刺繡(ししゅう、: Embroidery)とは、布や革の上に刺繡糸と刺繡針を使用して装飾を施す技術。「刺繡する」というように装飾する作業や完成した模様・文字を指すこともある[1]。プリントなどに比べて立体感がある分、製造に手間がかかるため、完成品は高価になる。

カザフスタンの民族刺繡に見られるチェーン・ステッチを施したラグ。現代のもの。

概要編集

刺繡とは、布地あるいはその他の素材により糸で装飾を施す技術のこと。擦れに強い性質があり、軍隊のワッペン等に利用されている。

特徴は、チェーン・ステッチen)、ボタンホール・ステッチen)、ランニング・ステッチen)、サテン・ステッチen)、クロス・ステッチen)など、ステッチen)の最古の技法に基づいていることで、それらは現代の刺繡の基本的な技術として残っている。

機械刺繡en)は産業革命の初期に登場し、手刺繡、とりわけチェーン・ステッチを模倣するために使われた。しかし機械によるサテン・ステッチやヘム・ステッチは、複数の糸によって施されるため、見た目は手刺繡と似ているが構造は異なる。

刺繡には、さまざまな色に染められた六本取りロウ引きなしの専用の糸(刺繡糸)と、針穴を大きく取った専用の針(刺繡針)が使われる。材料が糸であるという性質上、使っている糸の色や材質を刺繡の最中に変更したり出来ないので、使用する色や材質の数だけ糸を用意する必要がある。そのため、文化刺繡など数十色の色を使用する刺繡を行う場合は、専用の針山が使われる。刺繡糸の代わりに多彩な色のビーズを縫い付ける手法もある[2]

歴史編集

 
祭礼山車の幕に施された刺繡

中国の刺繡は3000年近い歴史を持つと見られ、の『礼記』に養蚕や刺繡に関する記載があり、毛織物に簡単な刺繡を施したものも出土している。湖北省からは戦国時代中期の、湖南省からは前漢の細かな刺繡を施した布の実物が多数出土しており、現在の湘繡のルーツと見られる。の都であった汴州(べんしゅう)では刺繡が盛んに行われるようになり、現在まで1700年の歴史がある。

日本では、縫い目に呪力が宿るとされていた。そのため、大人の着物に比べ、縫い目の少ない子供の着物には悪いモノが寄り付きやすいと考えられ、子供を守るために着物の背中に「背守り」と呼ばれる刺繡を施す風習があった。また現在の北海道などに住むアイヌにも、「ルウンペ」「チヂリ」といった刺繡衣装がある。

中世ヨーロッパでは刺繡は上流階級の女性の教養として広まった。

種類編集

大まかにわけて、人の手で行う手刺繡(てししゅう)と、機械を使用する機械刺繡剣山状のを使って布にを埋め込むパンチニードルとがある。

一覧編集

  • フランス刺繡 - フランス刺繡独特の技巧をこらしたステッチが多種ある。一般的な「刺繡」。
  • リュネヴィル刺繡 - クロシェという特殊なかぎ針を使って、たくさんのビーズやスパンコールを生地の裏側から刺繡する独特の手法。1800年代のフランス、リュネヴィルという街で発祥した。それ以来、通常の針を使ってビーズなどを刺繡するよりも速く・正確に刺すことが可能になり、素晴らしい刺繡が施されたドレスがたくさん生み出されている。
  • リボン刺繡 - リボン状のヤーン(糸)を刺す。刺繡糸よりも立体感をだす事ができる。

その他編集

  • 「刺繡糸」は「ししゅういと」と読む[4]。「ししゅうし」と読むのは誤りである。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 刺繡工房MUJI無印良品(2018年1月25日閲覧)
  2. ^ 仙田秀一「ビーズ刺繡 驕らぬ一針◇父から学んだ手縫いの技 こつこつと伝統工芸の域に◇」『日本経済新聞』朝刊2018年1月19日(文化面)
  3. ^ チャルカ『ハンガリーのかわいい刺しゅう』産業編集センター、2011年、19頁。
  4. ^ goo国語辞書「刺繡糸」

関連項目編集