メインメニューを開く

出発の歌 -失なわれた時を求めて-』(たびだちのうた -うしなわれたときをもとめて-)は、1971年11月にリリースされた上條恒彦の3枚目のシングルである。

出発の歌 -失なわれた時を求めて-
上條恒彦シングル
A面 出発の歌 -失なわれた時を求めて-
(上條恒彦+六文銭
B面 アルカディア
(上條恒彦)
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル キングレコード
作詞・作曲 及川恒平(作詞#1)
かぜ耕士(作詞#2)
小室等(作曲#1, #2)
チャート最高順位
上條恒彦 シングル 年表
さとうきび畑
(1971年)
出発の歌
1971年
だれかが風の中で
(1972年)
テンプレートを表示

解説編集

元々、ヤマハ音楽振興会主催「第2回世界歌謡祭」選考の「合歓ポピュラー・フェスティバル」に、小室等率いる六文銭と上條恒彦は別々にエントリーしていたが、キングレコード・ディレクターの三浦光紀が、小室等にそれぞれ1曲ずつ作曲を頼んでいたものの当日までに1曲しか仕上げられなかったことから、急遽一緒に組んで参加することになったという。[1]

結果、第2回世界歌謡祭でグランプリを受賞した。シングルのA面は上條恒彦+六文銭名義。

「出発の歌」の作詞は、元々は別の人間が書く予定だったが締め切りに間に合わず、「第2回世界歌謡祭」選考の「合歓ポピュラー・フェスティバル」に向かう新幹線の中で、急遽及川恒平が作詞したもの。[1]

「出発の歌」は累計で70万枚を売り上げた。[2]

収録曲編集

  1. 出発の歌
  2. アルカディア
    • 作詞:かぜ耕士、作曲:小室等、編曲:木田高介・小室等

脚注編集

  1. ^ a b 富澤一誠著「青春のバイブル 魂を揺さぶられた歌」シンコーミュージック、1993年、98頁。ISBN-10: 4401614135。
  2. ^ 長田暁二『昭和歌謡 流行歌からみえてくる昭和の世相』敬文舎、2017年、153頁。ISBN 978-4-906822-76-8