函館大火(はこだてたいか)とは、1934年昭和9年)3月21日北海道函館市で発生した火災

死者2166名、焼損棟数11105棟を数える大惨事となった。函館ではこれ以前にも1000戸以上を焼失する大火が10回以上発生しているが、一般的に発生年を付さない場合には1934年(昭和9年)の火災を指す。

目次

概要編集

函館は江戸時代から栄えた港町であったが、しばしば大火に襲われ、市内の至る場所が火災の被害に遭っており、中でも1934年(昭和9年)3月21日の火災は最大規模となった。

当日、北海道付近を発達中の低気圧が通過し、函館市内は最大瞬間風速39mに及ぶ強風に見舞われていた。早春の日が落ちて間もない18時53分頃、市域のほぼ南端に位置する住吉町で1軒の木造住宅が強風によって半壊し、室内に吹き込んだ風で囲炉裏の火が吹き散らされ、瞬く間に燃え広がった。さらに強風による電線の短絡も重なり、木造家屋が密集する市街地20箇所以上で次々と延焼したため、手が付けられない状態となった。時間の経過とともに風向きは南から南西、そしへ西風へと時計回りに変っていったため火流もそれに従い向きを変え、最終的には市街地の3分の1が焼失する規模となった。死者の中には、橋が焼失した亀田川を渡ろうとして、あるいは市域東側の大森浜へ避難したところ、炎と激浪の挟み撃ちになって逃げ場を失い溺死した者(917名)、また溺死しないまでも凍死した者(217名)もいた。

20世紀前半の災害であるが、現在も函館市民の記憶に留められる災害であり、2015年(平成27年)現在も火災発生日には慰霊祭が営まれている[1]

この災害がきっかけで北海道最大の人口を有する市町村の名を札幌市に譲ることになった。

大火の影響で囚人90人が解放された[2]

年表編集

函館市における大火のうち,焼失戸数が1000戸以上のものは,次のとおりである[3]

年月日 焼失戸数 備考
1871年10月15日
明治4年9月2日
1123 俗に,切店火事と云う。
1873年(明治6年)3月23日 1314 俗に家根屋火事という(死者5名)。
1879年(明治12年)12月6日 2326 焼跡に対しては前年同様道路の大改革を断行す。魚市場より要塞付近まで焼死者多数あり。
1896年(明治29年)8月26日 2280 俗にテコ婆火事という。
1899年(明治32年)9月15日 2494
1907年(明治40年)8月25日 8977 上水道停水中
温度85-91
1913年大正2年)5月4日 1532 上水道停水中
温度60-54
1916年(大正5年)8月2日 1763 上水道停水中
1921年(大正10年)4月14日 1309 上水道停水中
1934年(昭和9年)3月21日 10176 現場における死亡者数2054名。

大火と都市形成編集

函館の都市景観は、数度の大火の影響により街路や建築物が変容している[4]。つまり、二十間坂より函館西部地区の町並み以西の地区は、1878年(明治11年)、1879年(明治12年)の大火後の街区改正によってできた都市形態で、この地区の建物は1907年(明治40年)の大火で被災しているため、旧金森洋物店や旧開拓使函館支庁書籍庫など一部の耐火構造建築物を除くほとんどの建物はそれ以降の時期に建設されたものである。なお同地区は、歴史的環境を色濃く残しているところから1988年(昭和63年)9月16日に「歴史的景観地域」に指定され、現在では函館市都市景観形成地域として継承されている。旧函館区公会堂函館ハリストス正教会(いずれも国の重要文化財)などがこの地区に位置している。

また、十字街から新川町にかけてのグリーンベルトに代表される街路は、1934年(昭和9年)の大火後の復興事業によって形成されたもので、これは戦前における地方都市の都市計画が実施された数少ない事例である。なおこの地区の建物は、1921年(大正10年)の大火後に建設された耐火構造の建物が一部残っている他は1934年(昭和9年)以降のものである。このように函館の都市景観の特徴は、大火の被災範囲が東へ移行するのと併行しながらも都市景観が帯状に時間差を有して推移していることにある[5]

路面電車の被害と復旧編集

当時、函館の軌道事業(路面電車、現在は函館市企業局交通部運営)は電力会社でもある函館水電株式会社が運営していたがこの大火でも被害を受けている。

被災車両編集

被災車両は48両[6]

  • 10形 - 元成宗電気軌道デハ1形譲渡車のうち36号と38号が被災、4月12日に廃車された。
  • 50形 - 大型ボギー車であったが、新川車庫火災がらみで再生をした車両もすべて焼失した。

補充車両編集

函館港まつり編集

大火により打撃をうけた市民の士気を引き立て、市勢の振興をはかる目的で1935年(昭和10年)より開催されたのが函館港まつりである[7]。2014年(平成26年)現在でも、8月1日から5日に開催されている。メインイベントは北海道新聞主催の花火大会や幹線道路を踊りながら練り歩くワッショイはこだて(旧・一万人パレード)で、従来の函館港おどり(第一部)と併せていか踊り(第三部)が踊られる。いか踊り自体は1981年(昭和56年)に有志により誕生した比較的新しい踊りである。参加者のべ約3万人のうち約1万5000人が踊っているとされている。また自由参加枠でもいか踊りが採用されている。同時期に町内会単位でワッショイはこだての北海盆踊りアレンジの踊り行事が行われる。似ているが、お盆に行われておらず、北海盆踊りとは言いがたい。

慰霊堂編集

遭難死者の霊を追悼する目的で財団法人共愛会が亀田川の大森橋に近接した地に建立したものを函館市が引き継いだものである[8]

真宗大谷派函館別院編集

真宗大谷派函館別院は,1907年(明治40年)の函館大火で焼失したため,大火建築により再建することになった。1915年(大正4年)11月に再建された本堂は日本で最初の鉄筋コンクリート造りの寺院建築となった[9]

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 函館大火殉難者慰霊に係る報道について (PDF) - 函館市(2015年3月18日)
  2. ^ 3つの震災から見る大災害と刑務所Yahoo!ニュース、2016年9月25日閲覧。
  3. ^ 函館大火史
  4. ^ 大火と都市景観
  5. ^ 函館まちあるきマップ 防火・防災のまち十字街〜銀座通り 耐火建築を巡る〜
  6. ^ 函館市交通局の沿革 函館市交通局 2011年1月22日閲覧
  7. ^ 函館港まつりの歴史 函館港まつり実行委員会 2013年7月12日閲覧
  8. ^ 慰霊祭と慰霊堂 函館市史デジタル版 通説編第3巻第5編「大函館」その光と影 函館市 2011年6月15日閲覧
  9. ^ 国指定文化財

関連項目編集

外部リンク編集