メインメニューを開く

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

テレビ東京の番組

出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(でがわてつろうのじゅうでんさせてもらえませんか)は、テレビ東京系列2017年4月15日より毎週土曜日 19:54 - 20:54(JST)に放送されているバラエティ番組で、出川哲朗の冠番組でもある。略称は『充電』。

出川哲朗の
充電させてもらえませんか?
ジャンル 旅番組 / バラエティ番組
演出 縫田輝久(総合演出)
井坂周二
小原孝弥
熊谷充史
鈴木拓也
出演者 出川哲朗
オープニング 夕陽に立つウルトラマン
エンディング ありがとう(井上陽水、奥田民生)[注 1]
トランプス・ディスコのテーマ(Trammps Disco Theme)
プロデューサー 平山大吾(テレビ東京)
梅原高実(UNION
制作 テレビ東京
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
充電させてもらえませんか?
~ちょいと電動スクーターでガチ40キロ刻み旅
(パイロット版)
出演者 けみお
ダイアモンド✡ユカイ
デヴィ夫人
放送期間 2014年8月4日 - 8月25日
放送時間 毎週月曜日 23:58 - 翌0:45
放送枠 ソコアゲ★ナイト
放送分 47分
回数 4
公式サイト
充電させてもらえませんか? 第2弾
(スペシャル特番第1回)
出演者 ダイアモンド✡ユカイ
武井壮
眞鍋かをり
春日俊彰
中山エミリ
放送期間 2014年12月31日
放送時間 水曜日 11:00 - 13:25
放送分 145分
回数 1
公式サイト
充電させてもらえませんか? 第3弾
(スペシャル特番第2回)
出演者 千秋
濱口優
放送期間 2015年12月30日
放送時間 水曜日 11:30 - 14:00
放送分 150分
回数 1
公式サイト
充電させてもらえませんか? 第4弾
(スペシャル特番第3回)
出演者 鈴木奈々
放送期間 2016年6月18日
放送時間 土曜日 18:30 - 19:54
放送枠 土曜スペシャル (テレビ東京)
放送分 84分
回数 1
公式サイト
充電させてもらえませんか? 第5弾
(スペシャル特番第4回)
出演者 ウド鈴木
堀内健
放送期間 2016年7月31日
放送時間 日曜日 21:00 - 22:42
放送分 102分
回数 1
公式サイト
充電させてもらえませんか? 第6弾
(スペシャル特番第5回)
出演者 上島竜兵
放送期間 2016年12月17日
放送時間 土曜日 18:30 - 20:54
放送枠 土曜スペシャル (テレビ東京)
放送分 144分
回数 1
公式サイト
充電させてもらえませんか? 第7弾
(スペシャル特番第6回)
出演者 上島竜兵
蛭子能収
放送期間 2017年1月1日
放送時間 日曜日 10:00 - 12:00
放送分 120分
回数 1
公式サイト
出川哲朗の充電させてもらえませんか?
(レギュラー放送)
放送期間 2017年4月15日 - 現在
放送時間 毎週土曜日 19:54 - 20:54
放送分 60分
公式サイト
テンプレートを表示

充電させてもらえませんか?』(じゅうでんさせてもらえませんか?)と題して第1弾がテレビ東京系『ソコアゲ★ナイト』月曜枠にて2014年8月4日から8月25日まで4週連続で放送された後[1]、第2弾から第7弾が特番として2014年12月から2017年1月にかけて年末年始や『土曜スペシャル』枠などにて不定期で放送。2015年の年末に放送された第3弾の視聴率が同時間帯での全局1位を記録し、2017年4月に出川哲朗ゴールデン帯初の冠番組として“日本全国縦断!47都道府県全制覇”を目標にレギュラー化された[2][3]

概要編集

「電動バイクでニッポンを縦断する人情すがり旅!」をキャッチフレーズに、出川哲朗と同行ディレクターが、約2時間のフル充電で20キロ程度の走行が可能な電動バイクに乗って、行く先々で出会う人達に「充電させてもらえませんか?」とバッテリー充電をお願いしながら目的地を目指し、ゲスト・ライダーも交えて旅をする番組[4]。都会ではない地方での収録が多い。

