分類械闘(ぶんるいかいとう、繁体字表記は分類械鬥)は18世紀中期から19世紀末にかけて清代の台湾で発生した族群間の武力衝突

械闘形成の原因編集

分類械闘の原因は複雑であり、下記に主な原因を掲げる。

  • 乾隆後期に大量の移民が台湾に押し寄せ、初期入植者と後に入ってきた入植者の間で田地の分配、灌漑水利権、寺廟建築などの土地の利用を巡る衝突。
  • 清朝官衙の統治能力が不足しており、住民間の衝突を未然に防止できなかった。
  • 清朝地方官は分類械闘により住民勢力の衰退を期待し、反清活動を防止する観点で放置した。
  • 同郷移民が集団を形成し、他地方からの移民と利益が衝突した際に集団で対応する傾向があった。
  • 宗教上の対立。
  • 羅漢脚中国語版の存在。

械闘種類編集

台湾の分類械闘は

などに区分することができる。

大規模な械闘事件発生地点と年代編集

18世紀編集

 
分類械闘が頻発した地区

19世紀編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Chris Wang. “【讀書】被談論得太少的台北歷史:頂下郊拚”. Medium. 2016年5月23日閲覧。

関連項目編集