メインメニューを開く

別所 重宗(べっしょ しげむね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名。名は重棟(読み同じ)とも。

 
別所重宗
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄2年(1529年
死没 天正19年6月6日1591年7月26日
別名 重棟
主君 別所就治安治長治豊臣秀吉
氏族 別所氏
父母 父:別所就治
兄弟 安治吉親(賀相)重宗淡河定範
福島正信
吉治宗治重家信範福島正之[1]、福島正宣(福島正則養子)[2]

目次

生涯編集

元亀元年(1570年)、甥(長兄・別所安治の子)の別所長治が家督を継ぐと次兄・吉親と共に、その補佐役となった。

永禄11年(1568年)、織田信長に擁されて上洛した足利義昭の下へ別所一門を率いて馳せ参じるなど、信長との協調路線を採っていた頃の別所氏では、その外交を担当していた。しかしその間、信長と羽柴秀吉を快く思っていなかった吉親とは折り合いが悪かった。そして総領の長治が信長に反逆(三木合戦)すると、これに反対して自ら浪人となった。

天正13年(1585年)、秀吉によって但馬八木城1万5千石を与えられる。その後は秀吉の家臣として九州平定小田原征伐に従軍した。のちに隠居したという。

福島正則の姉を娶り、その子・正之は正則の養嗣子(後に廃嫡)となっている。

次子・宗治(主水)は旗本として徳川氏に仕え、大坂の陣天王寺・岡山の戦いで討ち死にしている。跡を信治が継いだ。

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ 尾張群書系図部集では別所吉治の子としている。
  2. ^ 尾張群書系図部集

関連項目編集