刑務所内強姦(けいむしょないごうかん、: prison rape)は、刑務所拘置所内における強姦である。隔離された環境での犯罪であることから被害が把握されにくいだけでなく、囚人同士や看守と囚人の間の力関係等から被害者が被害を訴えにくい、刑務所の更生施設であるという目的を逸脱し新たな犯罪と性病伝染の発生源となっているなど、様々な問題を孕んでいる。世界各国で重大な問題として顕在化しているが、日本ではそれほど実態がつかめていない。ただし下記のように男性の被収容者が女性の看守より強姦を受ける場合や、性転換者もしくは異性自認者の受刑者による(生物学的異性者の)受刑者に対する事例など、被害者、加害者の性別(性認識を含む)は様々である。

概説編集

女性の被収容者が看守から強姦されることであるが[1]、男性の被収容者が同性の看守や被収容者から性的虐待をうけることもある[2][3]日本では、豊橋刑務支所において複数の強姦事件が発生しており、2003年、加害者の一人である刑務官の男が拘置されていた女性被告人を強姦の末に妊娠させるに至って初めてそれらの事実が明らかとなっている[1]松山刑務所事件(1964年-1966年、松山ホステス殺害事件の犯人の福田和子は、当時、別の事件で服役していて被害にあった)は、当時、国会に取り上げられる大スキャンダルとなり、暴行ができるように関与した看守は自殺している。また、被害者である福田和子の著書では、法務省から告訴を取り下げるよう強要され、公訴時効成立によって事件の存在自体が無かった事にされた経緯が明かされており、そうした点も刑務所内犯罪の問題点の一つとされている。 逆に米国ボルチモアにおいては女性の看守4人が一人の男性の被収容者に関係を求めて妊娠に至った事例も存在する[4]

2006年にはドイツジークブルクにある刑務所内にて20歳の受刑者が同房の囚人ら三人から激しく暴行や性的虐待を受けた挙句、首つり自殺に偽装して絞殺されるという事件が勃発している。同事件はドイツ社会に衝撃を与え、後にエドワード・ファーロングらが出演する『Stoic英語版』として映画化した。

2017年英国においてトランスジェンダーを主張して認められウェスト・ヨークシャーニューホール女子刑務所に移監された52歳の(生物学的に元)男性の囚人が、2名の女性の囚人を強姦した事件が起こっている[5]

脚注編集

  1. ^ a b “名古屋刑務所豊橋刑務支所事件に対する会長声明” (プレスリリース), 日本弁護士連合会, (2004年7月14日), http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2004/2004_16.html 2015年11月19日閲覧。 
  2. ^ マクレーン末子 (2005年8月5日). “深刻な米刑務所内での性的暴行 自殺者やエイズ感染の犠牲者も”. 日刊ベリタ. http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200508051420555 2015年11月19日閲覧。 
  3. ^ “受刑者に性的行為強要、陵虐容疑で看守部長逮捕 福島刑務所”. 産経新聞. (2009年12月15日). オリジナルの2009年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091218082942/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091215/crm0912151205009-n1.htm 2010年2月9日閲覧。 
  4. ^ Four female prison guards impregnated by same inmate. CBS NEWS April 24. 2013
  5. ^ Trans inmate jailed for Wakefield prison sex offences.BBC News 11 October 2018

関連項目編集

外部リンク編集