メインメニューを開く

前島 秀行(まえじま ひでゆき、1941年6月27日 - 2000年2月10日)は、日本政治家。元衆議院議員(4期)。社会民主党国会対策委員長などを務めた。

前島 秀行
まえじま ひでゆき
生年月日 1941年6月27日
出生地 日本の旗 静岡県富士宮市
没年月日 (2000-02-10) 2000年2月10日(58歳没)
死没地 日本の旗 東京都新宿区
出身校 早稲田大学政治経済学部
前職 日本社会党書記局員
所属政党 (日本社会党→)
社会民主党

選挙区 (旧静岡2区→)
比例東海ブロック(静岡5区)
当選回数 4回
在任期間 1986年7月6日 - 2000年2月10日
テンプレートを表示

経歴編集

1941年富士宮市に生まれる。静岡県立富士高等学校早稲田大学政治経済学部を卒業し、日本社会党書記局に就職。

その後、党総務部長などを務め、1986年勝間田清一の後継として衆議院選挙に立候補し初当選。以後4期連続当選。副書記長などを歴任。社民党への改組後も党に残り、党総務部長に就任。1998年には国会対策委員長に就任する。

2000年2月3日、国会開会中に体調を崩し、10日に急死。同年3月7日、同じ静岡県選出で親交の深かった自由民主党柳沢伯夫衆議院本会議で追悼演説を行った[1]

脚注編集