2018年7月14日放送回では視聴率が特番時代を含めて歴代最高の13.2%(19:00 - 20:54の第2部)を記録[5][6]、2018年7月クールの平均視聴率も2桁を記録するなどの状況に、テレビ東京の小孫茂社長も本番組を高く評価した[7]

2018年11月17日には、テレビ東京55周年”テレ東ぜんぶ見る大作戦WEEK”に合わせて初の海外進出企画『出川哲朗の充電させてもらえませんか?ザ・ワールド!3時間半SP』(レギュラー放送スペシャル回)を放送[8]、番組最長の3時間半SPとなった。

ルール編集

  • バイク乗車時は全員、スイカ柄のヘルメットを着用する。
  • テレビ撮影であっても飲食店等で順番の割り込みをせず客を優先し静かにロケを行う。
  • 沿道の店舗や民家、宿泊先などで充電をしながら目的地を目指す。当初は、誰か1台の電池が切れてから充電場所を捜していたが、次第に電池の残量があっても要所要所で充電するようになった。そのことで、土地の人たちとの交流場面も増えた。沿道の住民によるサインや記念撮影は断らず快く引き受ける。
  • バッテリー残量表示が0%になった時、バイクが止まった時は他のライダーに申告する。
  • 電池が切れてしまったバイクのライダーは、自分で充電場所まで押して行く。他のライダーや番組スタッフによるフォローはない。
  • バイクと徒歩以外の交通手段は使用しないが、フェリー使用によるルートの短縮は可能。
  • 良い映像が撮れない場合は撮り直したり、後日撮った映像を流したりする場合がある。
  • 食事はコンビニや大手チェーン、スーパー、ショッピングモールは避けている。どの店に行くかは近隣住民の聞き込みで決まる場合も多い。
  • 充電場所は、施設や店舗[注 2]、民家などで行っている。充電の代わりに商品を買ったり客の呼び込み、作業や片付けを手伝う場合もある。
  • 基本的にアポなしなので出川が撮影許可交渉をし、その後「コンセント貸して頂けませんか?」「今日お部屋空いてますか?」などと充電や宿泊の交渉をする。断られた場合は店長・社長・支配人クラスと交渉するか素直に諦める。目的地の神社仏閣などは予め許可を得ている場合がある。
  • 宿泊はホテル旅館民宿のほか、民家での宿泊も可能[注 3]
  • お世話になった民家、施設や店舗を出る時は関係者と記念撮影、サインや特製シールを手渡し、お見送りを受ける。

出演者編集

出川と同行ディレクターの2人で走行するのを基本とする。第2弾より、ゲストがライダーとして合流して3人で走行、場合によってはエンディングまで参加する場合がある。走行中の映像[注 4]は演出上の必要最小限にとどまり、充電時などでの出演者と出会った方々との交流をメインに進行していく。

走行時の並びは通常 出川(リーダー)、ゲスト、同行ディレクター の順。ただし、電池が切れて止まってしまったバイクは隊列から外れる。そのため、出川やディレクターのバイクが電池切れになった場合には、ゲストがひとりで走行して、充電場所を捜す場合もある。

