前川 貞次郎(まえかわ ていじろう、1911年6月28日 - 2004年3月9日)は、日本歴史学者西洋史)。京都大学名誉教授

前川 貞次郎
人物情報
生誕 (1911-06-28) 1911年6月28日
日本の旗 日本京都府京都市
死没 2004年3月9日(2004-03-09)(92歳)
学問
研究分野 西洋史
研究機関 京都大学
テンプレートを表示

経歴編集

京都市出身、1935年京都帝国大学文学部史学科卒業、1949年京都大学人文科学研究所助教授、52年文学部西洋史学科助教授、1957年教授、1975年定年退官、名誉教授、甲南大学教授、帝塚山大学教授。

フランス革命を中心にフランスの近代史を研究した。

著書編集

  • フランス史学 弘文堂 1942
  • 京大西洋史 第5巻 絶対主義の時代 創元社 1950
  • フランス革命史研究 史学史的考察 創文社 1956
  • あたらしい世界史 数研出版 1962
  • 絶対王政の時代 講談社現代新書 1973
  • ヨーロッパ史序説 ミネルヴァ書房 1978.9
  • 歴史を考える ミネルヴァ書房 1988.5

共編著編集

翻訳編集

  • 人間精神進歩の歴史 コンドルセ 創元社 1949(史学叢書)。のち角川文庫
  • 近代のジレンマ クリストファー・ドーソン 創文社 1953(フォルミカ選書)
  • ルイ十四世 ユベール・メチヴィエ 白水社 1955(文庫クセジュ)
  • フランス革命と群衆 リューデ 野口名隆・服部春彦共訳 ミネルヴァ書房 1963
  • 転換期の歴史 G.バラクラフ 兼岩正夫共訳 社会思想社 1964
  • 学問芸術論 ルソー 岩波文庫 1968
  • フランス文化史 全3巻 ジョルジュ・デュビィ/ロベール・マンドルー 鳴岩宗三・島田尚一共訳 人文書院 1969-70

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集