メインメニューを開く

前田 恵一(まえだ けいいち、1950年10月30日 - )は、日本の理論物理学者宇宙物理学者。早稲田大学理工学部教授。専攻は一般相対性理論宇宙論理学博士

目次

人物編集

大阪府大阪市出身。林忠四郎の弟子の一人で、重力に深い関心を持っている。京都大学で学位を取得後、中村卓史佐々木節観山正見と数値相対論の数値計算に取り組んだ。1988年に高次元理論の効果を取り入れたブラックホール解、Gibbons-前田解を導出した。近年はブレーンワールドの研究を積極的に行っている。

趣味は推理小説上方落語、日没の写真を撮ること、ごろんとすること。阪神タイガースのファンとしても有名だが、後述のように1985年の阪神タイガース日本一の時に日本に居なかった。

前田研究室の出身者には、真貝寿明坂井伸之鳥居隆辻川信二らがいる。

略歴編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『The Scalar-Tensor Theory of Gravitation』(Cambridge University Press 2003年
  • 『複雑系叢書5 複雑さと法則』(共立出版 2006年

共訳編集

外部リンク編集