リーダー編集

出川哲朗
番組のメイン出演者。
  • 走行時の隊列では、基本的に先頭を走る。
  • 発言時に言葉を噛んでも、ゲストを含めて誰もそれに突っ込まないで進行する。初期の頃は、字幕表記では正しい表現に直していたが、後に出川の発した通りの言葉そのままで表記するようになった。
  • 運転中に番組のテーマソングである「さすらい」などの歌を口ずさむことがよくあるが、ほとんどの歌詞はうろ覚えである。自身でも自覚しており、番組中に「歌はメロディ派で、どんなに好きな歌でも歌詞は覚えられない」と発言している。
  • 道中などで出合った一般の人たちやゲストからリアクションを求められて応じる場合のほか、自らもゲストや一般の人たちにリアクションへの前振りを促すこともある。
  • 同行ディレクターの名前には基本的に、「さん」を付けるが、やりとりによっては「あんた」呼ばわりをすることもある。初期には縫田ディレクターのことを「縫田君」と呼んでいたが[注 5]、第2弾からは「縫田さん」と変えていた。
  • レギュラー放送以前は番組のタイトルもうろ覚えで、「充電させてください」などと誤ったままで進行していた。充電のお願いなどする際には番組名を出さないで、「充電バイクで旅をしているんですけど」と説明する場合が多い。レギュラー化以降は、スイカヘルメットの出川を見て相手の方から「ああ、充電?」と言われることもあり、番組名や趣旨を説明しないで済む場合もある。
  • 番組では「やばいよ、やばいよ」を出川の専売特許としてサブタイトルやイラストに使用しているが、実際の会話の中では「やばい、やばい」と言っている。ただし、記念撮影の際などには「やばいよ、やばいよ」と言っている。
  • 充電が切れた時や、残念な事が起きた場合には、「オ~マイ、ガー」と叫ぶことが多い。
  • 充電させてくれたお礼などで店舗や個人を称える場面では、「○○バンザ~イ」と演出することが多い。
  • レギュラー化以降、当番組を自身が60歳(2024年)になるまでは続けたいと度々発言している[9]
  • 2017年9月6日に胆管炎で入院したが、9月29日から10月1日まで行った10月21日放送回のロケには復帰していた[10]
  • 2017年12月23日放送回初日の夜にパチンコ屋で充電して店を出たところで、TBS系の『クイズ☆正解は一年後』で昨年に出題された問題 〈2017年セ・パどちらが日本一になるか〉 に出川が解答した答えの結果発表を行う収録があり、予想を外して不正解だったために罰ゲームとして獣神サンダーライガーからビンタを受けた[11]。そのため、出川の右頬が少し腫れたがビンタの入りどころがよかったらしく、特にその後の撮影において支障はなかった。当番組の方が先に放送されるため、番組内では特に言及しなかった。
  • 2018年7月14日放送回最終日、ゲストは明石家さんまだったが、「東京から3時間半かかる山形までさすがに来ないだろう」という出川の思いを逆手に取り、出川がロケでさんまに出会うまで“完全極秘”で進められた。ロケ当日に大石田町の最上川千本だんごで、スイカヘルメットを発見した出川は、さんまが振り向いた瞬間、腰を抜かして崩れ落ちた[12]
  • 2019年11月23日放送回冒頭で、第36回『ベストジーニスト2019』の「協議会選出部門」を番組のお陰で受賞したと語った[13]

ゲスト編集

  • 第1弾はスタジオゲストである「見届け人」(けみおダイアモンド✡ユカイ[注 6]デヴィ夫人)のみ。ちなみに、出川の事は「充電トラベラー」と称した。
  • 走行時の隊列では通常、出川と同行ディレクターとの間に入る。
  • 他の2人の電池が切れた場合は先導して充電場所を探して、交渉もゲストが行う。
  • バイクの電池が切れた際には、充電場所までゲストが自分でバイクを押して歩く。
  • 多くは旅の途中で離れるが、目的地まで同行する場合もある。

同行ディレクター編集

走行時は一番後。胸付近にカメラを付けており、同行ディレクター視点からの映像が流れる場合に使用。バイク走行中に出川が安全に旅するためのナビゲーターとしての役割を持っている[17]。バイクにカメラを付けてリュックも背負っている状態のため、重量が重いようで、3台の中で一番最初にバッテリーが切れることが多く、徒歩で充電場所まで追いかけることが多い。
()内は、同行ライダーとしての登場弾。

