5つのG1を開催することとなった。

1994年にスポンサーがトラストハウス・フォルテ(Trusthouse Forte)に戻ったが、この契約は3年で終わり1997年1998年はスポンサー無しで開催されることとなった。なお、1995年にはグランクリテリウムが元の開催日程に戻されG1は4つに減っている。

1999年にルシアン・バリエール(Groupe Lucien Barrière[2]がスポンサーとなり2000年には凱旋門賞を総賞金額が1050万フランに増額、カドラン賞の開催を土曜日から日曜日に変更、オペラ賞をG1昇格と改編され凱旋門賞の開催日に5つのG1が施行されることとなる[3]。さらに、2001年には日曜日にグランクリテリウムを加えG1を6つに増やした。また、2005年からは土曜日にフォレ賞も加わり2日間で7つのG1と4つのG2が開催される形式となった。

2008年にカタール競馬馬事クラブ(Qatar Racing and Equestrian Club)がスポンサーとなった。これにより凱旋門賞の総額賞金を前年の2倍となる400万ユーロとし、純血アラブの競走も開催されるようになった[4]。さらに、2012年にはイギリスのブリティッシュ・チャンピオンズデーに対抗して凱旋門賞を除く競走の賞金を増額し週末開催全体の総賞金額を950万ユーロとした[5]

2019年ロワイヤリュー賞がG2からG1に昇格し、凱旋門賞ウィークにおけるG1競走は全8競走となった[6]

実施される重賞編集

日程は2019年のもの[7]。毎年変更される可能性がある。

土曜日編集

施行 競走名 フランス語表記 出走資格 施行距離 総賞金額
第1競走 ドラール賞 Prix Dollar G2 3歳以上 芝1950m 20万ユーロ
第2競走 アラビアントロフィー・デ・ジュモン Arabian Trophy des Juments G1 PA 4歳以上アラブ牝馬 2000m 15万ユーロ
第3競走 ダニエルウィルデンシュタイン賞 Prix Daniel Wildenstein G2 3歳以上 芝1600m 20万ユーロ
第6競走 ロワイヤリュー賞 Prix de Royallieu G1 3歳以上牝馬 芝2800m 25万ユーロ
第7競走 ショードネイ賞 Prix Chaudenay G2 3歳 芝3000m 20万ユーロ
第8競走 カドラン賞 Prix de Cadran G1 4歳以上 芝4000m 30万ユーロ

日曜日編集

施行 競走名 フランス語表記 出走資格 施行距離 総賞金額
第1競走 マルセルブサック賞 Prix Marcel Boussac G1 2歳牝馬 芝1600m 30万ユーロ
第2競走 ジャン・リュック・ラガルデール賞 Prix Jean-Luc Lagardere G1 2歳牡馬・牝馬 芝1600m[8] 35万ユーロ
第3競走 アラビアンワールドカップ Arabian World Cup G1 PA 4歳以上アラブ 芝2000m 70万ユーロ
第4競走 凱旋門賞 Prix de l'Arc de Triomphe G1 3歳以上牡馬・牝馬 芝2400m 400万ユーロ
第5競走 オペラ賞 Prix de l'Opera G1 3歳以上牝馬 芝2000m 40万ユーロ
第6競走 アベイ・ド・ロンシャン賞 Prix de l'Abbaye de Longchamp G1 2歳以上 芝直線1000m 35万ユーロ
第7競走 フォレ賞 Prix de la Forêt G1 3歳以上 芝1400m 30万ユーロ

脚注編集

  1. ^ イタリアのホテルグループ。CIGAとは'Compagnia Italiana Grandi Alberghi'のこと。当時の大株主はアーガー・ハーン4世であった。
  2. ^ フランスの代表的な高級ホテルグループ。
  3. ^ 1日の総賞金額1580万フランは当時の欧州最高額。
  4. ^ 凱旋門賞、芝の最高賞金レースへ(フランス)[開催・運営]” (日本語). ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2008年1月17日). 2016年9月29日閲覧。
  5. ^ 凱旋門賞ウィークエンド強化のために賞金額を増加(フランス)[開催・運営]” (日本語). ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2012年1月19日). 2016年9月29日閲覧。
  6. ^ イタリアの最後のG1競走が消滅(欧州)”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2019年2月7日). 2019年2月8日閲覧。
  7. ^ 2012凱旋門賞特集” (日本語). JRA-VAN競馬情報. 2016年9月29日閲覧。
  8. ^ European Pattern Committee announces changes to the 2015 European Programme / 19 Jan 15英国競馬統括機構 2016年7月19日閲覧