メインメニューを開く

分国論(ぶんこくろん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の歴史学者金錫亨1960年代に発表した「三韓三国の日本列島内の分国について」という論文で提起した学説の通称。強烈な民族意識に支えられた朝鮮民族中心の歴史観。

概要編集

1960年代頃から朝鮮半島では民族主義が広がり、それまで主に日本国内で無批判に受け入れられていた「任那日本府説」に対抗するために主張されたもので、三韓三国の分国が日本列島内に存在し、日本書紀に登場する三韓三国は朝鮮半島内の本国を指すのではなく、日本列島内のそれぞれ分国を指すものとし、大和朝廷の影響が半島に及んだことを否定している。

戦前の皇国史観を逆転させたもので、日本古代文化のルーツはすべて朝鮮にあり、さらに古代の日本が三韓(馬韓弁韓辰韓)三国(高句麗百済新羅)の植民地であったかのような古代史像をえがいた[1][注釈 1]

日本の学者でこの学説をそのまま支持する者はほとんどいなかったものの、任那日本府の見直しが始まるなど、学界に定説批判の観点において一定の影響を与えた。現在もこれに連なる研究は続けられているが、根拠となる資料等は存在せず、日韓の学会からは十分に説得力のある学説とは見なされていない[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 穴沢咊光は、江上波夫騎馬民族征服王朝説が、分国論をはじめとする韓国・北朝鮮における民族主義的な古代史観と整合するため、この両国ではたいへん歓迎され、きわめて高く評価されていると指摘している。穴沢(1990)p.79

出典編集

  1. ^ 穴沢(1990)p.79
  2. ^ 濱田(2005)

参考文献編集

  •  濱田耕策日韓歴史共同研究委員会報告書/共同研究を終えて』
  •  穴沢咊光「騎馬民族はやってきたのか」『論点日本の歴史2 古代編1(古墳〜飛鳥時代)』新人物往来社、1990年12月、74-89頁。ISBN 4-404-01775-8