メインメニューを開く

前田 利武(まえだ としたけ、元治元年12月11日1865年1月8日) - 1890年明治23年)4月23日)は、前田侯爵家の分家の男爵金沢藩前田斉泰の十二男。

1881年(明治14年)3月に分家し、特旨によって華族に列せられる[1]。明治16年(1883年)1月にイギリス、ケンブリッジキングス・カレッジに留学する。明治17年(1884年)7月、華族令が公布されると男爵に叙爵され、同年暮にカレッジを卒業した。1890年(明治23年)に死去した。

家族・親族編集

平成新修旧華族家系大成』に夫人の記載はない[1]。養子として元富山藩主前田利聲の三男の芳明が迎えられ、利功(としこと、1888年 - 1962年)と名乗った[1]

利功は、利武の死に伴い1890年(明治23年)5月22日に家督を継いだ[1]。『平成新修旧華族家系大成』によれば利功には5人の男子があった[1]。利功の嫡男利貴は、第二次世界大戦に出征するが、戦後にインドネシアで戦犯として処刑されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 平成新修旧華族家系大成』下、p.532

参考文献編集

日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
加賀前田家(分家)初代
1884年 - 1890年
次代:
前田利功