利き手(ききて)とは、人間左右のうち、先天的に反射・動作される手のこと。日常的に使っている利き手を、実用手ともいう。

目次

概要編集

左右どちらの手が利き手なのかは、厳密に調べるために利き手テストなどの試験により判定する必要がある。地域による程度の違いはあっても、おおむね世界中で右利き人口左利きの人口に比べて多いとされる。

字を書く方の手で判断されることが最も多いが、字を書写する際の手については伝統的に教育されているため必ずしも一致しない。他にも、スポーツをする時に使う手やお箸を持つ手も利き手と判断されることが多い。利き手は先天的なものなので、利き手そのものを変更することは不可能である。ただし、ある身体操作を行う際の専門の手を片方の手にすることは訓練で可能であり、これを矯正と称している。

また、本来の利き手とは関係なく訓練によって両方の手で器用な動作のできるいわゆる両使い(両利き)の人や、字は右手、箸は左手などそれぞれの動作ごとに優先される手が異なり、左右の手を使い分ける人もいる。英語ではこれをクロスドミナンスcross-dominance)と呼ぶ。

 
事務用洋鋏。左-左手用(総左)。右-右手用

日本武士の持つ日本刀が右手向きになっているなど、右利きに合わせた道具類も多く、生来は左利きでありながら、矯正された人も多かったと考えられる。左利きは「ぎっちょ」(「左器用」の転訛。「左義長」を語源とする説もあり〈毬杖参照〉)として差別されてきた歴史的経緯がある。左利きの矯正は、日本以外の国でも見られた。その一方で、左利きであることに誇りを持つ人もおり、その場合は自ら「左利き」を名乗ることもある。一部のスポーツでは、その希少性ゆえに左利きが優位になることもある。

また、、缶切、横手(よこで)の急須などを始め、公衆電話の受話器の位置や、自動販売機硬貨の投入口、自動改札機切符投入口、果ては机(の引出しの位置)など、右利きの人が利用することを前提に作られているため、左利きには使いにくいものも多いとされることもあるが、左利き用の道具のほとんどは精密に利き手に備えた造りにはなっていないという考察も存在する。その代表的な例がコンピュータ入力機器であるキーボードで、一部に存在しているテンキーが左利き用に考案されたものなど単に右利き用を反転させた単純な造りであり、工学的な観点からする使いやすさから乖離しているという傾向も指摘でき、この問題の奥深さをうかがわせている。脳機能局在論では利き手の方向と密接に関わっているが、右利きと左利きで対称になっているわけではなく、未解明な点が多い。

利き手の発達編集

2013年の研究では、6〜14ヶ月の乳児の39%と18〜24ヶ月の幼児の97%が、使用する手の左右の好みを示した[1]。人の利き手がどのように発達するかについてはいくつかの理論がある。出生前の発生が重要かもしれない。研究者たちは子宮内の胎児を研究し、子宮内での利き手から出生後の利き手を予測できることを示した[2]

左右の脳の分業編集

利き手がどのように脳に影響を与えるかについての一般的な理論の1つは、左右の脳の分業である。話すことや手作業は精巧な運動技能を必要とするため、左右の脳で分割して処理するのではなく、片方の脳半球で処理をする方が効率的だと推測される。ほとんどの人にとって、左脳が発声を​​制御するので、右利きが支配的になる。この理論はまた、左利きの人々が脳の分業を逆転させていると予測する[3]

右利きの人の言語処理は主に左脳で行われ、視空間処理はほとんど右脳で行われる。左利きの人は、脳半球が右利きの人と同じように(左右が逆になって)構成されているか、あるいは右脳左脳の両方が言語処理に使用されているような、異質な脳組織を有する。左利きの人の平均を取ると、右利きよりも脳機能の局在が少ない[3]

遺伝的要因編集

利き手は複雑な遺伝パターンを示す。例えば、両親が2人とも左利きである場合、その子供が左利きになる確率は26%である[4]。Medlandらによる25732家族の双生児の大規模な研究(2006)によると、利き手の遺伝率はおおよそ24%である[5](注:遺伝率は"親から子に遺伝する確率"ではない)。