縫田輝久 (1-4、6-9、11、13-15、17、19、21-22、24、26-27、29-31、34、36、38、41、43-44、46-47、49-50、52、54-55、59-60、62-63、65、67-69)
番組開始当初から出演し、登場回数も一番多い。2017年5月13日(第9弾後半)放送回より総合演出。
  • 1971年生まれ[18]
  • 土方とは長い付き合いとDVD第1弾の中で語り、ともに同じテレ東の『YOUは何しに日本へ?』も担当している[19]
  • 出川に対しては、ツッコミ役。ただし、出川が言葉を噛む事に関してあえてツッコミを入れず、テロップで噛んだ箇所をそのまま画面に表示している。[20]
  • 体格が良い上に機材を背負っているため、一番最初にバッテリーが切れてバイクを押して充電場所まで追いかけることが多い。しかし、脚力が強いのか、追いつくのも早い。
  • 元々、番組に出演する予定ではなかったが、上司の一声で出演することになった[注 9]
  • ゴジラvsビオランテ』にエキストラで出演する等、人前に出ることは嫌いな方ではない[注 10]
  • 入浴時は、手ぬぐいを鉢巻にするスタイルが多い。
  • 各地域の情報やうんちくに詳しく、頼りになる反面、デリカシーのない発言をして出川に指摘されることがある[注 11]
  • 帽子マニア[注 12]
  • 高所恐怖症[注 13]
  • 涙もろい。
    • 2016年6月18日放送回では、ゴールの山梨県富士河口湖町天上山(通称カチカチ山)から見た富士山を見て感涙し、出川とゲストライダーの鈴木奈々を困惑させ、出川から「タレントより先にディレクターが泣いちゃダメ」と言われた。
    • 2017年4月15日放送回では、レギュラー化決定を出川に報告した際本人が喜んだのを見て号泣し、出川から「演技でしょ」と言われた。
    • 2017年6月17日放送回では、青森県弘前市にてオートバイのサーカスを見ていとうあさことともにパフォーマンスに感涙した。
  • きれいな女性ゲストには挨拶時、握手をする[注 14]。2017年9月30日放送回では逆に、ゲストのオカリナとキスをする流れになりそうになるのを本気で拒否した。
土方教裕 (2、5、10、12、18、20、23、28、32、35、37、40、51、56、61、64、70)
縫田が不在時に同行する番組のディレクター。演出を担当する回もある。
  • 初出演となった2014年12月31日放送回では、別番組の取材でメキシコに行くためにロケ3日目の朝に清水港で縫田演出(当時)と同行ディレクター役を交代した。
  • マツコ・デラックスとは旧知の仲で、『無理矢理、マツコ。』も担当した[21]
  • 縫田とは異なり番組での発言は少なく、気の利かない面があり、ポンコツな言動を発揮する事が少なくないので、出川がツッコミ役に回ることが多い。
    • 初登場となった2014年12月31日放送回で、番組のタイトルを言えなかった。
    • 2014年12月31日放送回で、2泊目の宿泊先がルートから遠くなるのに指摘できず、3日目の朝に出川から指摘された。
    • 2017年7月1日放送回2日目に小布施温泉で入浴時、出川とますだおかだの岡田を差し置いて3人の真中に座り、カメラマンの川島から注意を受けた。
    • 2017年7月1日放送回のゴールである上田城に出川よりも先に行ってしまい、出川から「タレントよりもディレクターが先に歩いちゃダメ!」と突っ込まれていた。これは、声が擦れてしまった出川のために、エンディングを早く済ませようとする気持ちから先走った行動であった。
    • 2017年7月1日放送回で、声が擦れてしまった出川に対して、「番組のエンディングは僕に任せて下さい」と言ったにも関わらずぐだぐだになってしまった。
  • 充電が切れても何も言わないので、出川たちに気づかれずにいなくなる事が少なくない。
    • 2017年10月21日放送回で、充電切れを起こしたのに知らせなかったので、出川が気づかないまま先に行ってしまった。
    • 2019年2月23日放送回では、出川に気づかれないまま2度も一人だけで充電を行った。
  • 縫田が出演時は裏方として同行していることがあり、カメラに見切れたり[注 15]出演[注 16]することがある。
  • 2018年7月21日放送回では、終盤に充電切れを起こしたが別の場所で充電していた出川達には追いつけず、別のお宅で充電させてもらって出川達を追いかけたが結局間に合わず、ゴールの成田山新勝寺で出川達がエンディングの収録を終えた後に合流する事ができた。
熊谷充史 (16、25、33、39、42、45、48、53、57-58、66、71)
縫田・土方が不在時に同行。番組の演出として、レギュラー放送開始後から参加。
  • 2017年9月9日放送回が、同行ディレクターとしての初出演。
  • 2017年9月9日放送回1日目の宿探しの際、遠くにあったホテルの看板を裸眼で発見する等、他の同行ディレクターと比べて視力が良い。
  • 同行ディレクター3人の中では一番身軽らしく、ほとんど電池切れを起こした事が無い。
  • 2019年5月18日放送回(第57弾)では、ロケ当日の直前にぎっくり腰を発症した為、冒頭の挨拶のみでリタイアした。
谷川翼(57)
当初、同行予定だった熊谷ディレクターがぎっくり腰を発症した為、急遽、出川から同行ディレクター代理として指名された。レギュラー放送開始後からADとして参加。
  • 番組内では「メガネ君」と出川などから呼ばれていた。

