メインメニューを開く

出雲建(いずもたける[1])は、『古事記』等に伝わる古代日本人物。『日本書紀』に記載はない。

ヤマトタケル(倭建命/日本武尊)に征伐された出雲豪族である。

目次

記録編集

古事記景行天皇段によれば、倭建命(やまとたけるのみこと)は天皇の命で筑紫の熊曾建(くまそたける)を討伐したのち、帰途に出雲に入った。そしてそこにいる出雲建を殺そうと考え、まず出雲建と親しくなった。倭建命は密かに赤檮(イチイ)の木で木刀を作って偽の佩刀とし、出雲建と肥河(斐伊川)で水浴した際、先に川から上がって出雲建の刀を身に着けて刀の交換を提案した。果たして、遅れて川から上がった出雲建は偽の刀を身につけたが、刀を抜くことが出来ず、倭建命に討たれた[2][3]。そして倭建命は次の歌を詠んだという。

やつめさす 出雲建が 佩ける大刀 黒葛(つづら)多纏(さはま)き さ身無しにあはれ[2]

日本書紀』には出雲建に関する記述はないが、同工異曲の説話として、崇神天皇60年7月条において出雲振根による弟の飯入根の討伐伝承が記される[4][1][3]。その中では「八雲立つ 出雲武(いずもたける:飯入根を指す)が 佩ける太刀 黒葛多巻き さ身なしにあはれ」[5]という同様の歌も載せられる[4]

そのほか『伊勢国風土記』逸文では、伊勢の国号由来の条において、出雲神の子の「出雲建子命」(別名を伊勢津彦神/天櫛玉命)という神名が見えるが、これを出雲建の子神と解釈する説がある[6]が、出雲建子命は神武天皇の時代の神であり、景行朝に存在した出雲建とは時期的にも場所的にも矛盾が生じる。

考証編集

名称の「イズモタケル」は、ヤマトタケル(倭建)やクマソタケル(熊曾建)と同様に、「(地名)+勇猛な人」の意になる[4][2]。地方首長を「タケル」とするのは熊襲・出雲のみで、いずれもヤマトタケルに征伐されることから、説話の形成時期のこれら辺境の2地域が、中央から見て「征服されるべき地域」に位置づけられていたとする説がある[2][7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 出雲建(日本人名大辞典).
  2. ^ a b c d 『新編日本古典文学全集 1 古事記』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 221-223。
  3. ^ a b 出雲建(古代氏族) & 2010年.
  4. ^ a b c 出雲建(国史).
  5. ^ 『新編日本古典文学全集 2 日本書紀 (1)』小学館、2002年(ジャパンナレッジ版)、pp. 291-292。
  6. ^ 『新編日本古典文学全集 5 風土記』小学館、2003年(ジャパンナレッジ版)、pp. 448-449。
  7. ^ 出雲建(朝日日本歴史人物事典).

参考文献編集

  • 川副武胤「出雲建」『国史大辞典吉川弘文館
  • 「出雲建」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588
  • 出雲建」『日本人名大辞典』講談社 - リンクは朝日新聞社「コトバンク」。
  • 神田典城出雲建」『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞出版 - リンクは朝日新聞社「コトバンク」。