メインメニューを開く

前田 利治(まえだ としはる)は、江戸時代前期の大名加賀国大聖寺藩の初代藩主。小堀政一(遠州)から手ほどきを受けた茶人であった。

 
前田 利治
時代 江戸時代前期
生誕 元和4年(1618年
死没 万治3年4月21日1660年5月29日
改名 宮松丸(幼名)→利治
官位 正四位下飛騨守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
加賀大聖寺藩
氏族 前田氏
父母 父:前田利常、母:徳川秀忠娘・珠姫
兄弟 亀鶴姫森忠広正室)、光高、小媛、利次利治満姫浅野光晟正室)、富姫(昌子、八条宮智忠親王妃)、夏姫、春姫(本多政長正室)、利明、松姫(松平定重正室)、龍姫、鶴丸、久万
正室:上杉定勝の娘・長松院
養子:利明(実弟)

生涯編集

元和4年(1618年)、加賀藩2代藩主・前田利常の三男として誕生する。

寛永16年(1639年)、父・利常が隠居するにあたり、江沼郡を中心に7万石を分封される。当初、鉱山の開発に力を注ぎ、領内に金山銀山を発見した。この鉱山開発の途上で見つかった良質の陶土と、利治が茶人であったことが、後の九谷焼の生産に結びついた。

万治3年(1660年)に死去。享年43。跡を弟で養子・利明が継いだ。