メインメニューを開く

前川 芳男(まえかわ よしお 1941年11月20日 - )は元プロ野球審判員。2010年まで審判部特命顧問。

来歴・人物編集

横浜市立桜丘高等学校から専修大学興亜電工横浜ナショナルサービスを経て1967年パシフィック・リーグ審判部入局。後に審判部副部長となった五十嵐洋一1998年退職)とは同期生である。

審判員袖番号は251977年初採用から。ただし、審判員指導員に転じた1998年以降は空き番。当時パ・リーグでは審判は指導員に転じると袖番号を返上するという暗黙のルールがあったため)。1995年審判部長就任。1998年4月7日で現役と同時に部長職も退き指導員に転任したが、2005年1月1日付で指導員兼任として部長再就任。引退後に部長として復帰したのは異例である。

2006年からは指導員を返上し、審判部長としての業務に専念した。2010年セ・パ審判部の統合により、部長職を返上し特命顧問に就任。同年特命顧問を退職。

1997年までの成績は、通算2987試合出場、オールスター出場6回(1974年、1975年、1978年、1983年、1986年、1991年。内、1978年第3戦、1986年第1戦で球審)、日本シリーズ出場16回(1978年1988年1990年1992年1994年1995年。このうち、1979年は江夏の21球で有名となって試合として後年にも語り継がれている第7戦[1]、1981年と1983年、1985年に第1戦、1982年と1992年に第4戦、1984年と1986年に第6戦、1994年に第2戦、1995年に第3戦でそれぞれ球審)である。

近年はプロ野球マスターズリーグで活躍している。

前川とマスク編集

  • 前川がインサイドプロテクターに変更したのは1986年から。変更してしばらくは昔ながらのバーマスクで球審をしていたが、マスクも途中からフレームマスクに変更。前川愛用のフレームマスク上部にはビニールテープが巻かれてある。本人曰く「日よけと雨よけ、ナイター設備の光でボールが見え難くなるのを防ぐ為に巻いてある。」との事である。

脚注編集

関連項目編集