現在までに、利き手の遺伝のパターンを説明するために2つの理論的な単一遺伝子モデルが提案されている。1つはレスター大学のマリアン・アネットの理論[6]、2つ目はUCLのクリス・マクマナスの理論[4]である。しかし、連鎖およびゲノムワイド関連解析から増えつつある証拠は、利き手の遺伝分散が単一の遺伝子座によって説明できないことを示唆している[7][8][9][10][11][12][13][14]。これらの研究からマクマナスらは、利き手は多遺伝子性と結論し、少なくとも40の遺伝子座がこの形質の決定に寄与すると推定している[15]

Brandlerらは、左右の手の相対的な技能測定のために行ったゲノムワイド関連解析により、体の左右非対称性の決定に関与する遺伝子が、利き手を決定する上で重要な役割を果たしていることを明らかにした[16]。これらの結果は、体の左右非対称性を決定する機構が、脳の非対称性の発達に対しても役割を果たしていることを示唆している(利き手は運動機能に対する脳の非対称性を外部に反映したものである)。

エピジェネティック因子編集

双子研究は、遺伝的要因が利き手の分散の25%を説明し、残りの75%を環境要因が説明することを示す[17]。利き手のエピジェネティクスの分子的基盤はほとんど不明であるが、2017年にOcklenburgらは、CpGサイトの非対称的メチル化が、利き手に関連する遺伝子発現の非対称性にとって重要な役割を果たすことを見出した[18][19]

出生前のホルモン曝露編集

4つの研究は、ジエチルスチルベストロール(合成エストロゲン)に胎内暴露した人は、臨床対照群より左利きである可能性が高いことを示している。ジエチルスチルベストロールの動物研究は、エストロゲンが左右の優位性と性的行動を支配する部分を含む、発達中の脳に影響を及ぼすことを示唆している[20][21][22][23]

出生前の前庭の非対称性編集

Previcは、多くの研究をレビューした後、最終妊娠期の胎児の位置(胎向)とその後の出産位置が利き手に影響する可能性があるという証拠を見出した。約3分の2の胎児は背中を母体の左側に向けている。これは、未熟児に右利きの減少をもたらす理由を部分的に説明する。Previcは、出生前の非対称的な位置が、前庭系の非対称な刺激を引き起こし、利き手の発達に関与すると主張している。実際、患者の右利きを減少させることのある全ての主要な障害は、前庭異常または遅延のいずれかと関連している[24]。そして前庭皮質の非対称性は、利き手の方向と強く相関する[25]

超音波編集

超音波が胎児の脳に影響を及ぼし、母親が妊娠中に超音波を受けた子どもの左利き率が高くなるという説がある。このトピックに関する研究は、超音波スクリーニング(妊娠中の胎児と母親の健全な発達を確認するために使用される超音波検査)と左利きとの間に弱い関連性が存在する可能性があることを示唆している[26]

動物の「利き手」編集

人間以外の動物にも利き手やそれに相当する概念があり、簡易な構造の動物の例を取ると、アフリカのタンガニイカ湖にしか住まない、脳の神経細胞の個数が100万個程度である「ペリソーダスミクロレピス」という種名の魚にも利き手に相当するものがある。その魚には右に向かって口が開く個体と左に向かって口が開く個体があり、口が開く方向は遺伝によって決まるため、その「利き手」は形質である[27]

利き手と成句編集

  • 酒飲みのことを「左党」というのは大工が木材を穿つとき、右手に金づち、左手に工具の(ノミ)を持つことにかかっているとされる。左手に鑿(ノミ)→左はノミ→左が飲み[28]
  • 団扇は利き手とは反対の手で団扇を持つことを言う。利き手で扇ぐ場合に比べ、力のいらない手で扇ぐこと=余裕があることを指す。

