出町

日本の富山県東礪波郡にあった町

出町(でまち)は、かつて富山県東礪波郡にあった。現在の砺波市中心部の出町地区にあたる。

出町
廃止日 1952年4月1日
廃止理由 新設合併
出町油田村中野村庄下村五鹿屋村林村砺波町
現在の自治体 砺波市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
東礪波郡
隣接自治体 林村、油田村、庄下村、五鹿屋村、東野尻村鷹栖村
西礪波郡若林村
出町役場
所在地 富山県東礪波郡出町
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い礪波郡杉木新村、太郎丸村、大辻村、大辻新村、深江村、神島村、中神村、鷹栖出村、杉木村(一部)が合併し、出町が発足。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 郡が分割され東礪波郡に所属。
  • 1952年昭和27年)4月1日 - 東礪波郡油田村、中野村、庄下村、五鹿屋村、林村と合併し、砺波町となり消滅。

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集