メインメニューを開く
アンギラスの頭部を作る利光貞三

利光 貞三(としみつ ていぞう、1909年10月15日 - 1982年)は、東宝所属の怪獣造形家、特撮美術スタッフ、彫刻家大分県出身。

目次

概歴編集

高校卒業後、大阪の美術学校に入学。この美術学校を卒業後、東京へ移る。

1942年(昭和17年)、円谷英二の招きで東宝映画『ハワイ・マレー沖海戦』(山本嘉次郎監督)のミニチュア製作に参加。

1945年(昭和20年)、日本敗戦。戦後、川尻泰司の人形製作に参加。田中友幸や、木村武司らとともに、「大阪協同劇団」で演劇活動を行う。

1948年(昭和23年)、東宝を辞めた円谷監督が自宅内に「円谷特殊技術研究所」を設立。これに参加。

1954年(昭和29年)、『ゴジラ』製作のため、円谷監督に招かれ、東宝撮影所に入所。ゴジラの粘土原型から始め、日本初の映画怪獣ゴジラのぬいぐるみ制作を行う。以後、特撮映画怪獣専門の造形チーフを担当する。

1971年(昭和46年)、東宝特殊技術課の廃止に伴い東宝撮影所を退社、フリーとなり、以後TV作品などに参加。

人物・エピソード編集

 
ゴジラの粘土原型を作る利光貞三

1954年(昭和29年)の『ゴジラ』では、当時小田急の狛江に住んでいたが、電車の中で円谷監督に偶然会い、それから一カ月後に「すぐ来てほしい」との電報を受け、『ゴジラ』制作に参加することとなったという。円谷監督とは、戦時中の『ハワイ・マレー沖海戦』で組んだ仲だった。翌日から撮影所に缶詰めになり、「ゴジラ」の2尺粘土原型の制作を行った。この作業は秘密裏に行われ、5、6人の関係者にしか知らされなかったという。

東宝特美課ではおもに怪獣の頭部造形を担当していた。そのほとんどは、「1)細部の凹凸まで再現した細目の金網で、または2)粘土原型を石膏型で抜いたラテックスで、怪獣の頭の「芯」を作り、3)これらの「芯」にラテックスを浸み込ませた綿やウレタン片などを盛り付けていく」という、「直付け(じかづけ)」と呼ばれる手法で作られた。

また、当時アップ用で多用された、手踊り式の上半身ギニョールも、利光によって作られていた。制作に対しては非常に時間をかけ、じっくり作り込むタイプだったそうで、同僚の八木兄弟が担当する胴体部分がいつも先行していたという。直付け手法で作り込まれた怪獣の顔は、微妙な陰影を生んで非常に個性深いものとなった。

中島春雄の回想によれば、非常にシャイな性格だったという。

主なキャラクター造形編集

1954年ゴジラ

  • ゴジラ - 2体制作。
  • ゴジラの骨格

1955年ゴジラの逆襲

1955年獣人雪男

  • 雪男の親子(2体目) - 大橋史典から引き継ぎ

1956年ジャイガンティス版ゴジラ

  • 『ゴジラの逆襲』のアメリカ版『ジャイガンティス』の撮り足し用にゴジラを制作。

1956年空の大怪獣ラドン

1957年地球防衛軍

1958年大怪獣バラン

  • バラン

1959年日本誕生

1961年モスラ

1962年妖星ゴラス

1962年キングコング対ゴジラ

1963年マタンゴ

  • マタンゴ

1963年海底軍艦

1964年モスラ対ゴジラ

  • ゴジラ
  • モスラ(2代目)成虫・幼虫

1964年三大怪獣 地球最大の決戦

1965年フランケンシュタイン対地底怪獣

1965年怪獣大戦争

  • ゴジラ

1966年フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

1966年ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

1967年キングコングの逆襲

1967年怪獣島の決戦 ゴジラの息子

1968年怪獣総進撃

  • ゴジラ
  • マンダ(2代目の頭)

1969年緯度0大作戦

1969年ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

1970年ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

1971年帰ってきたウルトラマン

  • 「サータン」のデザイン[1](署名から利光のデザインとされる)

1973年行け!ゴッドマン

  • 怪獣デザイン[1]

脚注編集

  1. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、95頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9

出典・参考文献編集

  • 「ファンタスティックコレクション 特撮映像の巨星ゴジラ」(朝日ソノラマ刊)
  • 「東宝特撮映画全史」(東宝)
  • 井上英之『検証・ゴジラ誕生―昭和29年・東宝撮影所』朝日ソノラマ、1994年。ISBN 4257033940
  • 「大ゴジラ図鑑」(ホビージャパン刊)
先代:
なし
東宝特撮映画
造形チーフ
初代(1954年 - 1970年)
次代:
安丸信行1971年 - 1991年