関連項目編集

参考文献編集

  • 前原勝矢 『右利き・左利きの科学』利き手・利き足・利き眼・利き耳 講談社 1989年 ISBN 4061327828
  • デイヴィッド ウォルマン 梶山あゆみ 訳 『「左利き」は天才?』利き手をめぐる脳と進化の謎 日本経済新聞社 2006年 ISBN 4532165628
  • リー・W. ラトリッジ、リチャード ダンリー 丸橋良雄、尾島真奈美 訳 『左利きで行こう!』目からウロコの左利きツアー 北星堂書店 2002年 ISBN 459001128X

脚注編集

  1. ^ “Unimanual to bimanual: Tracking the development of handedness from 6 to 24 months”. Infant Behavior and Development 36 (2): 181–188. (2013). doi:10.1016/j.infbeh.2013.01.009. PMC 3615031. PMID 23454419. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3615031. 
  2. ^ “Prenatal thumb sucking is related to postnatal handedness”. Neuropsychologia 43: 313–315. doi:10.1016/j.neuropsychologia.2004.08.009. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0028393204002428. 
  3. ^ a b Banich, Marie (1997). Neuropsychology: The Neural Bases of Mental Function. 
  4. ^ a b McManus, Chris (2003). Right Hand, Left Hand. Phoenix Paperbacks. ISBN 0753813556. 
  5. ^ Medland, SE; Duffy, DL; Wright, MJ et al. (January 2009). “Genetic influences on handedness: Data from 25,732 Australian and Dutch twin families”. Neuropsychologia 47: 330–337. doi:10.1016/j.neuropsychologia.2008.09.005. PMC 2755095. PMID 18824185. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0028393208003722. 
  6. ^ Annett, M. (2009). “The genetic basis of lateralization”. In Sommer, Iris E. C.; Kahn, René S.. Language lateralization and psychosis. pp. 73–86. doi:10.1017/CBO9780511576744.006. ISBN 9780511576744. 
  7. ^ Francks, C; DeLisi, LE; Fisher, SE; Laval, SH; Rue, JE; Stein, JF; Monaco, AP (February 2003). “Confirmatory evidence for linkage of relative hand skill to 2p12-q11”. American Journal of Human Genetics 72 (2): 499–502. doi:10.1086/367548. PMC 379245. PMID 12596796. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=379245. 
  8. ^ “LRRTM1 on chromosome 2p12 is a maternally suppressed gene that is associated paternally with handedness and schizophrenia”. Molecular Psychiatry 12 (12): 1129–39, 1057. (December 2007). doi:10.1038/sj.mp.4002053. PMC 2990633. PMID 17667961. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2990633. 
  9. ^ Van Agtmael, T; Forrest, SM; Williamson, R (October 2002). “Parametric and non-parametric linkage analysis of several candidate regions for genes for human handedness”. European Journal of Human Genetics 10 (10): 623–30. doi:10.1038/sj.ejhg.5200851. PMID 12357333. 
  10. ^ Warren, Diane M.; Stern, Michael; Duggirala, Ravindranath; Dyer, Thomas D.; Almasy, Laura (1 November 2006). “Heritability and linkage analysis of hand, foot, and eye preference in Mexican Americans”. Laterality: Asymmetries of Body, Brain and Cognition 11 (6): 508–524. doi:10.1080/13576500600761056. 
  11. ^ “Evidence for linkage to psychosis and cerebral asymmetry (relative hand skill) on the X chromosome”. American Journal of Medical Genetics 81 (5): 420–7. (September 7, 1998). doi:10.1002/(SICI)1096-8628(19980907)81:5<420::AID-AJMG11>3.0.CO;2-E. PMID 9754628. 
  12. ^ Armour, JA; Davison, A; McManus, IC (Sep 25, 2013). “Genome-wide association study of handedness excludes simple genetic models.”. Heredity 112 (3): 221–5. doi:10.1038/hdy.2013.93. PMC 3931166. PMID 24065183. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3931166. 
  13. ^ Eriksson, N; Macpherson, JM; Tung, JY; Hon, LS; Naughton, B; Saxonov, S; Avey, L; Wojcicki, A et al. (Jun 24, 2010). “Web-based, participant-driven studies yield novel genetic associations for common traits.”. PLOS Genetics 6 (6): e1000993. doi:10.1371/journal.pgen.1000993. PMC 2891811. PMID 20585627. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2891811. 
