メインメニューを開く

函館山テレビ・FM放送所(はこだてやまてれび・えふえむそうしんじょ)は、北海道函館市函館山山頂にある渡島総合振興局檜山振興局管内のテレビジョン放送及びFMラジオ放送の基幹送信所である。

目次

概要編集

  • 北海道南部の渡島・檜山管内はもちろん、青森県津軽海峡沿岸の一部地域(大間町など)をカバーしている。
  • アナログUHF・デジタルテレビでは、いわゆるスピルオーバーを抑えるため、南側(津軽海峡側)への送信出力を抑える指向性が設定されている。
  • デジタルテレビでは、青森県においては、上北中継局が受信できる場合は北海道テレビ放送(23ch)、北海道文化放送(25ch)が、上北局のそれぞれNHK青森総合、青森テレビと重複するため、函館局の該当2局の受信は不可能となっている。
  • アナログテレビジョン放送では、技術的・コスト的問題から、他の道内基幹局と同様、NHK函館放送局以外では音声多重放送を実施していなかったため、音声はモノラルであった。但し、字幕放送やアナログデータ放送は回線使用料を現状維持できるため利用可能であった。なお、民放各局の音声多重放送はデジタルのみで行い、アナログでは放送終了まで行わなかった。

送信設備編集

地上デジタルテレビジョン放送編集

ID 放送局名 コール
サイン
/呼出名称
物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
HBC
函館DTV
17 1kW 10kW 北海道 約152,400世帯 2007年
10月1日
2 NHK
函館教育
JOVB-DTV 14 全国
3 NHK
函館総合
JOVK-DTV 18 10.5kW 道南圏
渡島檜山
5 STV
札幌テレビ放送
STV
函館DTV
15 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
HTB
函館DTV
23 12kW
7 TVh
テレビ北海道
TVh
函館DTV
19 10.5kW
8 UHB
北海道文化放送
UHB
函館DTV
25

放送エリア編集

歴史編集

外部リンク編集

地上アナログテレビジョン放送編集

チャンネル 放送局名 コール
サイン/
呼出名称
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
4 NHK
函館総合
JOVK-TV 映像1kW/
音声250W
映像5.4kW/
音声1.35kW
道南圏
(渡島・檜山)
-
6 HBC
北海道放送
函館局
JOHO-TV 映像5.1kW/
音声1.3kW
北海道
10 NHK
函館教育
JOVB-TV 映像6kW/
音声1.5kW
全国
12 STV
札幌テレビ放送
函館局
JOMY-TV 映像5.2kW/
音声1.3kW
北海道
21 TVh
テレビ北海道
函館基幹
中継局
映像10kW/
音声2.5kW
映像100kW
/音声25kW
27 UHB
北海道文化放送
映像98kW/
音声24kW
35 HTB
北海道テレビ放送
映像105kW/
音声26kW
  • NHK総合は1957年3月22日、NHK教育は1960年8月1日、HBCは1958年12月15日、STVは1961年12月22日[1]に開局し、2011年7月24日の停波で、全局廃局となった。
  • なお、地上デジタル放送では付与されなかったコールサインについては、HBCではラジオ局で同じコールサインを持っているために存続されるが、STVではテレビ「JOMY-TV」とラジオ「JOWN」でコールサインが異なるため、「JOMY(-TV)」は、アナログ放送停波を以って、廃止された。

FMラジオ放送編集

周波数
MHz
放送局名 コール
サイン
/呼出名称
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
79.4 NORTH WAVE 函館中継局[2] 250W 790W 北海道 -
80.7 FMいるか JOZZ1AA-FM 20W 32W 函館市 約153,000世帯[3]
87.0 NHK
函館FM
JOVK-FM[4] 250W 1.25kW 道南圏
(渡島・檜山)
-
88.8 AIR-G' 函館中継局[5] 790W 北海道

マルチメディア放送編集

周波数
(MHz)
放送局名 空中線
電力
ERP 放送区域 放送区域
内世帯数
214.714286 Jモバ
函館MMH
1.25kW[6] 14.5kW 北海道函館市の一部、北斗市の全域、知内町、
木古内町、七飯町、森町の各一部、
青森県大間町の全域、風間浦村、佐井村の各一部
約150,000世帯[6]

放送エリア編集

歴史編集

送信所置局住所編集

  • 函館市函館山字御殿山1番地

送信所設置について編集

  • デジタルテレビ放送送信所については各局とも現在のアナログ送信施設がそのまま使用される。
    • STVについてはデジタル送信所・中継局では道内で唯一、局単独の施設である(STVデジタル単独施設は他に帯広局も存在していたが、こちらは2011年11月7日に開局したTVhが相乗りしたため、現在の単独施設は函館局のみ)。
  • HBCとTVhはアナログ・デジタルともに送信局舎・鉄塔を共同使用。
  • UHBアナログ・デジタルと民放FM2社(AIR-G'とNORTH WAVE)は送信局舎・鉄塔を共同使用。
  • 建物がつながっているHTBとUHBの送信施設には公衆便所が設置されている。

地上デジタル放送について編集

試験電波は道内基幹送信所の中では最も早く、2007年7月30日から発射された。

地上デジタル放送については、札幌放送局を親局とする同一の放送系統の範疇における中継局として扱われる(UHFアナログと民放FM局も同様)ため、民放全社コールサインがつかない。NHK函館放送局のデジタルテレビ放送はコールサインがあるため、函館山送信所は函館放送局の親局となっている。

アナログテレビの特徴編集

  • HTB・UHBは札幌送信所と同じチャンネル、HBCはキー局であるTBS東京送信所のチャンネルと同じだった。

備考編集

  • アナログ民放テレビは全社で音声多重放送非実施。このため、音声はモノラルであった。なお、字幕放送、アナログデータ放送は利用できる(回線使用料を現状維持できるため)。デジタルテレビではアナログと異なり、付随するサービスがすべて利用できる。
  • 手稲山(札幌)からの民放各局のテレビ中継回線は、これまでNTT東日本の回線を利用していたが、デジタル化に際し、コスト削減を図るため北海道電力系列の北海道総合通信網に切り替えた。深夜放送から先行実施。一方、NHKは、全国一元運用体制の関係で、道内回線のデジタル化に際しても引き続きNTTの回線を使用している。他の道内基幹中継局でも同様の方法が採られている。
  • 北海道のNHKは道内で独自のネットワークを築いており、教育テレビでは個別放送局のコールサイン読み上げは行われず、道内のコールサインを一括して表示している。デジタル放送は、2007年9月までは札幌局が先行していたこともあり札幌で開始・終了時の読み上げが行われていたが、2007年10月に函館局などでも放送が開始された後は、運用コスト削減のため、アナログと同様の方式が採られている。
  • FMいるかはコミュニティ放送局であるが、開局当時、空中線電力は100mWだった。その後、3W→10W→20Wに引き上げられている。

脚注編集

関連項目編集