メインメニューを開く

前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント戦

前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント戦(まえだあきら たい アンドレザジャイアントせん)は、1986年4月29日に三重県津市体育館で行われたプロレスの試合である[1]アンドレ・ザ・ジャイアント前田日明UWF)にセメントを仕掛け、応戦した前田が蹴りで戦意喪失させて無効試合となった。

前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント
開催日 1986年4月29日
認定王座
開催地 三重県
会場 津市体育館
観衆 4780人
リングアナ 田中秀和
放送局 未放送
実況・解説 古舘伊知郎
山本小鉄

前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント
大巨人
比較データ
27 年齢 39
日本の旗大阪府大阪市 出身地 フランスの旗イゼール県グルノーブル
戦績
評価

結果 26分35秒 無効試合
主審 フレンチ・バーナード
副審 ミスター高橋

ワールドプロレスリング」の録画中継として古舘伊知郎の実況で収録されたが、放送は中止になり、長らくファンの間で伝説の不穏試合として語り継がれていた[2]。映像は動画投稿サイトができる以前は、一部のプロレスマニアの間で裏ビデオとして流通していた[2]

解説編集

黒幕編集

アントニオ猪木説や坂口征二説、アンドレ単独説などがある[2]

エピソード編集

津市出身の金村キンタローは、高校生時代に会場で生観戦している[2]

脚注編集

関連項目編集