メインメニューを開く

前ノ山 政三(まえのやま まさぞう、1931年7月2日-1973年4月8日)は、愛媛県八幡浜市堀川町出身で、1950年代に活躍した大相撲力士。本名は菊池 秀介(きくち ひですけ)。高砂部屋に所属していた。最高位は東前頭14枚目(1958年5月場所)。現役時代の体格は176cm、102kg。得意手は右四つ、上手投げ、寄り[1]

目次

来歴・人物編集

1931年、中国北東部の奉天市(現在の中華人民共和国遼寧省瀋陽市、当時は満洲国の統治下にあった)附近で生まれ、第二次世界大戦の終結とともに愛媛県八幡浜市に引き揚げて来た。

15歳の時に高砂部屋へ入門し、1947年6月場所で初土俵[1]。翌11月場所、「前ノ川」の四股名序ノ口に付いた。

その後、1951年5月場所より故郷・愛媛の名所に因んだ「佐田岬」へ改名(師匠も現役時代、〈前田山〉を名乗る前は〈佐田岬〉を名乗っていた)。更に、1953年3月場所で新十両に昇進した際、同郷の大先輩であり師匠でもある高砂親方(元横綱・前田山)の現役名から2字取った「前ノ山」に四股名を改めた。

なお「前ノ山」の四股名は彼が2代目で、初代も同じ「前ノ山政三」を名乗った。こちらの方は名前の読みが「せいぞう」、秋田県出身で2代目と同じく高砂部屋に所属し、1946年から数年間幕内を務めた。

1955年9月場所で新入幕を果たし、以後は強い腕力を利しての右四つからの寄りや上手投げを武器に、主に幕内下位から十両で活躍した。相手と正対せず、斜めを向く変則仕切り(斜め仕切り)で人気があった[1]。4度目の入幕場所に於いて、自身初となる幕内での勝ち越しを決めた[1]

現役晩年は幕下4枚目まで陥落し、1960年1月場所を最後に28歳で廃業[1]

廃業後は帰郷し、松山市で相撲料理店を営んだ。

1973年4月8日、逝去。享年41。

エピソード編集

  • 先述した“斜め仕切り”で、顔は相手ではなく行司の方を向くため、観客に「前ノ山、行司と相撲を取る気か!」と言われた事がある。また、ある場所で星甲と対戦した時、星甲も前ノ山と同じ“斜め仕切り”を行った。それにより、両者行司の方を向く仕切りとなり、観客らを爆笑させた事もあった。
  • 暢気な性格で、いつもニコニコ笑っていたため、部屋の先輩・大田山に「にいや」という仇名を付けられた。
  • 同じ八幡浜市出身で高砂部屋の後輩でもある、5歳年下の愛宕山(最高位・前頭3枚目)が角界入りする切っ掛けを作ったのは、前ノ山の父親である。

主な戦績編集

  • 通算成績:337勝339敗15休(49場所) 勝率.499
  • 幕内成績:54勝81敗(9場所) 勝率.400

改名歴編集

  • 前ノ川(まえのかわ、1947年11月場所-1951年1月場所)
  • 佐田岬(さだみさき、1951年5月場所-1953年1月場所)
  • 前ノ山(まえのやま、1953年3月場所-1960年1月場所)

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p22