メインメニューを開く
窯元のたたずまい

出西窯(しゅっさいがま)は島根県出雲市斐川町出西にある窯元。また、そこで焼かれる陶器

概要編集

袖師や丹波、益子、唐津などで修行を積んだ地元出身の5人の青年によって開かれた。1947年の開陶と歴史は浅いが、柳宗悦バーナード・リーチ河井寛次郎といった面々の指導を受け、モダンな作風で独特の世界を切り開いた。出西とは出雲の西という意味である。窯元は出西窯一軒だけであるが、窯主を持たない共同作業場となっており、土捏ね、轆轤回し、焼きなどの工程一つ一つが共同作業となっているのが特徴。丈夫で安価で飽きの来ない「無銘の実用陶器」が共通理念であり、大衆向けの民陶として知られる。一方、粘土から釉薬、薪に至るまで原料は全て島根県産で通すなど、強いこだわりも見られる。

関連項目編集

外部リンク編集