メインメニューを開く

出子(しゅつし、紀元前708年 - 紀元前698年)は、の第4代公。寧公の第三子(末子)。

出子
第4代公
王朝
在位期間 前703年 - 前698年
都城 平陽
生年 前708年
没年 前698年
寧公
魯の姫子
陵墓

生涯編集

寧公7年(前708年)、寧公と姫子の間に生まれた。

寧公12年(前704年)、寧公が死んだ。大庶長の弗忌と威塁の三父は太子(のちの武公)を廃し、末子の出子を立てて秦君とした。出子はこのとき5歳であった。

出子6年(前698年)、11歳のとき、三父らの手先に殺された。三父らは長兄の武公を君に立てた。

参考資料編集

  • 史記』(秦本紀第五)。