刑場(けいじょう)とは死刑を執行する部屋や、それを有する建物・機関・敷地や、過去に死刑が行なわれていた場所などを指す。処刑場や処刑室とも表現される。

目次

概要編集

日本では、拘置所または刑務所の敷地内に、死刑を執行する部屋が設けられ、絞首刑が執行されている。

2010年8月27日、東京拘置所の刑場の内部構造が報道機関に初めて公開された[1]

海外の一部の国や地域では、公開処刑が行われている。

国内で刑場を有する機関編集

海外の刑場の例編集

日本の歴史上著名な刑場編集

平安時代から江戸時代にかけて存在した著名な刑場。江戸時代には江戸や地方雄藩の刑場で腑分けが行なわれた例もある。

北海道・東北地方編集

関東地方編集

中部地方編集

近畿地方編集

中国地方編集

四国地方編集

九州地方編集

脚注編集

参考文献編集

  • 重松一義『大江戸暗黒街』(柏書房)

外部リンク編集