メインメニューを開く

別府近鉄百貨店(べっぷきんてつひゃっかてん)は、かつて大分県別府市九州旅客鉄道(JR九州)別府駅前にあった近畿日本鉄道系列の百貨店である。1994年平成6年)8月31日に閉店した。

株式会社別府近鉄百貨店[1]
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
874
大分県別府市駅前本町二丁目3[1]
代表者 代表取締役社長 徳島一郎[1]
テンプレートを表示
別府近鉄百貨店[1]
店舗概要
所在地 874
大分県別府市駅前本町二丁目3[1]
商業施設面積 6,762[1]
最寄駅 別府駅
テンプレートを表示

概要編集

1958年昭和33年)に同地で開業した地場の中村百貨店近鉄グループが買収し、1960年(昭和35年)9月に別府近鉄会館として開業。当時、近鉄グループは、鶴見岳に近鉄別府ロープウェイを開業したり、タクシー事業を展開するなど、別府での多角的な事業展開を進めていた。

開業時の店舗規模は、地上5階、地下1階、売場面積3,471m21961年(昭和36年)7月に、別府近鉄百貨店に名称変更。1968年(昭和43年)及び1974年(昭和49年)に相次いで増床を行い、別府市内唯一の百貨店としての地位を確立した。また、1991年(平成3年)3月には近鉄百貨店と合併して近鉄百貨店別府店となっている。

しかし、1988年(昭和63年)10月に、地場百貨店トキハが30,000m2級の大型店舗であるトキハ別府店を開店したことなどから業績が低迷。増床による規模拡大でトキハに対抗することも計画されたがバブル崩壊による景気の低迷もあり実現せず、1994年(平成6年)8月31日に閉店に至った。末期は地上6階地下1階の本館と別館の近鉄ファイブ・立体駐車場ビルを持ち、売場面積は14,866m2であった。

その後は、入居者もなく、本館跡地は建物ごと残された状態のままであったが、2001年(平成13年)3月に建物が解体され、2005年(平成17年)8月に地元ディベロッパーの本多産建に売却され、2011年(平成23年)3月に地上15階建てのマンションを中心とし、下層階に商業施設やレストランを備えた大規模複合施設「ロフティ別府駅前壱番館・弐番館」の起工式が行われた。しかし、経済状況の悪化等により着工できず[2]、融資を受けた金融機関への返済が遅延したため、金融機関が担保とされていた跡地の競売を申し立て、2014年(平成26年)4月16日に競売が公告された[3]

なお、別館の立体駐車場を持つ複合ビルは「つるみカーパーク」として現存しており、下層階のDCブランドショップや専門店が入居していた「近鉄ファイブ」部分は「ドラッグウエダ別府駅前店」となっていたが(後にフレッシュそのだが食品販売も開始)、倒産により2013年に閉鎖され、2014年7月に専門店街として再出発している。

沿革編集

  • 1958年(昭和33年) - 前身の中村百貨店が開業。
  • 1960年(昭和35年)5月 - 近鉄の全額出資で別府近鉄会館となる。
  • 1960年(昭和35年)9月 - 別府近鉄会館として開業。
  • 1961年(昭和36年)7月 - 別府近鉄百貨店に名称変更。
  • 1968年(昭和43年) - 増床。
  • 1974年(昭和49年) - 増床。
  • 1980年(昭和55年) - 全面改装。
  • 1987年(昭和62年)8月 - 増改築工事開始。
  • 1988年(昭和63年)10月 - トキハ別府店が開店、対抗セールを実施。
  • 1988年(昭和63年)12月 - 改装・増床。別府近鉄百貨店旧ロゴから新CI(近鉄百貨店と同一)に変更。
  • 1989年(平成元年)6月 - シンボル像を設置。
  • 1989年(平成元年)9月 - 定休日を木曜日から火曜日に変更。
  • 1991年(平成3年)3月 - 近鉄百貨店と合併し近鉄百貨店別府店となる。
  • 1992年(平成4年)11月 - 地階を中心に改装。
  • 1994年(平成6年)5月30日 - 近鉄百貨店が別府店の撤退を表明。
  • 1994年(平成6年)8月31日 - 閉店。
  • 2000年(平成12年)10月 - 建物解体に着手。
  • 2001年(平成13年)3月 - 建物解体完了、更地に。
  • 2011年(平成23年)3月26日 - 再開発ビル起工式。15階建ツインタワーを予定。
  • 2013年(平成25年)3月 - 近鉄ファイブ跡地に入居していたドラッグウエダが倒産により閉店。
  • 2014年(平成26年)4月16日 - 跡地が競売公告される。
  • 2014年(平成26年)6月 - 平面駐車場となる。

周辺の関連企業編集

  • 別府近鉄サンライズストア - 九州近鉄商事が運営するスーパーマーケット。
    • 上人店(現在はローソンプラス別府大学通り店)ほか
  • 近鉄ファイブ専門店街(スーパードラッグウエダ別府駅前店・フレッシュそのだウエダ別府駅前店→専門店街)
  • 別府近鉄食堂
    • レストラン近鉄 別府駅店(別府駅商業施設 B-passage(当時の名称は「北名店街」)内)
  • 別府近鉄タクシー(現在は第一交通産業タクシー別府営業所)
  • 大分バス − 別府ドライブインを経営。近鉄グループを離脱しドライブインも閉鎖。1990年代に運行していた高速バスエメラルド号」はドライブインに停留所があった。
  • 近鉄別府ロープウェイ(現存)

交通編集

  • JR九州「別府駅」下車、徒歩2分。
  • 亀の井バス・大分交通「近鉄前」バス停下車。
    • 現在は「駅前本町」に改称。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 日本商業年鑑 1972年版, 商業界, (1972), pp. 502 
  2. ^ 近鉄跡地 別府市が買収検討 大分合同新聞、2013年7月24日、アーカイブ版
  3. ^ 近鉄百貨店跡地 地裁が競売公告 別府市「推移見守る」 西日本新聞、2014年4月17日、アーカイブ版

外部リンク編集