メインメニューを開く

別子ダム(べっしダム)は、愛媛県新居浜市別子山一級河川吉野川水系銅山川に建設されたダム。高さ71メートルの重力式コンクリートダムで、工業用水発電を目的とする、住友共同電力多目的ダムである。

別子ダム
別子ダム
左岸所在地 愛媛県新居浜市別子山
位置
河川 吉野川水系銅山川
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 71.0 m
堤頂長 143.0 m
堤体積 102,000
流域面積 32.2 km²
湛水面積 27.0 ha
総貯水容量 5,628,000 m³
有効貯水容量 5,420,000 m³
利用目的 工業用水発電
事業主体 住友共同電力
電気事業者 住友共同電力
発電所名
(認可出力)
東平発電所 (20,000kW)
施工業者 大成建設
着手年/竣工年 1961年/1965年
出典 『ダム便覧』別子ダム [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
別子ダムの人造湖。名称は無い[1]

工業用水、発電を主な目的とし、1965年(昭和40年)に竣工。ダム事業者は、住友グループ住友共同電力。ダムに貯えた水は同社の水力発電所・東平(とうなる)発電所に送水され、最大2万キロワットの電力を発生したのち、鹿森ダムに放流される。

脚注編集

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)

関連項目編集

外部リンク編集