メインメニューを開く

利光 統久(としみつ むねひさ)は、戦国時代武将

 
利光統久
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 弾正忠[1]
主君 大友氏
氏族 利光氏
父母 父:利光鑑教[1]
兄弟 統久、平助[1]

経歴・人物編集

鶴賀城利光鑑教嫡男[1]天正14年(1586年)に島津軍が豊後に侵攻した際(豊薩合戦)、父は肥前に出征中であったため、弟の平助らと共に城を守る[1]。しかし、島津の大軍を前に城を守り切るのは不可能であると判断し、人質を差し出して一時的に島津軍と講和した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 阿部猛西村圭子編『戦国人名事典』新人物往来社、p.545(1987)