メインメニューを開く

分巻整流子電動機(ぶんまきせいりゅうしでんどうき、あるいは ぶんけんせいりゅうしでんどうき)は、電機子巻線界磁巻線とが並列に接続されている電磁石界磁形整流子電動機である。

特徴編集

直巻整流子電動機複巻整流子電動機と同じく界磁巻線と電機子巻線に流れる電気が1つの電源から供給される為、非常に広く使用される。回転速度制御は界磁巻線に流れる電流を加減する界磁制御を行うことにより制御される。

特性としては

  • 回転数によるトルクの変化が小さい。
  • 整流特性がやや悪い。
  • 界磁制御による回転速度の制御範囲が狭い。

速度制御・始動法編集

ワードレオナード方式編集

交流電動機直結の直流発電機電動発電機)の他励界磁制御により、電機子電圧の可変制御を行うものである。電動機の電機子に加える可変電圧を、専用の直流電源を設けて供給するようにしたもの。構造が簡易で制御も容易であることから、直流電動機の発明当初から用いられた。

応用として、交流電動機を内燃機関もしくはタービン機関に置き換えて艦船ディーゼル・エレクトリック方式ターボ・エレクトリック方式)や電気式気動車・ディーゼル機関車の電気推進にも用いられた。

イルグナ方式編集

ワードレオナード方式の発電機にはずみ車をつけて、大きなピーク負荷や脈動のある負荷に対応させたものである。鋼塊圧延機などに使用されていた。

用途としては

静止レオナード方式編集

ワードレオナード方式の電動発電機部分をサイリスタ位相制御電源回路コンバータ)に置き換えたもの。サイリスタレオナード方式とも呼ばれる。 ただしコンバータにインバータとしての機能を持たせなければ回生制動は使用できない。

ワードレオナード方式に比べて、電動発電機を持たないため軽量で効率が良く、制御の精度が高く、損失が少ない。しかし、力率が悪く、高調波障害を引き起こすことがある。

高周波分巻チョッパ制御編集

関連項目編集