メインメニューを開く

分部 信政(わけべ のぶまさ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名近江国大溝藩4代藩主。分部家5代。

 
分部信政
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 承応元年12月14日1653年1月13日
死没 正徳4年12月18日1715年1月23日
改名 甚三郎(幼名)→信政
戒名 太清院殿雪渓浄献大居士
墓所 滋賀県高島市大溝の円光寺
官位 従五位下若狭守隼人正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣家継
近江大溝藩
氏族 池田氏長吉流→分部氏
父母 父:池田長信、母:朝比奈氏娘
養父:分部嘉高
兄弟 池田友政池田利重信政
正室:伊東祐由
側室:加藤氏娘
信秋(長男)、光忠(三男)、河鰭実詮室、伊東祐崇正室

略歴編集

承応元年(1653年)、備中松山藩初代藩主・池田長幸の三男である旗本池田長信の三男として誕生。

寛文7年(1667年)、先代藩主・分部嘉高が嗣子なくして若死にして分部氏の血統が断絶すると、嘉高の母方の縁戚に当たることから、その養嗣子となって跡を継いだ。嘉高の母の父が池田長常。長信の兄であり、すなわち嘉高の母と信政は従姉弟となる。

延宝4年(1676年)、水害により藩内が被害を受けて参勤交代の延期を願い出ている。元禄8年(1695年)、越前国丸岡藩本多重益改易後の丸岡城守衛を務めた。他にも幕府の罪人を何人も預かるなどしている。

正徳4年(1714年)6月23日、病気を理由に三男の光忠に家督を譲って隠居し、同年12月18日に死去。享年63。