日本 > 山梨県 > 南巨摩郡 > 身延町 > 切石 (身延町)

切石(きりいし)は山梨県南巨摩郡身延町の地名である。郵便番号は409-3304[2]

切石
切石付近の空中写真。1976年撮影。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
切石付近の空中写真。1976年撮影。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
切石の位置(山梨県内)
切石
切石
切石の位置
北緯35度27分56.01秒 東経138度26分27.24秒 / 北緯35.4655583度 東経138.4409000度 / 35.4655583; 138.4409000
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Yamanashi Prefecture.svg 山梨県
南巨摩郡
市町村 Flag of Minobu Yananashi.JPG 身延町
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)[1]
 • 合計 173人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
409-3304[2]
市外局番 0556 (鰍沢青柳MA)[3]
ナンバープレート 山梨

地理編集

富士川赤石山脈の間にあり、縦に細長い街並みが続いている。古くから甲斐国駿河国を結ぶ駿州往還の宿場が設けられ、現在では身延町の役場が設けられている。川と山脈の間にあり、特に南側の八日市場へ続く道は日下り道(ひさがりみち)と言われ当地区は昔から交通の難所とされている。

また当地区には気象庁アメダスが設けられており、山梨県内の天気予報では当地区の名前が頻繁に出てくる。

歴史編集

江戸時代の『甲斐国志』によると鰍沢宿から二里二六町、下山宿から一里二三町にあると記述されている。戦国時代の河内領主・穴山信君の発給文書には当宿場町の名前はなく、寛永の頃に切石宿(きりいししゅく)という宿場が設けられたとされている。北側から上宿、中宿、下宿と縦に細長い宿場町であり、中宿には名主宅を兼ねた本陣が設けられていた。[4]また、中宿と下宿の間に夜子沢川(よごさわかわ)が流れ、江戸時代は「切石の渡し」と呼ばれる渡し船で渡河を行っていたほか、切石河岸は富士川舟運の中継河港としてもその役割を担っていた。[4]

1872年明治5年)に実施された県内80区制において巨摩郡切石村となり、1889年明治22年)に周辺の手打沢村、寺沢村、夜子沢村と合併し、「南巨摩郡切石村」と名前が引き継がれたが、1892年(明治25年)に静川村に改称されている。1954年(昭和29年)の「昭和の大合併」で「南巨摩郡中富町切石」となり、さらに2004年(平成16年)には身延町・下部町と合併したことにより「南巨摩郡身延町切石」となり現在に至る。

世帯数と人口編集

2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
切石 72世帯 173人

交通編集

道路
富士川の対岸の下田原地区にある。
山梨県と静岡県を結ぶ一般国道。同地区に富士川橋があるが復員が狭いことから大型車通行用に国道52号を通り南へ約1kmの場所に中富橋が架橋されている。
富士川橋を渡り久那土駅方面へ伸びている。なお、途中の下田原地区に中部横断自動車道中富インターチェンジが設置される予定。
以前は山梨県道418号曙静川線であった。なお、山梨県道418号は現在欠番となっている。
路線バス
高速バス

施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat)”. 総務省統計局 (2017年1月27日). 2018年9月24日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年9月26日閲覧。
  4. ^ a b 身延町地域資料より