メインメニューを開く

初鹿野 伝右衛門(はじかの でんえもん)は、戦国時代武将甲斐武田氏の家臣。実名は「高利」とされる。

 
初鹿野伝右衛門
時代 戦国時代
生誕 永正2年(1505年)?
死没 天文17年2月14日1548年3月23日
主君 武田晴信
氏族 初鹿野氏
忠次

武田信時の三男・時平を祖とする初鹿氏の出身と思われる。

武田晴信に仕え、天文17年(1548年)に信濃国上田原で村上義清と交戦した際に従軍する(上田原の戦い)。しかし村上軍の猛攻により甘利虎泰才間河内守らと共に討死、村上義清に討ち取られたという。

跡を子・忠次が継いだ。

外部リンク編集