メインメニューを開く

概要編集

地元での略称は「カンダイ」。少人数の学生を専任教員が4年間指導することで、高度な職業能力を身につけさせる「専攻塾」制度が特色。これは2001年後より大学カリキュラムを大幅に変更して導入された。教官が三人体制で入学から就職まで学生生活全般をサポートするシステムで当時の学長の河村博旨が導入した。入学時の受講科目選択や生活の悩み、卒業論文や就職指導までの4年間の学生生活を支援した[1][2]。また新カリキュラムに合わせて塾の演習棟などを新築、改築した。また、国際教育にも力を入れており、商学部のみの単科大学でありながら英語教員免許を取得できる課程が設けられている。課外活動では、野球[3]ハンドボール[4]ボウリング部が強豪として知られる。

野球部・ハンドボール部・ボウリング部の強化指定クラブにおいて、授業料免除の特待生を多く受け入れているが、彼らに対して学業面での融通はなく、スポーツ特待の学生であっても授業への出席は厳しく点検され、試験においても下駄履きなどの措置が講じられることは一切ない。

河村博旨が学長を務めていた時代は、客員講師として桂文枝 (6代目)や梨元勝を招き、実地に則したユニークな講義が行われた。他にも元札幌高検検事長や元日銀函館支店長、東京海上火災保険函館駅前支店長、三井生命保険参与、元東洋信託銀行副社長、みちのく銀行取締役秘書室長、青森地域社会研究所常務理事などといった識者を招いている。このため関東地方を中心とする道外出身の学生が9割を占めていたが、小笠原学長時代に地域密着型の経営方針を打ち出し、客員教授を減らすなど、一転した教育活動を行った。学生の獲得においても函館や渡島近辺に限定するなど、狭義的な大学経営を取った結果、学生数を大幅に減少させてしまった。

キャンパスの美化が保たれていることもあり、学生生活は充実していると考えている学生は多い。

男子学生が大半をしめていることもあってか、開学以来、就職率においては毎年、全国平均を大きく上回っている。

教職員の指導は手厚く、履修登録等の手続きにおいても学生一人一人に対して懇切丁寧に行われ、卒業後も就職相談や教員免許などの免許取得においても援助・助言が行われている。

1968年に発生した十勝沖地震では、鉄筋コンクリート5階建て校舎本館が全壊する被害が生じた[5]

2010年度より、従来の2学科を1学科3コース制に再編、定員削減。

沿革編集

  • 1938年9月19日 - 函館計理学校(各種学校・一年制)設置認可
  • 1940年1月12日 - 函館高等計理学校(乙種二年制実業学校)へ改組
  • 1941年10月 - 財団法人道南学院設立。函館高等計理学校は甲種三年制実業学校に昇格
  • 1946年3月30日 - 財団法人函館計理商業学校と改称、函館計理商業学校に転換
  • 1948年6月8日 - 財団法人道南学院を財団法人野又学園と改称
  • 1951年1月17日 - 財団法人野又学園を学校法人野又学園と組織変更認可
  • 1965年
    • 1月25日 - 函館大学(商学部商学科)設置認可
    • 4月1日 - 開学。商学部商学科開設
  • 1966年3月5日 - 教職課程(中学校「職業」、高等学校「商業」)認定
  • 1970年5月11日 - 函館大学経営研究所開設
  • 2000年
    • 3月21日 - 教職課程(中学校「職業」)廃止
    • 12月21日 - 教職課程(高等学校「情報」)認定
  • 2001年4月1日 - 5専攻塾・6コース制開始
  • 2003年3月5日 - 教職課程(中学校「英語」、高等学校「英語」)認定
  • 2004年11月17日 - 商学部に英語国際ビジネス学科設置認可
  • 2005年4月1日 - 商学部に英語国際ビジネス学科設置。商学部商学科の専攻塾に企業家養成専攻塾と福祉ビジネス専攻塾の開設
  • 2008年12月24日 - 教職課程(中学校「社会」、高等学校「公民」)認定
  • 2010年4月1日 - 従来の2学科を商学科1学科3コースに再編、入学定員を削減
  • 2013年4月1日 - 函館大学ベイエリア・サテライト開設

学部編集

2010年度以降

  • 商学部
    • 商学科
      • 企業経営コース
      • 市場創造コース
      • 英語国際コース

2009年度以前

  • 商学部
    • 商学科
      • 専攻塾
      • 会計専攻塾
      • IT専攻塾
      • ビジネス・アスリート専攻塾
      • 企業家養成専攻塾
      • 福祉ビジネス専攻塾
    • 英語国際ビジネス学科
      • 英語コース
      • 国際ビジネスコース

大学関係者編集

歴代学長編集

著名教職員編集

その他編集

出身者編集

教育編集

  • 専攻塾 - 平成16年~平成19年に文部科学省高度高等教育研究促進助成を受けている。

対外関係編集

放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[6]

系列校編集

学校法人野又学園編集

社会福祉法人貞信福祉会編集

  • 函館深堀保育園
  • 函館上湯川保育園

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「塾」制度で学生生活サポート*函館大 新年度から*科目選択から就職指導まで*教官3人できめ細かく 2001.03.02 北海道新聞朝刊地方 25頁 函B (全673字)。
  2. ^ <212土曜ひろば>函館*生活や就職支援 「塾」制度導入へ*函館大 2001.03.10 北海道新聞夕刊地方 9頁 圏B (全401字)。
  3. ^ 監督は元プロ野球選手の中山俊之
  4. ^ <キャンパス通信>文武両道貫く“北の雄”*函大ハンドボール部*留年したら即退部 道学生リーグで120連勝*合宿通じ「自分」も発見*全国からの学生それぞれの道へ1999.05.17 北海道新聞朝刊全道 9頁 教2 (全1,263字)。
  5. ^ 島村英紀、森谷武男『北海道の地震』北海道大学図書刊行会、1994年、p39。
  6. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

外部リンク編集