メインメニューを開く

切頂八面体(せっちょうはちめんたい、: truncated octahedron)、または切頭八面体(せっとうはちめんたい)、切隅八面体(せつぐうはちめんたい)、角切り八面体(かくぎりはちめんたい)とは、半正多面体の一種で、正八面体の各頂点を切り落とした立体である。またゾーン多面体平行多面体の一種でもある。平行多面体であるため、単独での空間充填が可能であり、その時のこの図形の配置は体心立方格子構造となる。

切頂八面体
切頂八面体
切頂八面体
種別 半正多面体平行多面体十四面体
面数 14
面形状 正方形: 6
正六角形: 8
辺数 36
頂点数 24
頂点形状 4, 62(正方形1枚と正六角形2枚が集まる)
Truncated octahedron vertfig.png
シュレーフリ記号 t{3, 4}
ワイソフ記号 2 4 | 3 または 2 3 3 |
対称群 Oh
双対多面体 四方六面体
特性 凸集合
テンプレートを表示

性質編集

  • 外接球半径: 一辺を2とすると 
  • 表面積: 一辺を とすると  
  • 体積: 一辺を とすると  
  • 星型の数: 42(表面のみ…15、裏面使用…27)

近縁な立体編集

 
切頂八面体のサイコロ
 
切頂八面体単独による空間充填

化学編集

化学において、切頂八面体構造を有するゼオライト (アルミノケイ酸塩) が存在することが知られている。ソーダライトA型ゼオライトフォージャサイトが代表的である。