出海村(いずみむら)は、1954年昭和29年)まで愛媛県喜多郡にあったであり、現在の大洲市の北西端、伊予灘に面した農漁村であった。

いずみむら
出海村
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 新設合併
喜多灘村長浜町櫛生村出海村大和村白滝村長浜町
現在の自治体 大洲市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
喜多郡
団体コード 消滅時制度なし
総人口 1,224
(1921年)
隣接自治体 櫛生村磯津村日土村(廃止時)
出海村役場
所在地 制度なし
愛媛県喜多郡出海村
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の大洲市の北西端部。北西は伊予灘に面している。背後には山が迫り、南に耳取峠を境として日土村と接する。東は鶴首峠を境として大和村豊茂に接する。海岸線に沿って東に櫛生村、西に磯津村。当村の付近は中央構造線近くの断層崖海岸が続き、平地は乏しい。中心に尾中川、土居川、野田川などの小河川により形成された三ケ月状砂浜が小規模ながら形成され、民家もこの付近に集中している。

歴史編集

古代 - 中世

戦国時代に水上城主であった兵頭石見守直政が、天正13年に豊臣秀吉の四国征伐に伴い、小早川隆景の軍勢によって開城され、当地の庄屋になったと伝えられる。

藩政期

  • はじめ大洲藩領。粟津郷。
  • 元和9年 - 新谷藩の分知により新谷藩領。なお、旧長浜町で新谷藩領は出海と今坊の2村であった。

明治以降

  • 1875年(明治8年) - 泉学校開設
  • 1889年(明治22年) 12月15日 - 市制・町村制実施により、出海村の一村がそのまま出海村として存続。喜多郡に属す。
  • 1912年(大正元年) - 電灯ともる
  • 1955年(昭和30年) 1月1日 - (旧)長浜町、喜多灘村大和村櫛生村白滝村との合併により、新たな長浜町となる。
出海村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)
            町村制施行時
出海   ━━━━━━ 出海村 ━━━━━━━━━━━━┓ 
                            ┃(昭和30年1月1日)
                          長浜町  ━━━┫     
                     喜多灘村 ━━━┫━━ 長浜町       
                    櫛生村  ━━━┫
                    大和村  ━━━┫     
                    白滝村  ━━━┛
 
(注記)長浜町ほかの合併まで、および長浜町の平成の合併の系譜については、それぞれの町村の記事を参照のこと。

地域編集

集落は、出海の1つのみ。 中心部に行政施設、教育施設などがこぢんまりと立地している。東隣の櫛生村同様、明治の市制・町村制度施行の際にも一村がそのまま村となった。その後長浜町になっても大字として受け継がれた。平成の合併により大洲市となって、大字は省かれるようになった。

行政編集

役場

教育編集

産業編集

商業
  • 出海酒造合資会社 - 本店又は主な事務所所在地・出海村[1]。主な業務・和酒醸造[1]
農業
  • 農産物では、雑穀柑橘等を産する。『大日本篤農家名鑑』によれば出海村の篤農家は、「耳塚源次郎」のみである[2]
漁業

医療編集

  • 木下愛水(医師)[3]

交通編集

最寄り駅は国鉄予讃本線伊予長浜駅。長浜と当村さらには磯津とを結ぶバス路線がある。

出身者編集

  • 平田巻太郎(農業、社寺総代、区長、部落総代)[4]
  • 兵藤正人(郵便局長、政治家・村会議員、村長)[5]

脚注編集

  1. ^ a b 『愛媛県会社並ニ工場通覧 昭和10年12月末日現在』愛媛県総務部統計課 編、1936年、28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月19日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年、100頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月17日閲覧。
  3. ^ 『愛媛県人物名鑑 第2輯 喜多郡、上浮穴郡、伊予郡之部』海南新聞社、1923年、喜多郡きの部116頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月19日閲覧。
  4. ^ 『愛媛県人物名鑑 第2輯 喜多郡、上浮穴郡、伊予郡之部』海南新聞社、1923年、喜多郡ひの部133頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月19日閲覧。
  5. ^ a b 『愛媛県人物名鑑 第2輯 喜多郡、上浮穴郡、伊予郡之部』海南新聞社、1923年、喜多郡ひの部134頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月19日閲覧。
  6. ^ 『愛媛県人物名鑑 第2輯 喜多郡、上浮穴郡、伊予郡之部』海南新聞社、1923年、喜多郡み、しの部127頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月19日閲覧。

関連項目編集