メインメニューを開く

前田 嘉明(まえだ よしあき、1916年11月13日 - 2000年7月12日[1][2])は、日本心理学者1962年「記憶抑制の研究-力学的痕跡理論を中心に-」で大阪大学文学博士[1]鳴門教育大学名誉教授。1981年から1988年まで鳴門教育大学大学学長を務めた。

目次

人物編集

政治家立憲政友会所属の元衆議院議員前田米蔵の次男[3][4]。娘婿は政治家で自由民主党所属の元衆議院議員・谷川和穂森山欽司千代田区立麹町小学校東京帝国大学法学部で学友だった[4]

著書編集

単著編集

  • 『人間を問う』(2002年7月、大阪大学比較行動学研究会)
  • 『アムウエイの心理学』(1994年12月、ソフィア)
  • 『心理学と人間理解』(1988年9月、ブレーン出版)

共著編集

論文編集

記憶関係編集

比較行動学関係編集

  • 「転移行動の考察-比較行動学の立場から」『大阪大学文学部創立十周年記念論文集』1959
  • 「動物社会と Ritualisation 」 今西錦司編 『動物の社会と個体』 岩波書店 1959
  • 「衝動論序説-比較行動学よりの接近」 『海星女子短期大学紀要』 第2号 1962
  • 「転移行動の諸問題-ハリヨ及びその他の動物の資料を中心に」 『動物心理学年報』 第13巻 2輯 1963
  • 「行動発達の様式-初源行動の発生学的知見とその批判」 『心理学評論』 第13巻 1号 1970
  • 「攻撃性の問題性-Lorenz の (いわゆる邪悪なるもの) を中心に」 『大阪大学人間科学部紀要』 第1号 1975
  • 「転移行動論-比較行動学の立場から」 『大阪大学人間科学部紀要』 第6号 1979
  • 「ローレンツ」 『教育心理』 第30巻 4号 1982

発達加速現象関係編集

  • 沢田昭と共著 「発達加速現象の研究 I. 日本の年間加速現象について」 『心理学評論』 第1巻 2号 1957
  • 沢田昭ほかと共著 「発達加速現象の研究 III. 発達勾配現象について」 『心理学評論』 第3巻 1号 1959
  • 「発達の加速現象」 『児童心理学ハンドブック』 金子書房 1959

性科学関係編集

  • 「性」 『現代教育学 16. 青年の問題』 岩波書店 1961
  • 「性の諸問題-現代の視点から」 『青少年問題研究』 第9巻 1966
  • 「性の人間学的考察」 津留宏編 『性差心理学』 朝倉書店 1970
  • 「性の異常性-人間学的倒錯理論を中心に」 『青少年問題研究』 第16巻 1970

行動一般編集

参考文献編集

  • 『人事興信録 第14版 下』 人事興信所、1943年10月1日
  • 「教育心理学関係図書目録」 『教育心理学事典』 金子書房 1956
  • 『日本心理学者事典』 大泉溥 編、クレス出版、2003年、976頁。ISBN 4-87733-171-9

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本心理学者事典』 大泉溥 編、クレス出版、2003年、976頁。ISBN 4-87733-171-9
  2. ^ 中島 巖先生に心からの感謝を込めて (PDF)”. 2015年12月20日閲覧。
  3. ^ 『人事興信録 第14版 下』、マ23頁。
  4. ^ a b 森山欽司 - 反骨のヒューマニスト - 第二章 (PDF)”. 2007年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月20日閲覧。

関連項目編集