その他編集

衣装編集

出演者は、スイカメットと呼ぶ緑と黒のスイカ模樣をあしらったカバーのハーフヘルメットオーバーオールパーカーまたはTシャツ。寒い時期は「出川組」と縫ってあるジャケットを防寒着として着用、雨の場合は青・水色系や白の合羽を着て走行している。

ゲスト用はスイカが欠けて中身が見えた模様のヘルメットを被り、基本的に暑い季節でもパーカーを着用している。[注 17]

ちなみに出川と同行ディレクターが使用しているヘルメットは代々手づくりで、スイカ柄のビーチボールをドライヤーで広げてヘルメットに貼り付けている。[25]

出川は特番第1弾でゴーグル、第2弾では出発時当初メガネをして走行していたが、途中から外している。その後はゴーグル・メガネなしで走行している。[注 18]

なお、パーカーは表が「まんたん」(白地)または「YABAIYO! YABAIYO!」(グレー地)裏が「JYU-DEN PLEASE!」と印刷されている。

電動バイク編集

  • 電動バイクのナンバーはヤマハ発動機の本社がある磐田市ナンバーである。
    • 磐田市ま8801:出川
    • 磐田市ま8802:同行ディレクター
    • 磐田市ま8803:通常ゲスト
    • 磐田市ま8800:スペシャルゲスト[注 19]
  • 家庭用電源で充電可能(約2時間で満タン)なため、番組では電源(コンセント)を提供してもらい充電を行いながら走行する。
  • 開始当初、出川哲朗達は「電動スクーター」と呼称していたが、その後は「電動バイク」、「充電バイク」へと変化している。
  • 一度の充電で約20キロ(初代は約40キロと表示)走ることができるが、ライダーの体重も含めた積載が重いほど電池が早く消費されるので一律ではない。そのため、縫田ディレクターが同行の際には機材を背負っている事もあり、一番最初に止まる事が多い。
  • 0%でも多少走る旨がテロップにて説明されることが多い。
初代:ヤマハ・EC-03〈ゼロエミッション・エレクトリック コミューター〉
第1弾・第2弾で使用。使用カラーは第1弾がホワイトのみ、第2弾は出川とゲストがホワイト、同行ディレクターがベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)。満充電で3時間、80%充電で2時間と後車のバイクより電池の容量が多く、充電する時間がかかった。一度の充電(80%充電)でおよそ25〜30キロ走行可能。充電する場合はバイクまで電源を延ばす必要があった。
現役:ヤマハ・E-Vino〈お洒落なスタイリングのレトロポップ・ファッションスクーター〉
第3弾以降およびレギュラー時に使用。[26]使用カラーはビビッドイエローイッシュレッドメタリック1(オレンジ/ホワイト)のみ。バッテリー1つでおよそ20キロ使用可能。当初は本バッテリーと予備バッテリーの2本を使用していたが、後に予備バッテリーを使用していない。バッテリーは脱着式で、離れた室内などでも充電可能である。2017年11月18日放送回から出川用バイクのシートカバーをスイカ柄にヤマハが特注で作り提供した。
海外:Askoll eSpro - Configura eSpro
第44弾『ザ・ワールド!イタリア編』で使用。使用カラーはホワイト。1回3時間の充電で、およそ30キロ使用可能。上り坂に強く、下り坂で走りながら充電ができる。日本車よりモーター音が大きく、バッテリーが重い。0%表示から充電が切れるまでの時間が短い。

