初田 啓介(はつた けいすけ、1970年9月23日 - )は、TBSテレビアナウンサー。身長168cm。

はつた けいすけ
初田 啓介
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 埼玉県さいたま市
生年月日 (1970-09-23) 1970年9月23日(49歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部
勤務局 TBSテレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 1993年 -
ジャンル スポーツ実況
配偶者 あり
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中オールスター感謝祭』の赤坂5丁目ミニマラソン
出演経歴SASUKE』(メイン実況)
ブロードキャスター』など

来歴・人物編集

埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。早稲田大学本庄高等学院早稲田大学第一文学部卒業。1993年4月[注釈 1]、TBSにアナウンサー28期生として入社(同期には宮澤祐介雨宮塔子[1][2]

中学・高校・大学(学部)の同期に永井伸一NHKアナウンサー)、高校・大学時代の同期に福永俊介札幌テレビ放送アナウンサー)、大学時代の先輩に上泉雄一毎日放送アナウンサー)がいる。

音楽評論家酒井康の著書『虹色の音色II』[注釈 2] によれば、学生時代にバンド活動をしておりドラムを担当していた。特に好きなドラマーはビル・ブラッフォードとのこと。好きな理由は「音色も暗ければ顔も極限にまで暗い」とのこと。初田曰くヘヴィメタルやプログレッシブ・ロックを好んではいるが自身の演奏はパンク調になってしまうという。2008年10月から担当していたラジオ番組『Kakiiin(カキーン)』でも、上記の学生時代の音楽に関する経験を語る事があった。

主にスポーツ中継を担当[3][4]プロ野球日本シリーズK-1などの実況を担当している。また、番組改編期『オールスター感謝祭』内の企画、「赤坂5丁目ミニマラソン」のコーナーの実況を1996年春以降担当している。

2003年9月26日からは、特別番組『SASUKE』『スポーツマンNo.1決定戦』の2代目メイン実況担当に、古舘伊知郎から引き継いで就任(SASUKEメイン実況で22、23回は後輩の小笠原亘が担当)。2008年の北京オリンピック、2009年の世界陸上ベルリン大会においては、男子100m200mウサイン・ボルトが世界新を出した決勝レースを実況した[注釈 3]

エピソード編集

  • 入社当時からスポーツ中継を希望し、入社当時は修行の日々が続く。大相撲は幕下から十両までの取組、プロ野球は中継されない試合を実況練習する日々[注釈 4]。そんな中、1995年7月5日、日本ハム西武戦で実況練習をしていたところ、西崎幸広が9回2死までノーヒットピッチングを続けていたため、急遽マイクが切り替わり、これが実況デビューとなった。なお、1球で打ちとりノーヒットノーランを達成したため、実況デビューは1球のみであった[5]
  • 2003年12月31日、『K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!』(TBSが中継を担当)が開催され、メインイベントとして「ボブ・サップvs曙太郎」戦が行われた(試合結果は、サップ2分58秒KO勝ち)。この試合は、曙のK-1デビュー戦として、開催前から大きな注目を集めていた。この試合の実況を担当したのが初田であった。この試合の瞬間視聴率は、日本のテレビ放送史上初めて、裏番組の『NHK紅白歌合戦』の視聴率を抜いた。
  • 初田は格闘技の試合の実況において、通常後ろ回し蹴りと呼ばれている技を「回し蹴り」と呼び、回し蹴りと呼ばれている技は「ミドルキック」など外来語で呼ぶ。
  • TBSラジオ『Kakiiin』の2009年度後半の担当が水曜日(平日の真ん中)だったため、“センター初田”というニックネームを持っていた。
  • TBSテレビ他で放送されたテレビアニメ『それでも町は廻っている』第8話「全自動楽団」(Aパート「全自動世界」)では、野球の実況アナウンサー役で出演している。

