函谷関の戦い (紀元前241年)

春秋戦国時代の戦い

函谷関の戦い(かんこくかんのたたかい)は、紀元前241年始皇6年)に起きた[注 1][注 2]の五国合従軍の合戦[4]。軍の配置や動員兵力等の戦闘の詳細は不明である[5]。この戦い以降、合従軍は起きることがなく、秦による六国併合が進んでいくこととなる。

函谷関の戦い
戦争合従攻秦の戦い
年月日紀元前241年
場所函谷関
結果の勝利
交戦勢力
合従軍
指導者・指揮官
不明
春秋戦国時代
春秋時代
戦国時代
秦の統一戦争
†はその国の滅亡 表示

過程編集

紀元前242年蒙驁を攻撃し、酸棗・燕・虚・長平・雍丘・山陽など20城を奪い[6]東郡を置いた[4][7]。これによりを除く、五国とは国境を接するようになった[4]。おそらく、これが函谷関の戦いの発生の原因であると考えられている[4][8]

紀元前241年、趙・楚・魏・韓・燕は、秦を共同で攻撃するために、総大将を楚の考烈王総司令春申君として合従軍を組んだ[2]。然し、実際の合従軍の盟主はだとも考えられている[9]。その理由として、まず楚はこの年にから寿春に遷都したことが挙げられる[10]。そのため、楚は合従軍に大軍を送ることが不可能であったと考えられている[10]。また、趙は長平の戦い邯鄲の戦い中国語版など、何度も秦に対して敗戦を重ねていて、秦への恨みが深かったからである[10]

合従軍は秦の寿陵を取り、函谷関を攻撃した[11]

合従軍に対して、秦軍は函谷関で迎え撃った。全軍の総指揮を執ったのは、この時点で権力を握っている相国呂不韋と考えられている[4]。また、函谷関で秦軍の指揮を執った将軍は不明である[4]。然し、過去の戦歴等を考慮すると、蒙驁が指揮を採ったと考えてもおかしくはない[4][12]

また、今回の合従軍では以前(函谷関の戦い(紀元前318年)函谷関の戦い(紀元前298年)河外の戦い)とは異なり、函谷関を攻める軍以外の、別働隊を用意していた[13]。趙の龐煖が総大将として、趙・楚・魏・燕の四国の精鋭部隊を率いて(現在の始皇帝陵の付近[12])を攻めたが、落とせなかった[3]。蕞は秦王都咸陽にかなり近く、秦は滅亡の危機に陥っていた[7]

函谷関でも秦軍が攻撃すると、合従軍は敗北した[11]。合従軍は、秦の味方である斉を攻撃し、饒安(現在の河北省滄州市塩山県の南西)を占領して解散した[3][14]

『史記』の記述編集

この戦いの『史記』の記述は非常に少なく簡素である[5]。「巻6・秦始皇本紀」は「(始皇)6年、韓・魏・趙・衛・楚が合同して秦を攻撃し、寿陵を取った。秦が出兵すると五国の兵は退いた」。「巻43・趙世家」は「(悼襄王)4年、龐煖は趙・楚・魏・燕の4国の精鋭部隊を率いて秦の蕞を攻めたが落とせなかった」。「巻40・楚世家」は「(考烈王)22年、諸侯と力を合わせ秦を攻撃したが、戦いが不利で引き上げた」。「巻78・春申君列伝」は「秦を攻め、函谷関へ至った」と言及されている。

影響編集

函谷関の戦いは、戦国時代で秦を攻撃した合従軍の最後の戦いだった。それ以降、六国は秦の併合に抵抗することができず、秦は六国を統一した。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 龐煖率いる蕞攻めには参戦せず。
  2. ^ a b 史記・巻6・秦始皇本紀』ではとなっているが、燕の誤字だと考えられている[1]
  3. ^ 附庸国。『史記・秦始皇本紀』によると函谷関の戦いに参戦しているが、の誤字とも考えられている[1]

出典編集

  1. ^ a b 島崎晋 2019, p. 81.
  2. ^ a b c 島崎晋 2019, p. 82.
  3. ^ a b c 史記・巻43・趙世家』:(悼襄王)四年,龐煖将趙・楚・魏・燕之鋭師,攻秦(蕞),不抜;移攻斉,取饒安。
  4. ^ a b c d e f g 島崎晋 2019, p. 79.
  5. ^ a b 島崎晋 2019, p. 80.
  6. ^ 仁志睦 et al. 2020, p. 53.
  7. ^ a b 鶴間和幸 2020, p. 98.
  8. ^ 鶴間和幸 2020, p. 100.
  9. ^ 仁志睦 et al. 2020, p. 3.
  10. ^ a b c 仁志睦 et al. 2020, p. 11.
  11. ^ a b 史記・巻6・秦始皇本紀』:(始皇)六年,韓・魏・趙・衛・楚共撃秦,取寿陵。秦出兵,五国兵罷。
  12. ^ a b 仁志睦 et al. 2020, p. 12.
  13. ^ 仁志睦 et al. 2020, p. 37.
  14. ^ 史記・巻78・春申君列伝』:春申君相二十二年,諸侯患秦攻伐無已時,乃相与合縦,西伐秦,而楚王為縦長,春申君用事。至函谷関,秦出兵攻,諸侯兵皆敗走。

参考文献編集

  • 島崎晋 『春秋戦国の英傑たち』 双葉社、2019年。ISBN 978-4-575-45788-9 
  • 仁志睦; 村田一成; 中村仁嗣; 市塚正人 『始皇帝大全 ビジュアルブック』 ぴあ株式会社、2020年。ISBN 978-4-8356-4173-7 
  • 鶴間和幸 『始皇帝全史』 株式会社カンゼン、2020年。ISBN 978-4-86255-537-3