前田 憲男(まえだ のりお、1934年12月6日 - )は、日本のジャズピアニスト作曲家編曲家指揮者。本名は前田 暢人(のぶひと)、ニックネームは「のぶちん」。

前田 憲男
出生名 前田 暢人
生誕 (1934-12-06) 1934年12月6日(82歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル ジャズ
職業 作曲家編曲家
担当楽器 ピアノビブラフォンオルガン
公式サイト NORIO MAEDA

芸術祭奨励賞、南里文雄賞東京音楽祭編曲賞受賞、第20回日本レコード大賞編曲賞受賞

目次

略歴編集

大阪府出身[1]。小学校教師であった父より、幼少より読譜を学ぶ。大阪府立桜塚高等学校卒業と同時に、プロのジャズピアニストとして活動を開始。ピアノ・指揮法とも独学で習得する。1955年に上京、以後、様々なバンドに参加する一方、数多くのテレビ番組のテーマ音楽を手がける。特に、テレビ番組で共演し、共に昭和9年生まれの芸能人の会「昭和九年会」のメンバーでもある大橋巨泉とは親交も深く、大橋の出演する番組のテーマ音楽の大半を手がけている。またビッグバンド向けのアレンジも数多く手がける他、東京フィルハーモニー交響楽団のポップス部門音楽監督として、編曲・指揮を担当している。

昨今は荒川康男(B)・猪俣猛(Drs) とのピアノトリオ「WE3」の他、ビッグコンボ「前田憲男とウインド・ブレーカーズ」を中心に活動している。以前はこれに加えて佐藤允彦羽田健太郎とのユニット「トリプルピアノ」でも活動していたが、メンバーの1人である羽田の死去により、2008年4月4日のサントリーホールでの公演を最後に活動を終了している。また、独学で取得した独自の音楽理論を持つ事で知られており、2003年からは大阪芸術大学音楽学科教授を務めていた。

「題名のない音楽会」「ミュージックフェア」で現在も活躍中。

1981年に東京音楽祭「最優秀編曲賞」、1983年にレコード大賞「最優秀編曲賞」・ジャズ界の最高位に価する「南里文雄賞」、2008年にレコード大賞「功労賞」を受賞している。

2015年、第6回岩谷時子賞・特別賞を受賞[2]

エピソード編集

  • 漫画やアニメを愛好しており、学生時代は漫画家を目指していたこともある[1]
  • 同姓同名の写真家がいるが、別人である(お互いに親交があるらしい)[3]
  • 大橋巨泉とは、巨泉が司会をしていたライブ会場に前田のバンドも出演しており、テレビで共演する前から顔見知りであった[1]

前田が手がけた作品など編集

元々ビッグバンドに所属するなどの活動をしてきたこともあり、ポップスオーケストラによる華やかさを強調したアレンジの曲が多い。金管楽器を強調している点や、要所にストリングスを絡ませるなど、異なる番組でも似た雰囲気を持つアレンジが多いとも言われることがある(「クイズ面白ゼミナール」「世界まるごとHOWマッチ」「ザ・テレビ演芸」「ギミア・ぶれいく」など)。

テレビ番組編集

アニメ編集

歌謡曲編集

その他編集

  • NETマーチ(1974年、作曲)[5]
  • Gradius in Classic I(1993年: ACT I編曲)

著書編集

  • 『作曲入門 だれにもできる前田式テクニック』1972 サンポウブックス
  • 『前田憲男の作曲術入門』ドレミ楽譜出版社 1983 ドレミ・ブックス

脚注編集

  1. ^ a b c 「Pickup Interview 前田憲男」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、149頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  2. ^ 『第6回岩谷時子賞』に竹内まりや、城田優ら”. ORICON (2015年5月27日). 2015年5月27日閲覧。
  3. ^ 題名のないお話”. 2014年1月10日閲覧。
  4. ^ 笑ゥせぇるすまんNEW」エンディングテーマ。作詞はマイクスギヤマ
  5. ^ NETテレビ(日本教育テレビ、現:テレビ朝日)開局15周年を記念して製作されたイメージ音楽

関連項目編集

外部リンク編集