2016年の日本シリーズ中継時に問題視された実況とそれに伴う騒動編集

SMBC日本シリーズ2016において、初田は第1戦と第4戦で実況を担当するが、後述のようなミスを連発し視聴者からの非難が殺到する事態となった。

第1戦編集

この試合では特に初田の言い間違いが非難の対象となった。

この試合の4回裏に、広島東洋カープ北海道日本ハムファイターズの先発投手である大谷翔平から松山竜平ブラッド・エルドレッドが放った2本の本塁打で2点を奪う。しかし初田は松山が放った1本目の本塁打を「同点ホームラン」と誤って実況[注釈 5]。さらにエルドレッドのホームランも「二者連続のホームラン」と誤った実況を行った[注釈 6]。 またこの試合でゲスト解説を務めた三浦大輔に対して「横浜の元三浦投手」と発言するなど、SNS上では「ひどい」「何かやらかさないか気になってきた」「いい加減にしてほしい」などと批判の声が多数上がる事態となった。[6]

第4戦編集

この試合ではウェルチェアーラグビー日本代表の乗松聖矢が始球式を担当することになっていた。始球式の際、彼が投げたボールを初田は「ナックルボール」と解説する。この発言に視聴者からの非難が殺到することとなった。乗松はシャルコー・マリー・トゥース病という手足に力の入らない難病を患っており「意図してナックルを投げた訳では無い」という理由からである。

この問題はTBS社長(当時)の武田信二からも記者会見上で直接苦言を呈されるほどの騒動になり[7]、最終的には同年12月1日付でチーフアナウンサーから通常のアナウンサーに降格。同時にエキスパート部次長の職も解任させられた(エキスパート部次長職の後任は小笠原亘)。

ただしスポーツアナウンサーとしての活動は現在も行っており、TBSの野球中継「S☆1 BASEBALL」(2019年までのタイトルは「SAMURAI BASEBALL」)にも引き続き出演している。


現在の担当番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

過去の担当番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 『TBS50年史』では入社時期を1992年4月と誤記[1][2]
  2. ^ 著名人のヘヴィメタルファンとの対談集
  3. ^ 世界陸上ベルリン200m世界新の実況は林正浩
  4. ^ ラジオの野球中継においては、放送がないカードも実況の録音を行う。
  5. ^ この時点で既に広島は1点を先制し「1-0」となっていた為、正しくは「追加点となるホームラン」である。
  6. ^ この試合での広島の打順は「4番松山・5番鈴木誠也・6番エルドレッド」であり、鈴木は凡退している。
  7. ^ 2014年秋は世界バレー中継で現地イタリアへ出張のため、2019年秋は世界陸上中継で現地カタール出張のため欠席。それぞれ、矢野武(元関テレアナウンサー)・藤森祥平(後輩)が担当した。

出典編集

  1. ^ a b 「III 放送関係 7 アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「1992.4<28期生> 3人入社(男2・女1)初田啓介 宮沢祐介 雨宮塔子」
  2. ^ a b 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、32頁。「92.4<28期生>3人入社 応募総数3,967名 初田 啓介 宮沢 祐介 雨宮 塔子」
  3. ^ a b c d e f g h 「III 放送関係 7 アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「初田啓介『スポーツ中継』 R「初田啓介のHAPPY SHOW(1997)」 TV「山田邦子のしあわせにしてよ(1995)」「ニュースの森(1995)」「スポーツ10番勝負(1996)」「もぎたてサラダ(1997)」「スポーツマンNo1決定戦」」
  4. ^ a b c d e f g 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、32頁。「初田 啓介…スポーツ中継。R「初田啓介のHAPPY SHOW(97)」 TV「山田邦子のしあわせにしてよ(95)」「ニュースの森(95)」「スポーツ10番勝負(96)」「もぎたてサラダ(97)」」
  5. ^ Step Ahead”. 1997年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月20日閲覧。
  6. ^ 【日本シリーズ】TBSアナの言い間違い実況に視聴者「ひどい」 - スポーツ報知 2016年10月22日
  7. ^ TBS社長、日本S第1戦実況の言い間違い問題に決意「間違いのない放送をしていきたい」 - スポーツ報知 2016年10月26日

参考文献編集

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。

外部リンク編集