メインメニューを開く

函館市企業局上下水道部

日本初のバットレスダム「笹流ダム」

函館市企業局上下水道部(はこだてしきぎょうきょくじょうげすいどうぶ)は北海道函館市公営企業である函館市企業局の、水道事業・温泉事業・下水道事業を行っている部局である。横浜についで日本で2番目に近代的水道事業を行ったとされているが、市来知(いちきしり、現・北海道三笠市)の空知集治監囚人の手によるものが2番目との説がある[1]三笠市#名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事の節も参照。

2011年平成23年)3月31日までは函館市水道局の名称であったが、4月1日に交通局(現、函館市企業局交通部)との統合による企業局発足で現在の名称となった。

概要編集

昔、函館は水源となる河川がなく、水の確保に苦労をしてきた歴史がある。元々梁川交通公園の裏手付近より亀田村に流れ込み、亀田八幡宮の森を通って北洋銀行万代町支店付近で函館港に注いでいた亀田川1859年安政6年)、青森県下北郡川内村(現在のむつ市)の願乗寺の僧侶、堀川乗経が中心となり函館方面へ分流させた。しかし、年々土砂を運び港内を埋め、1877年明治10年)ごろからコレラなど伝染病が出始めたので、西洋の近代的水道を建設することになった。日本で初めてのバットレスダム笹流ダム」(第2次拡張事業の一環として)など見所が多い。

歴史編集

  • 1889年明治22年)近代的水道が完成
  • 1896年(明治29年)10月30日 第1次拡張事業完成
  • 1922年大正11年) 函館が市政施行により函館区から函館市になる
  • 1923年(大正12年)12月 日本初のバットレスダム、笹流ダム完成
  • 1923年(大正13年)3月31日 第2次拡張事業完成
  • 1923年(大正13年)水道課として組織が確立
  • 1927年昭和2年)11月25日 龜田村へ市外給水開始
  • 1935年(昭和10年)5月17日 湯川村字柏野、滝の沢他、龜田村字赤川通へ市外給水開始
  • 1944年(昭和19年)10月31日 銭亀沢村字根崎へ市外給水開始
  • 1950年(昭和25年)3月31日 第3次拡張事業完成
  • 1952年(昭和27年)10月1日 函館市公営事業組織条例により水道部が函館市水道局となる
  • 1953年(昭和28年)2月16日 市営谷地頭温泉開業
  • 1960年(昭和35年)9月21日 中野ダム完成[2]
  • 1963年(昭和38年)3月31日 第4次拡張事業完成
  • 1965年(昭和40年)1月 銭亀沢村字根崎、高松へ市外供給開始
  • 2001年平成13年)函館市の水道施設群として元町配水場、笹流ダムが「土木学会選奨土木遺産2001」に認定される[3]
  • 2011年(平成23年)4月1日 函館市交通局と統合し、函館市企業局上下水道部となる

主な施設編集

上水道施設編集

  • ダム - 亀田川水系のみにある。汐泊川本流にある矢別ダムは洪水調整用であり上下水道部の所有管理ではない。亀田川水系からの取水量は1日7万立方メートル。旧亀田市域にある。
    • 笹流ダム - 亀田川支流笹流川にある日本初のバットレスダム。水は亀田川本流からのものも加わる。
    • 新中野ダム - 亀田川本流。重力式コンクリートダム。
  • 取水場
    • 松倉川取水場 - 松倉川より取水し、赤川低区浄水場および旭岡浄水場へ送られる。1日あたりの取水量は4万立方メートル。旧湯川町域にある。
    • 汐泊川取水場 - 汐泊川より取水し、旭岡浄水場へ送られる。1日あたりの取水量は4万5千立方メートル。旧亀尾村域にある。
  • 浄水場[4]
    • 赤川低区浄水場 - 亀田川と松倉川の水を浄水。緩速ろ過池による浄水をおこなっている。
    • 赤川高区浄水場 - 亀田川の水を浄水。
    • 旭岡浄水場 - 松倉川と汐泊川の水を浄水。
    • 戸井浄水場 - 戸井地域の浄水場。
    • 日浦浄水場 - 恵山地域の浄水場。
    • 大澗浄水場 - 恵山地域の浄水場。
    • 日ノ浜浄水場 - 恵山地域の浄水場。
    • 椴法華浄水場 - 椴法華地域の浄水場。
    • 古部浄水場 - 南茅部地域の浄水場。
    • 木直浄水場 - 南茅部地域の浄水場。
    • 尾札部浄水場 - 南茅部地域の浄水場。
    • 臼尻浄水場 - 南茅部地域の浄水場。
    • 大船浄水場 - 南茅部地域の浄水場。
 
中区配水池

下水道施設編集

料金徴収編集

なお、企業局の発足に際し、料金徴収業務は上下水道部でなく管理部徴収管理課の管轄[6]で民間委託されている[7]

参考文献編集

  • 函館市水道百年史 函館市水道局
  • 函館市史デジタル版 函館市
  • 箱館はじめて物語 中尾仁彦 2010年
  • はこだての水 函館市企業局

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 箱館はじめて物語 中尾仁彦 2010年 p43
  2. ^ 中野ダムの完成 水需要の増加とダム建設 Archived 2014年4月8日, at the Wayback Machine. 通説編第4巻第7編市民生活の諸相(コラム) 函館市史デジタル版 函館市 2011年4月7日閲覧
  3. ^ “本年度の土木遺産 函館の水道施設群”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年11月15日)
  4. ^ 平成19年度函館市水道水質試験年報[リンク切れ] 函館市水道局 2012年5月6日閲覧
  5. ^ 憩いの施設 Archived 2012年3月8日, at the Wayback Machine. 函館市企業局 2011年4月8日閲覧
  6. ^ 企業局管理部の業務概要
  7. ^ 広報紙「市政はこだて」平成23年3月1日発行分12p[リンク切れ] (PDF)

関連項目編集

外部リンク編集