  14. ^ Scerri, TS; Brandler, WM; Paracchini, S; Morris, AP; Ring, SM; Richardson, AJ; Talcott, JB; Stein, J et al. (Feb 1, 2011). “PCSK6 is associated with handedness in individuals with dyslexia.”. Human Molecular Genetics 20 (3): 608–14. doi:10.1093/hmg/ddq475. PMC 3016905. PMID 21051773. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3016905. 
  15. ^ McManus, IC; Davison, A; Armour, JA (June 2013). “Multilocus genetic models of handedness closely resemble single-locus models in explaining family data and are compatible with genome-wide association studies.”. Annals of the New York Academy of Sciences 1288 (1): 48–58. doi:10.1111/nyas.12102. PMC 4298034. PMID 23631511. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4298034. 
  16. ^ “Common variants in left/right asymmetry genes and pathways are associated with relative hand skill.”. PLOS Genetics 9 (9): e1003751. (September 2013). doi:10.1371/journal.pgen.1003751. PMC 3772043. PMID 24068947. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3772043. 
  17. ^ Medland SE, Duffy DL, Wright MJ, Geffen GM, Martin NG. Handedness in twins: joint analysis of data from 35 samples. Twin Res Hum Genet. 2006 Feb;9(1):46-53.
  18. ^ Sun T, Collura RV, Ruvolo M, Walsh CA. Genomic and evolutionary analyses of asymmetrically expressed genes in human fetal left and right cerebral cortex. Cereb Cortex. 2006 Jul;16 Suppl 1:i18-25.
  19. ^ Ocklenburg S, Schmitz J, Moinfar Z, Moser D, Klose R, Lor S, Kunz G, Tegenthoff M, Faustmann P, Francks C, Epplen JT, Kumsta R, Güntürkün O. Epigenetic regulation of lateralized fetal spinal gene expression underlies hemispheric asymmetries. Elife. 2017 Feb 1;6. pii: e22784. doi: 10.7554/eLife.22784
  20. ^ Titus-Ernstoff, L. (2003). “Psychosexual Characteristics of Men and Women Exposed Prenatally to Diethylstilbestrol”. CDC. http://www.cdc.gov/des/consumers/research/recent_psychosexual.html. 
  21. ^ Scheirs JG1, Vingerhoets AJ. (1995). “Handedness and other laterality indices in women prenatally exposed to DES”. J Clin Exp Neuropsychol. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8557813. 
  22. ^ Schachter SC (1994). “Handedness in women with intrauterine exposure to diethylstilbestrol”. Neuropsychologia. PMID 8084419. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8084419. 
  23. ^ Smith LL1, Hines M. (2000). “Language lateralization and handedness in women prenatally exposed to diethylstilbestrol (DES).”. Psychoneuroendocrinology 25 (5). PMID 10818283. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10818283. 
  24. ^ Nonright-handedness, central nervous system and related pathology, and its lateralization: A reformulation and synthesis.
  25. ^ Dieterich, M.; Bense, S.; Lutz, S.; Drzezga, A.; Stephan, T.; Bartenstein, P.; Brandt, T. (2003). “Dominance for vestibular cortical function in the non-dominant hemisphere”. Cerebral Cortex 13 (9): 994–1007. doi:10.1093/cercor/13.9.994. PMID 12902399. 
  26. ^ Salvesen, K. Å. (1 September 2011). “Ultrasound in pregnancy and non-right handedness: meta-analysis of randomized trials”. Ultrasound in Obstetrics & Gynecology 38 (3): 267–271. doi:10.1002/uog.9055. 
  27. ^ 講談社『もっと!科学の宝箱 もっと!人に話したくなる25の「すごい」豆知識』(TBSラジオ編、2014年)
  28. ^ プレジデント社編集『danchu』25巻3号、2015年3月、日本酒検定p.113、プレジデント社

外部リンク編集