制服の処女 (1931年の映画)

制服の処女』(せいふくのしょじょ、: Mädchen in Uniform)は、1931年に製作・公開されたドイツの映画である。

制服の処女
Mädchen in Uniform
監督 レオンティーネ・ザーガン
カール・フレーリッヒ(監修)
脚本 フリードリヒ・ダンマン
原作 クリスタ・ヴィンスローエ
製作 カール・フレーリッヒ
フリードリヒ・プフルークハウプト
出演者 ヘルタ・ティーレ
ドロテア・ヴィーク
音楽 ハンソム・ミルデ=マイスナー
撮影 ライマー・クンツェ(クレジットなし)
フランツ・ヴァイマイル(クレジットなし)
編集 オズヴァルト・ハーフェンリヒター(クレジットなし)
配給 日本の旗 東和商事
公開 ドイツ国の旗 1931年11月27日
日本の旗 1933年2月
上映時間 88分
製作国 ドイツの旗 ドイツ国
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

概要編集

クリスタ・ヴィンスローエドイツ語版の戯曲『昨日と今日』を原作とし、カール・フレーリッヒの総指揮のもと、女性の舞台監督であったレオンティーネ・ザガンの初の映画監督作品として制作された。主演のヘルタ・ティーレドイツ語版ドロテア・ヴィークドイツ語版をはじめ、主要なキャストはほとんど女優によって占められている[1]

日本では東和商事川喜多かしこが新婚旅行中のドイツで観劇して気に入り買い付けすることになり、1933年(昭和8年)に『制服の処女』の題名で公開され大ヒットとなり、その年のキネマ旬報ベストテンの第1位となった[2][3]

1951年にメキシコで、1958年には当時の西ドイツとフランスの合作により再映画化されている。

ストーリー編集

キャスト編集

  • マヌエラ・フォン・マインハルディス:ヘルタ・ティーレ
  • ベルンブルク先生:ドロテア・ヴィーク

スタッフ編集

  • 監督:レオンティーネ・ザーガン
  • 監修:カール・フレーリッヒ
  • 製作:カール・フレーリッヒ、フリードリヒ・プフルークハウプト
  • 脚本:クリスタ・ヴィンスローエ、フリードリヒ・ダンマン
  • 音楽:ハンソム・ミルデ=マイスナー
  • 撮影:ライマー・クンツェ、フランツ・ヴァイマイル
  • 編集:オズヴァルト・ハーフェンリヒター
  • 美術:フリッツ・モーリシャット、フリードリヒ・ヴィンクラー=タンネンベルク

映画賞受賞編集

脚注編集

  1. ^ 制服の処女(1931)|MOVIE WALKER PRESS(2021年3月16日閲覧)
  2. ^ 制服の処女 | IVC(2021年3月16日閲覧)
  3. ^ 猪俣勝人『世界映画名作全史 戦前編』(教養文庫、1974年、pp.312-313)

関連項目編集

外部リンク編集