使用曲編集

1960年代から2000年代までの、懐かしいTV番組やアニメのテーマ曲のほか、幅広い様々な曲が使用されている。

特定の場面や状況に応じ固定化された選曲の他に、訪問先の地名や施設名、人名や食べ物の名前などを、その曲名や歌詞、歌手名[注 20]などに絡めたお遊び的な選曲(ダジャレBGM)がよく使われる。

テーマソング編集

  • さすらい - 番組ではスピッツによるカバーバージョン(『奥田民生・カバーズ』『おるたな』に収録)を使用。休憩・充電後の再出発時、提供画面、などで使用されている。特番第1弾はオープニングにも使用。2017年12月23日放送は奥田民生のオリジナル版も途中流れた。
  • ありがとう(井上陽水奥田民生) - 目的地に着いた時に使用(特番、レギュラー放送はスペシャル版・通常放送後編のエンディングに使用)。

特定の場面に使用されている曲編集

特定回で使用されている曲編集

放送回リスト編集

※複数回出演ゲストライダーは太字 (○数字は登場回数)

ソコアゲ★ナイト月曜枠(2014年)編集

『“充電させてもらえませんか?”~ちょいと電動スクーターでガチ40キロ刻み旅』

スペシャル特番(2014年~2017年)編集

『充電させてもらえませんか?』

レギュラー放送(2017年~)編集

『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』
※2017年5月13日(第9弾後半)放送回より縫田輝久が「総合演出」。
※2018年9月1日(第39弾)放送回より小平英希が「演出・プロデューサー」。
※視聴率に関してはビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

2017年(平成29年)編集

2018年(平成30年)編集

2019年(平成31年→令和元年)編集

全国47都道府県制覇への軌跡編集

 ※○数字は登場回数。

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 脚注
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 土曜 19:54 - 20:54 制作局
愛知県 テレビ愛知(TVA) 同時ネット
岐阜県 岐阜放送(GBS) 独立局
滋賀県 びわ湖放送(BBC)
奈良県 奈良テレビ(TVN)
和歌山県 テレビ和歌山(WTV)
北海道 テレビ北海道(TVh) テレビ東京系列 不定期放送 遅れネット [注 512]
[注 513]
[注 514]
大阪府 テレビ大阪(TVO) [注 512]
[注 513]
[注 515]
[注 516]
[注 517]
岡山県
香川県
テレビせとうち(TSC) 同時ネットまたは同時刻での遅れネット[注 518] [注 513]
[注 514]
福岡県 TVQ九州放送(TVQ) 日曜 13:00 - 14:00 遅れネット [注 519]
[注 520]
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 土曜 12:00 - 12:54[28] [注 521]
[注 522]
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) フジテレビ系列 土曜 15:00 - 15:55 [注 523]
宮城県 東日本放送(KHB) テレビ朝日系列 土曜 12:00 - 12:55 [注 524]
[注 525]
秋田県 秋田テレビ(AKT) フジテレビ系列 不定期放送
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) 土曜 13:00 - 14:00
福島県 福島テレビ(FTV) 土曜 16:00 - 16:55 [注 526]
山梨県 テレビ山梨(UTY) TBS系列 不定期放送
新潟県 新潟放送(BSN) 日曜 16:00 - 16:54 [注 527]
長野県 信越放送(SBC) 土曜 12:10 - 13:05 [注 528]
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日本テレビ系列 土曜 0:30 - 1:25(金曜深夜) [注 529]
富山県 北日本放送(KNB) 土曜 12:00 - 12:55 [注 530]
石川県 北陸放送(MRO) TBS系列 不定期放送 [注 531]
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列 不定期放送
三重県 三重テレビ(MTV) 独立局 不定期放送
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ(TSK) フジテレビ系列 水曜 0:25 - 1:20(火曜深夜) [注 532]
広島県 テレビ新広島(tss) 不定期放送
山口県 山口放送(KRY) 日本テレビ系列 不定期放送
愛媛県 南海放送(RNB) 土曜 13:50 - 14:50 [注 533]
[注 534]
高知県 テレビ高知(KUTV) TBS系列 不定期放送
佐賀県 サガテレビ(STS) フジテレビ系列 日曜 12:00 - 13:00
長崎県 長崎文化放送(NCC) テレビ朝日系列 日曜 0:30 - 1:30(土曜深夜) [注 535]
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 日曜 13:00 - 13:54 [注 536]
[注 537]
[注 538]
[注 539]
[注 540]
大分県 大分朝日放送(OAB) テレビ朝日系列 不定期放送
宮崎県 宮崎放送(MRT) TBS系列 土曜 15:00 - 16:00 [注 541]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列 不定期放送
沖縄県 琉球放送(RBC) TBS系列 月曜 23:59 - 翌0:59 [注 542]
[注 543]
  • あくまで全編ローカルセールス枠の番組のため、通常時同時ネット局であっても、局の編成の都合により臨時に遅れネットもしくは非ネットとすることがある。
  • 2時間半スペシャルの場合、テレビ東京では遅れネット局向けに編集した「前編・後編」1時間ずつのバージョンも用意しており、放送局によってはこれを2週に分けて放送するか、2時間まとめて放送する場合がある。[注 544]
  • 3時間半スペシャルの場合も2時間半スペシャル同様、遅れネット局向けに編集した「前編・中編・後編」1時間ずつのバージョンも用意しており、放送局によってはこれを3週に分けて放送するか、3時間まとめて放送する場合がある。

