別冊ビバプリンセス

別冊ビバプリンセス』(べっさつビバプリンセス)は、1976年から1990年にかけて秋田書店が発刊していた少女向け年4回発刊の季刊誌漫画雑誌1986年3月より隔月刊化し雑誌名を『ViVa PRINCESS(ビバプリンセス)』として1990年5月まで刊行した。

別冊ビバ プリンセス
ViVa PRINCESS (ビバ プリンセス)
別冊プリンセス
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少女
刊行頻度 季刊誌隔月刊→季刊誌
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 350円(創刊号)→390円(1980年夏)→430円(1983年秋)→380円(1985年)→430円(1989年2月号)→450円(1989年6月号)→(1990年6月号)
出版社 秋田書店
刊行期間 1976年3月(1976年4月25日号SPRING) - 1990年5月(1990年6月号)
1990年11月 - 1994年10月
姉妹誌月刊プリンセス
テンプレートを表示

その後、1990年から季刊誌『別冊プリンセス』(べっさつプリンセス)として再スタートしたが、1994年に休刊した。

概要編集

1976年3月に秋田書店が『別冊ビバプリンセス』の誌名で創刊[1]。『月刊プリンセス』(秋田書店)の派生誌。

1970年代、少女向けの月刊漫画雑誌の創刊が相次ぐ中に、創刊され姉妹誌の『月刊プリンセス』より読み切り作品が多いのが特徴であった。また連載作品は『月刊プリンセス』への移籍や同誌からの出張連載などが中心であり、持続性が無いものが多く、『別冊ビバプリンセス』において1年以上の長期連載となった作品は『アルカサル-王城-』(青池保子)、『ふふふの闇』(山田ミネコ)、『黄金の梨』(坂田靖子)の3作品のみである。

1976年3月の創刊号(春号)から1985年12月(1986年冬号)[2]までの間は、年4回発刊の季刊誌であったが[3]1986年3月(4月号)[4]より隔月刊化し雑誌名を「別冊」を取った『ViVa PRINCESS(ビバプリンセス)』に変更し[5]1990年5月(6月号)[6]まで刊行した[3]。その後一旦休刊し、1990年11月季刊誌『別冊プリンセス』として再スタートしたが、1994年10月に No.17号を最後に休刊した。

掲載作品一覧編集

漫画作品編集

別冊プリンセス編集

『別冊ビバプリンセス』は、休刊後、誌名を『別冊プリンセス』に変更し季刊誌として1990年11月にNo.1号を発刊した。1994年10月にNo.17号を最後に休刊。『別冊ビバプリンセス』時代を含め18年の歴史にピリオドを打った[7]

掲載作品一覧編集

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ コミック雑誌 付録付)別冊ビバプリンセス 1976年SPRING 創刊号 - 駿河屋 - 2021年11月25日閲覧
  2. ^ 別冊ViVa PRINCESS 1986年冬号 ビバプリンセス - 駿河屋 - 2021年11月25日閲覧
  3. ^ a b 碧ゆかこはるか遠き国の物語』9巻、秋田書店、1990年7月、巻末あとがきより
  4. ^ ViVa PRINCESS 1986年4月25日号 ビバプリンセス - 駿河屋 - 2021年11月25日閲覧
  5. ^ 青池保子『エロイカより愛をこめて35周年メモリアルブック』(2012年、秋田書店、64P)
  6. ^ ViVa PRINCESS 1990年6月25日号 ビバプリンセス - 駿河屋 - 2021年11月25日閲覧
  7. ^ 別冊プリンセス 掲載誌情報蔵書検索”. 掲載誌情報 国立国会図書館. 2021年11月30日閲覧。

外部リンク編集