前川佐美雄賞(まえかわさみおしょう)は、短歌総合誌『短歌往来』を発行するながらみ書房が主催する短詩型文学賞2003年前川佐美雄の生誕100周年に合わせて創設された。前年1年間に刊行された短歌関連の書籍の中から、最もスリリングで優れた歌集・歌書に主として授与される。ただしユニークと思われる短歌関係の辞典、雑誌の特集・企画なども対象となることがあり、短歌全般の広い範囲をカバーしているのが特徴。無差別級の短歌賞を標榜している。中堅以上の歌人による歌集を対象としたながらみ現代短歌賞がその前身。

選考委員は、創設から第20回(2022年)まで佐佐木幸綱三枝昂之佐々木幹郎俵万智加藤治郎の5名が務めてきた。第21回(2023年)は、いずれも新任の井坂洋子(詩人)・島田修三本田一弘松村由利子の4名を委員に迎えて選考が行われた。

受賞者には賞状と賞金50万円(2013年度)が授与される。通例では毎年『短歌往来』6月号誌上にてながらみ書房出版賞と同時発表される。

受賞作一覧 編集

外部リンク 編集