この他にも、局の放送エリアが目的地あるいはルートに含まれている回のみを単発で放送する(した)局がある。

このほか、台湾でも国興衛視で「歐兜邁冒險趣」というタイトルで放送している。

関連商品編集

DVD編集

いずれも、発売元:テレビ東京、販売元:バップ

トミカ編集

  • ドリームトミカ 出川哲朗の充電させてもらえませんか? ヤマハ E-Vino(2019年3月30日発売)[29]
    • 出川の乗るバイクを製品化したもので、スイカヘルメットの小型レプリカも附属。
    • 店舗によってはヘルメットをディスプレイできる紙製スタンドも配布されている。

関連企画編集

パルコ編集

「出川哲朗の充電させてもらえませんか? リアルガチショップ!」
2019年7月19日からパルコ池袋店、ひばりが丘店、松本店、札幌店を巡回開催の形で、番組のオフィシャルグッズやパルコ特製限定グッズの販売を行った[30]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ “出川哲朗、電動スクーターで珍道中 人情だけが頼り”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年8月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2040592/full/ 2017年4月9日閲覧。 
  2. ^ “出川哲朗 ゴールデンで初の冠番組「タモリさんをぶっ倒します」”. スポーツニッポン. (2017年2月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/24/kiji/20170224s00041000168000c.html 2017年2月24日閲覧。 
  3. ^ “出川哲朗『充電させてもらえませんか?』がレギュラー化!最終目標は“海外””. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2017年2月24日). http://dogatch.jp/news/tx/43435 2017年4月9日閲覧。 
  4. ^ “「言い続けていれば夢は叶う」出川哲朗初のゴールデン冠レギュラーがテレ東で”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年2月24日). http://natalie.mu/owarai/news/222071 2017年4月9日閲覧。 
  5. ^ “「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」SPは番組最高13・2% さんまゲストで初の2ケタ到達”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年7月17日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180717-OHT1T50094.html 2018年7月20日閲覧。 
  6. ^ “テレ東にさんま出演「出川哲朗の充電-」13・2%”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年7月17日). https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/201807170000405.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA 2018年7月20日閲覧。 
  7. ^ 定例社長会見:株式会社テレビ東京”. www.tv-tokyo.co.jp. 2018年10月14日閲覧。
  8. ^ “今年もたけしがテレ東ジャック 昨年は生放送ドタキャン騒動も「異様な反響」”. livedoor NEWS (livedoor). (2018年10月25日). http://news.livedoor.com/article/detail/15497399/ 2018年11月1日閲覧。 
  9. ^ “出川哲朗が“リアルガチ”トーク!「リアルな話、芸風は何も変えてないからブームなのが不思議!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年7月15日). https://thetv.jp/news/detail/114952/p2/ 2019年11月23日閲覧。 
  10. ^ “出川哲朗、急性胆管炎で入院「めちゃめちゃ痛い」”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2097045/full/ 2019年11月23日閲覧。 
  11. ^ “『クイズ☆正解は一年後』2017年の放送内容”. TBS番組表 (TBSテレビ). https://www.tbs.co.jp/quiz_ichinengo/bknm2017.html 2019年11月23日閲覧。 
