メインメニューを開く

刈谷市立亀城小学校(かりやしりつ きじょうしょうがっこう)は、愛知県刈谷市にある市立小学校である。

刈谷市立亀城小学校
140112 Kariya Municipal Kijo Elementary School Kariya Aich pref Japan01s.jpg
過去の名称 第一番小学刈谷學校
尋常小学刈谷學校
刈谷第一尋常小學校
刈谷町亀城国民學校
刈谷町立亀城小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 刈谷市
校訓 すすんでやろう
しっかりやろう
ともどもやろう
設立年月日 1873年明治7年)
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 448-0833
愛知県刈谷市城町1丁目25番地1

北緯34度59分17.41秒 東経136度59分11.57秒 / 北緯34.9881694度 東経136.9865472度 / 34.9881694; 136.9865472座標: 北緯34度59分17.41秒 東経136度59分11.57秒 / 北緯34.9881694度 東経136.9865472度 / 34.9881694; 136.9865472
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

地理編集

学区は刈谷市の南西部にあり、西側には三河国尾張国を隔てる境川が流れている[1]。学区の中央部や南部は商業地区、北部は住宅地区となっている[1]。学校の敷地は刈谷城の範囲に含まれている[1]。学校の周囲には、椎の木屋敷、大手門跡、文礼館跡、下町常夜燈跡などの史跡が多数存在する[1]

歴史編集

沿革編集

碧海郡刈谷町で初めて設立された小学校である。刈谷藩藩校である文礼館を継承し、1873年(明治6年)に第一番小学刈谷学校が開校した[1]。初代校長の黒田定衛が定めた校訓は、今日でも本校の教育指針となっている。1908年(明治41年)に亀城尋常高等小学校となっている。

昭和初期の1928年(昭和3年)10月には大中肇の設計による本館(現:刈谷市郷土資料館)が完成。この建物は和洋折衷の建築物であり、愛知県指定文化財となっているほか、1999年(平成11年)には国の登録有形文化財に登録された。刈谷城跡である亀城公園に近い。

年表編集

  • 1873年(明治6年) - 第一番小学刈谷学校として開校。[1]
  • 1886年(明治19年) - 尋常小学刈谷学校に改称。
  • 1907年(明治40年) - 刈谷第一尋常小学校に改称。
  • 1940年(昭和15年) - 刈谷町亀城国民学校に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 刈谷町立亀城小学校に改称。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 刈谷町が市制施行して刈谷市となったことで刈谷市立亀城小学校に改称。

校訓編集

  • すすんでやろう(向上)
  • しっかりやろう(自重)
  • ともどもやろう(協同)

学区編集

  • 逢妻町・熊野町・宝町・八幡町・寺横町・新栄町・城町・銀座・司町・広小路

出身著名人編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『校区の歴史散歩』東洋経済出版社、1982年、p.473
  2. ^ a b c 刈谷の星 刈谷市

関連項目編集

外部リンク編集