凸凹 (吉岡聖恵の曲)

吉岡聖恵のシングル曲

凸凹」(でこぼこ)は、吉岡聖恵の楽曲である。2022年4月24日に先行配信が開始され、6月15日にCDシングルとして発売された[1]。楽曲は、テレビ朝日系アニメ『カッコウの許嫁』のオープニングテーマとして使用された。作詞作曲は緑黄色社会長屋晴子で、編曲はNaoki Itaiと緑黄色社会。

凸凹
吉岡聖恵シングル
リリース
規格
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル エピックレコードジャパン
作詞・作曲 長屋晴子
チャート最高順位
後述を参照
吉岡聖恵 シングル 年表
  • まっさら
  • (2021年)
  • 凸凹
  • (2022年)
ミュージックビデオ
「凸凹」 - YouTube
テンプレートを表示

CDシングル『凸凹』は、オリコン週間シングルランキングで最高位24位、Billboard Japan Top Singles Salesで最高位23位を記録。

背景・リリース編集

2022年1月17日、同年4月から放送開始となるテレビ朝日系アニメ『カッコウの許嫁』のオープニングテーマが「凸凹」に決定したことが発表された。テレビアニメ作品をオープニングテーマを担当するのは、吉岡のソロ名義としては初の例となる[2]。作詞作曲は吉岡と親交が深い緑黄色社会長屋晴子が手がけた[2][3]。吉岡はコロナ禍に緑黄色社会の楽曲をよく聴いていて、楽曲や歌声に刺激や元気をもらったとし、「ソロでいつか晴子ちゃんに曲を作ってもらえたらいいな!」という思いがあったと明かしている。これにあたり長屋に曲提供を依頼し、長屋が「詞曲両方書きます!」と引き受けたことから、作詞作曲ともに長屋が担当することとなった[4]

同じく1月17日には、4月17日に各種音楽配信サービスでの配信が開始されることも発表され、新しいアーティスト写真と配信ジャケットに加えて、楽曲の一部を視聴することができるプロモーション・ビデオが解禁された[2]

3月17日、CDシングル『凸凹』が6月15日に発売されることが発表された[5]。初回限定盤は、『カッコウの許嫁』描き下ろしイラストも使用したダブルジャケット仕様となっており、ジャケットを広げると吉岡が座るグランドの向こうに、『カッコウの許嫁』の登場人物がいるようなアートワークになっている[6]。DVDが付属しており、本作のミュージック・ビデオおよびメイキング映像が収録された[5][6]。同日にティザー映像が公開された[7]ほか、先行配信日時を『カッコウの許嫁』の初回放送に合わせて4月24日に変更したことも発表された[5][8]

6月1日、レコーディングメンバーとして緑黄色社会が参加していることが正式に発表された。レコーディングの様子が撮影されており、CDシングルに付属のDVDに「凸凹-Recording Behind The Scenes-」として収録された[9]。6月8日にはCDシングルにtofubeatsAiobahnによるリミックス楽曲が収録されることが発表された[10]

制作編集

吉岡は、長屋に楽曲制作を依頼する際『カッコウの許嫁』が「学生が出てくるキラキラしたアニメ」であることから、自分自身が「主人公になりきる」という感じではなく、俯瞰ふかんして歌えたらいいのかもしれないということを伝えた。完成した作品では「あえて主人公の一人称を示さない」形になっており、これについて吉岡はそこがこの作品を歌ううえでの軽やかさに繋がっているのかなと感じましたと語っている[4]

レコーディング前の仮歌の段階では、長屋がディレクションを担当した[11][4]。この時に長屋から1サビの「そんな顔もするんだね」の「ね」が聖恵ちゃんっぽいんですよね。他にも「ね」というフレーズを入れたんです鼻濁音がいいんですよねと言われたことについて、吉岡は“ね”が私っぽいのかと思いました(笑)自分では気づかない個性というか、そういういところを聴いて、生かしてくれているんだ!と嬉しくなりましたねそういうふうに聴いているんだということがわかってとても新鮮でしたと回想している[4]

演奏には緑黄色社会のメンバー全員が参加しており、吉岡はリョクシャカの演奏を聴いていると、ただ単に音楽と向き合っているというだけでなく、“聴く人に届けるんだ”という強い意思を感じていて。バンドだからこその一体感もありながら、ひとりひとりが頼もしいミュージシャンなんだとレコーディングの現場で感じながら作業できたことはとても刺激になりましたと語っている[4]

評価編集

ROCKIN'ON JAPAN』の高橋智樹は、自分にないものを/あなたが持っているんだ/混ぜたら危険でしょうか望むのはがっちりとハマるパズルゲーム/あなたに会えば うるさく鳴る鼓動が/不可能を可能にするというフレーズについて、アニメ『カッコウの許嫁』の物語に寄り添っているのと同時に、長屋から吉岡へ捧げられた渾身のリスペクトのようにも響いてくるとし、そんな楽曲に真っ向から応えながら、その歌詞に織り込まれたストーリーと感情をダイナミックに立ち昇らせてみせる吉岡のポテンシャルに、改めて驚きと感激を禁じ得ない。前作“まっさら”に続くオリジナル曲で新たな可能性の扉を次々に開けつつある、吉岡の現在地を克明に伝える名曲と評している[12]