  12. ^ “<明石家さんま>34年ぶりテレ東出演 出川哲朗の熱烈オファーで“充電旅”出演”. MANTANWEB (MANTAN(株式会社毎日新聞ネットの完全子会社)). (2018年7月1日). https://search.yahoo.co.jp/amp/s/mantan-web.jp/amp/article/20180701dog00m200000000c.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA 2018年7月20日閲覧。 
  13. ^ “出川哲朗、まさかの『ベストジーニスト』受賞「リアルに驚いてます!」”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年10月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2146621/full/ 2019年11月23日閲覧。 
  14. ^ “明石家さんま、34年ぶりテレ東出演…出川のオファーが奇跡を起こした!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年7月1日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180629-OHT1T50145.html 2018年7月20日閲覧。 
  15. ^ 電動バイクの普及促進事業 - 東京都地球温暖化防止活動推進センター
  16. ^ 鹿児島の旅 出川哲朗 俺の女の口説き方 04.05.2018
  17. ^ “「充電させてもらえませんか?」が1周年!天才・出川哲朗の魅力を引き出す演出術”. 週刊TVインターネットTVガイドDaily (東京ニュース通信社). (2018年4月26日). http://www.tvguide.or.jp/column/tvguideshinsho/20180504/ 2018年7月15日閲覧。 
  18. ^ “「充電させてもらえませんか?」が1周年!天才・出川哲朗の魅力を引き出す演出術”. インターネットTVガイドDaily (東京ニュース通信社). (2018年4月26日). http://www.tvguide.or.jp/column/tvguideshinsho/20180504/ 2018年7月15日閲覧。 
  19. ^ “「縫田ディレクターが告白「出川さんとは本気でケンカしています(笑)」:出川哲朗の充電させてもらえませんか?”. テレ東プラス (テレビ東京). (2018年10月11日). https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2018/018073.html 2019年8月12日閲覧。 
  20. ^ “「充電させてもらえませんか?」が1周年!天才・出川哲朗の魅力を引き出す演出術”. インターネットTVガイドDaily (東京ニュース通信社). (2018年4月26日). http://www.tvguide.or.jp/column/tvguideshinsho/20180504/ 2018年7月15日閲覧。 
  21. ^ “「出川さんは、さんまさんとテレ東の間を取り持つ“奇跡のキューピッド””. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年7月11日). https://thetv.jp/news/detail/153959/p2/ 2019年8月12日閲覧。 
  22. ^ AH嗚呼 Official(YouTube公式チャンネル)
  23. ^ 2012年12月10日放送ファミリーヒストリーにて
  24. ^ さんまのまんまの2016年6月10日放送に出川がゲスト出演した時に去年亡くなったと発言。最後のテレビ出演は2015年8月23日のおしゃれイズムだった。
  25. ^ “出川哲朗の“充電旅”:テロップ量は通常の3倍、BGMに使命感…番組Pが明かす制作の裏側”. MANTANWEB (株式会社MANTAN(株式会社毎日新聞ネットの完全子会社)). (2018年6月23日). https://mantan-web.jp/article/20180622dog00m200065000c.html 2018年7月15日閲覧。 
  26. ^ 電動スクーター「E-Vino」体験イベント8月2日までやってま〜す♪ 渋谷ロフトにGO!”. Yamaha Motor Life. ヤマハ発動機 (2016年7月20日). 2017年4月9日閲覧。
  27. ^ a b c 番組公式twitter情報
  28. ^ 青森テレビ 2017年10月番組案内
  29. ^ ドリームトミカ|出川哲朗の充電させてもらえませんか? ヤマハ E-Vino - 株式会社タカラトミー
  30. ^ 出川哲朗の充電させてもらえませんか?リアルガチショップ!全国のパルコにて巡回決定! - PR TIME

関連項目編集

外部リンク編集