シングル収録曲編集

CD
全作曲: 長屋晴子
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.「凸凹」長屋晴子長屋晴子
2.「凸凹 (tofubeats remix)」長屋晴子長屋晴子tofubeats(リミキサー)
3.「凸凹 (Aiobahn remix) - SACRA BEATS Singles」長屋晴子長屋晴子Aiobahn(リミキサー)
4.「凸凹 (Instrumental)」 長屋晴子
  • Naoki Itai
  • 緑黄色社会
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「凸凹 (Music Video)」  
2.「凸凹 (Music Video -Behind The Scenes)」  
3.「凸凹 (Recording -Behind The Scenes)」  
4.「TVアニメ「カッコウの許嫁」ノンクレジットオープニング映像」  
5.「TVアニメ「カッコウの許嫁」メインPV第1弾」  
合計時間:

チャート成績編集

週間チャート
チャート (2022年) 最高位
日本 (オリコンシングル)[13] 24
日本 (オリコンアニメシングル)[14] 9
日本 (Download Songs)[15] 62
日本 (Top Singles Sales)[16] 23

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ TVアニメ『カッコウの許嫁』オープニング 吉岡聖恵「凸凹」 ノンクレジット映像解禁”. SPICE. イープラス (2022年4月7日). 2022年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c アニメ『カッコウの許嫁』OPテーマに吉岡聖恵の新曲「凸凹」  曲の一部が聴けるPVも公開”. SPICE. イープラス (2022年1月17日). 2022年8月18日閲覧。
  3. ^ 吉岡聖恵、ニュー・シングル『凸凹』に編曲/演奏で参加した緑黄色社会メンバーとのレコーディング映像"凸凹-Recording Behind The Scenes"収録決定。ティーザー公開”. Skream!. 激ロックエンタテインメント (2022年6月1日). 2022年8月18日閲覧。
  4. ^ a b c d e 吉岡の歌を好きでいてくれる晴子ちゃんの中でしっかり見えているものを感じていたので、信頼して身を預けさせてもらいました. インタビュアー:石角友香. 激ロックエンタテインメント. Skream!.. https://skream.jp/interview/2022/06/ikimonogakari.php 2022年8月18日閲覧。 
  5. ^ a b c 吉岡聖恵(いきものがかり)、新曲「凸凹」CDシングル6/15リリース決定。TVアニメ"カッコウの許嫁"描き下ろしダブル・ジャケット仕様、DVD付属。ティーザー映像公開”. Skream!. 激ロックエンタテインメント (2022年3月17日). 2022年8月18日閲覧。
  6. ^ a b 吉岡聖恵が歌う「カッコウの許嫁」OP「凸凹」6月にCDリリース(動画あり)”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年3月17日). 2022年8月18日閲覧。
  7. ^ 吉岡聖恵、新曲「凸凹」をCDシングルで発売!ティザー映像も公開”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク (2022年3月17日). 2022年8月18日閲覧。
  8. ^ いきものがかり【公式】の2022年3月17日 午後0:02のツイート2022年8月18日閲覧。
  9. ^ 吉岡聖恵、シングル「凸凹」に緑黄色社会とのレコーディング映像の収録が決定 ティザーも公開”. SPICE. イープラス (2022年6月1日). 2022年8月19日閲覧。
  10. ^ 吉岡聖恵、ニュー・シングル『凸凹』にtofubeats、Aiobahnによるソロ初となるふたつのリミックス曲収録。レギュラー番組"いきものがかり吉岡聖恵のうたいろRadio"内で初OAも”. Skream!. 激ロックエンタテインメント (2022年6月8日). 2022年8月19日閲覧。
  11. ^ かわむらあみり (2022年6月14日). 吉岡聖恵「リスペクトし合いながら付き合えている」ご縁でできた新曲. インタビュアー:かわむらあみり. マガジンハウス. ananweb.. https://ananweb.jp/column/ongakutusin/417335/ 2022年8月19日閲覧。 
  12. ^ 高橋智樹. “ポップ化学変化の色彩と輝き-『凸凹』吉岡聖恵”. rockin'on.com. ロッキング・オン. 2022年8月21日閲覧。
  13. ^ オリコン週間 シングルランキング 2022年06月13日~2022年06月19日 21~30位”. ORICON NEWS. オリコン. 2022年8月18日閲覧。
  14. ^ オリコン週間 アニメシングルランキング 2022年06月13日~2022年06月19日”. ORICON NEWS. オリコン. 2022年6月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年8月18日閲覧。
  15. ^ Billboard Japan Download Songs | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2022年5月4日). 2022年8月18日閲覧。
  16. ^ Billboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2022年6月22日). 2022年8月18日閲覧。

外部リンク編集

  • 凸凹 - 吉岡聖恵 オフィシャルサイト